川嶋航太(MRC)

Interview No.1

「クライアントの期待には100%以上で応える」
というスタンスで仕事をしています。

Q1 今のお仕事の内容を教えてください。

入社4ヵ月後、MVP獲得!
相手の立場に立った行動を心掛けました。

週に1~2日程度はお客様のところに直接営業にいくこともありますし、早く出社できるときはカフェテリアで朝食を摂り、メールチェックから一日の業務に入ります。日中は、例えば見積りの作成、調査票の入稿、プロジェクト運用の社内調整など、クライアントの依頼に応じて臨機応変に行なっています。ミーティングも適宜あり、担当しているクライアントやプロジェクトに関して、リーダーやマネージャーなど周囲を巻き込んで仕事を進めています。クライアントへのご案内に際して表に立つのは自分だったとしても、裏ではチームメンバーやアシスタントの方に支えられていますし、システムや技術的な部分は、開発担当のチームに意見を聞くなど部署の垣根を越えた関わりも少なくないため、社内一丸となって仕事ができていることを実感しています。

クライアントは、主に外資系調査会社やシンクタンク、コンサルティングファームを担当しています。クライアントごとにご依頼の背景や楽天リサーチに求めているサービス内容などが大きく異なるので、ひとつひとつの状況をしっかり考えた上で相手の立場に立った行動を心掛けています。ご担当者様によっては自分より年上の方や業界歴が長い方も多くいらっしゃいますが、楽天リサーチのMRCとして期待にしっかりと応えられるようにということを常に意識しています。扱っている調査内容は、自動車・食品・化粧品・医療など多岐に渡るので、自分自身も日々勉強になります。調査会社様を担当させていただいているので、営業としてその先にもお客様がいらっしゃるということまで考え、提案ができるよう配慮しています。

入社して4ヵ月後、ある担当企業が昨年度の売上げを大幅に超えることができMVPを獲得することが出来ました。大規模な調査で実施難易度が高いプロジェクトでしたが、社内の連携や価格調整によってクライアントの期待に応えることができ、年間数千万円ほどの大型案件を発注いただけた結果だと思います。

営業として、目標数字が厳しいことも時折ありますが、そんな時も自分ができることを最大限行い、その結果クライアントから感謝された時、とてもやりがいを感じます。プロジェクト終了後、「今回の件スケジュールが厳しかったけれど納期に間に合わせてくれてありがとう」などとお褒めの言葉をいただけた時、やりがいと自信につながりとても嬉しいです。

川嶋航太(MRC)
Q2 入社前までのキャリアと、なぜ楽天リサーチに転職をしたのかを教えてください。

BtoBの営業で自分の幅を広げていきたいというビジョンが芽生え、
転職を決意しました。

前職は英会話学校でBtoCの個人営業をしていて、体験レッスンに来られた方へ入会のご案内や現在通っている方へ上達のサポートをすることが主な仕事でした。もともと大学時代の専攻が英語だったため英語に携わる仕事がしたいと思ったのと、接客業のアルバイトなどを通じて人と関われる仕事がしたいと思い、新卒で入社し約3年半勤めました。しかし、もう少し大きな規模で自分の力を伸ばしていきたい、BtoBの営業で自分の幅を広げていきたいというビジョンが芽生え転職を決意し、以前から興味のあったマーケティングにも携われるという視点から、楽天リサーチに入社をしました。

前職の3年半では、相手の立場に立ってものごとを考えて行動するというスタンスを学ぶことができ、その姿勢は現在の楽天リサーチでも生かせていると感じます。BtoCの営業で培った対応力や丁寧さは、商材や場面が変わったBtoBの営業現場でも大いに活用でき、自分の強みとして生かせていると感じています。

楽天リサーチに入って、複数の仕事を同時に進行するスキルが大きく身に付いたと感じています。それぞれの業務にかかる時間やその期日を把握し、逆算していつまでに何をしなければいけないのか、ということを常に頭の中で考えながら行動するようにしています。

また社内・社外問わず、より一層相手の状況を踏まえてコミュニケーションを取れるようになったと実感しています。様々な人との関わりの中で日々多くのことを学べる環境が整っていると思いますので、今後もさらに成長していきたいです。

川嶋航太(MRC)
Q3 入社する前とのギャップを教えてください。

自分の色を出しやすく、現場からも提案や発信ができる環境があります。

いい意味でのギャップですが、自由度が高いと思います。「営業だから」とか「新人だから」という枠にとらわれず、結果を出したらきちんと評価もしてくれます。前職でも無形商材を扱っていたのである程度フレキシブルに提案はできましたが、会社としてできること、サービスとして出来ることには限界がありました。楽天リサーチは、BtoBとしてクライアントの求めていることが既存の商品のラインナップにない場合は、今ある商品やサービスを変えることもできたり、更には必要に応じて新たに作り出すこともできたりと、自由度はかなり高いと感じています。自分の色を出しやすい分難しい部分もあるかもしれませんが、クライアントの期待値に応えるのであれば、今あるものだけでは不十分なことも少なくありません。楽天リサーチではそれがトップダウンで決定されて降りてくるのではなく、現場からも提案や発信ができる環境があると感じています。

入社に際しては説明会や面接の段階でいろいろな人に会いましたが、最初から「人がいい」という印象でしたので、入社後に「人」でのギャップはありませんでした。新人研修などのサポートも手厚く、親身になって話を聞いてくれ風通しの良さを実感しています。若い世代でもリーダーやマネージャーに就いているメンバーもいるので、日々刺激を受けながら頑張っています。社内研修や勉強会など充実しているので、向上心がある人にとっては成長できる環境は充分にあると思います。

Q4 将来はどういう仕事をしていきたいですか?

事業全体の動きなどより大きなビジネスに携わっていけるよう、
日々精進します。

「クライアントの期待には100%以上で応える」というスタンスで仕事をしているので、「川嶋さん、いつまでにこれをやって欲しい」と言われたらもちろんそれに応えるのが合格点だったとしても、それにプラスアルファ、自分がどんな付加価値を与えることができるのかということを常に考え、クライアントの本当のニーズに応えられるように努力しています。「こいつ分かっているな」と思われることでクライアントの満足度向上に貢献し、お褒めの言葉をいただき自信をつけてきました。

将来のビジョンとしては、営業としてもちろん結果を出し続けたいというのもありますし、いずれかは自分のチームを持つなど、マネジメントとしても会社に貢献していきたいと思っています。

現在の上司は、いつでも相談に乗ってくれ客観的・論理的に指導やアドバイスをくれるので、自分自身も日々勉強になり、成長を感じています。
少しずつ自分の仕事の及ぼす影響範囲を広げていき、事業全体の動きに関わっていけるなど、より大きなビジネスに携わっていけるよう、日々精進しチャンスを掴んでいきたいと思っています。

平均的な一日のスケジュール

一日のスケジュール

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート