現在地
楽天リサーチ トップ > 分析手法

リサーチ分析手法

楽天リサーチではお客様の調査ニーズに合わせた様々な分析の対応が可能です。調査結果データの納品だけでなく、課題解決のために最適な分析手法をご提案させていただきます。

  因子分析 クラスター分析 コレスポンデンス分析 PSM分析 重回帰分析 相関分析
自社・競合のイメージを把握        
ターゲットの把握
(ターゲットセグメント)
         
自社・競合の
ポジショニングを把握
         
最適価格の把握          
売上予測・顧客満足度に
影響を与える要因の把握
         
2つ以上の変数間の関連性
(相関関係)を把握
         

因子分析

因子分析とは、いくつかの変量間に潜む共通因子を探り出す解析手法で、「原因を探り理解する為の解析」とも言われています。

クラスター分析

クラスター分析とは、異なる特性を持つ生活者(調査対象者)を、互いに似たものを集めてグルーピングする手法です。

コレスポンデンス分析

コレスポンデンス分析とは、自社や競合ブランドのブランドイメージなどの評価データ(クロス集計表のデータ)をもとに、変数間の関係を1つの座標上にマッピングして表現する手法です。

PSM分析

PSM分析(Price Sensitivity Measurement)とは、ある商品やサービスについて、「上限価格」「妥協価格」「理想価格」「下限価格」を導き出し、価格設定時における最適価格(生活者に受け入れられる価格)を把握するのに役立つ手法です。

重回帰分析

重回帰分析とは、定量的データを用い、変量間の関係を原因と結果の関連式で表し、複数の説明変数から1つの目的変数を推定する手法で、何かを予測したり、関連性を説明する際に有効です。

相関分析

相関分析とは、2つの変数間の関連性(相関の強さ)を相関係数によって表す手法です。

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート