昨対2割増で“今年はお花見に行く予定”春の風物詩で、閉塞感を払拭したいという期待か

〜お花見に関する調査

2009年3月10日

楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する出前・宅配の注文サービス「楽天デリバリー」は、お花見に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2月23日から24日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、全国の21~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■昨年お花見に行った人は63.2%で、そのうち宴会をともなったものは約4割であった。お花見というと宴会をともなうイメージが強いが、実際のお花見は“眺めるだけ”が半数以上と、宴会をともなうお花見は平均1回程度のようだ。

■昨年のお花見1回当たりの平均予算は2,700円程度であった。今年のお花見の予算が昨年と比べどう変わるかたずねたところ、約半数が「昨年と変わらない」(51.1%)と答えており、「昨年より減る」(13.8%)は約1割にとどまった。お花見は景気に左右されない手軽なレジャーとして地位を確立しているようだ。

■ここ1~2年の景況感による仕事上(勤め先や接待など)のお花見の変化を問うと、「お花見に行く回数が減少した」が27.1%で、「自粛ムードになった」、「食事・飲み物の質が下がった」の回答が約1割弱で続いた。景気の低迷により、職場や取引先とのお花見は減少することが見込まれたが、やや弱含みではあるが大きな変化は無いようだ。

■また、今年の花見の予定回数についても、「昨年と変わらない」が約半数を占め、「昨年より減る」は約1割にとどまった。昨今の景況感で閉塞感が漂う中、春の風物詩であるサクラを通して、不景気を払拭したいという期待感がうかがえる。

■お花見での飲み物については、1位「ビール」(47.9%)、2位「ソフトドリンク」(37.4%)、3位「缶チューハイ」(21.3%)と、飲みきりタイプの飲み物が人気。お酒のイメージが強いお花見だが、「ソフトドリンク」の消費が約4割と意外と多いことがわかった。

■食べ物は、「おにぎり」(32.4%)、「から揚げ」(28.6%)、「焼きそば・たこ焼き」(26.2%)、「お菓子」(25.8%)、「おつまみ」(25.0%)、「お寿司」(21.8%)、「お弁当(宅配以外)」(20.7%)と多岐に渡っている。

■飲食の手配については、「近くのスーパーで当日買出し」が約5~6割を占め主流。次いで、節約に加えバラエティ豊かなメニューが入手できる「参加者持ち寄り」(約2~3割)が続く。お花見の会場へ直接商品を届けてくれる出前・デリバリーサービスは携帯電話から注文できるといった利便性の割りに利用率が低く、サービス認知の向上が不可欠のようだ。

調査結果

お花見の予算は2,700円程度。男性30代は高め、男性50代は低め。

はじめに昨年のお花見に行った回数をたずねると、1回以上行った人は63.2%だった。そのうち宴会をともなうお花見の回数は、「0回」(59.2%)が最も多く、次いで「1回」(31.2%)、「2回」(7.0%)が続く。お花見というと宴会をともなうイメージが強いが、実際のお花見は“眺めるだけ”が半数以上と、宴会をともなうお花見はあっても1回程度のようだ。

◇昨年行った花見の回数

◇昨年行った花見の回数

昨年宴会をともなった花見に1回以上行った人に、1回当たりの平均予算をたずねたところ、「2,000円以上~3,000円未満」が約4割(38.0%)、次いで「1,000円以上~2,000円未満」(20.5%)、「3,000円以上~4,000円未満」(19.0%)が続く。加重平均値は、2,682.2円であり、派手で盛大なイメージに反し、その実、質素な結果であった。
性年代別で見ると、予算が最も高いのは男性30代で、加重平均値は3,073.5円で、「2,000円以上~5,000円未満」で約7割を占めている。一方、予算が最も低いのは男性50代で、加重平均値は2260.0円。「0円~3,000円未満」で約8割を占め、それぞれ特徴的な傾向を示している

◇昨年の宴会をともなうお花見での予算(1回あたり)(n=258)

◇昨年の宴会をともなうお花見での予算(1回あたり)(n=258)

※加重平均値は、「1円以上~1000円未満」:500円、「1000円以上~2000円未満」:1500円、「2000円以上~3000円未満」:2500円、「3000円以上~4000円未満」:3500円、「4000円以上~5000円未満」:4500円、「5000円以上」:5500円として算出。

不景気はお花見に影響なし?!

次に、ここ1~2年の景況感による仕事上(勤め先や接待など)のお花見の変化をきいたところ、「特に変化はない」(34.1%)に続き、「お花見に行く回数が減少した」(27.1%)が約3割を占めた。「自粛ムードになった」(8.5%)、「食事・飲み物の質が下がった」(8.1%)との回答については、約1割弱にとどまっている。景気の低迷により、職場や取引先とのお花見は減少することが見込まれたが、やや弱含みではあるが大きな変化は無いようだ。

◇ここ1~2年での、仕事上(勤め先や接待など)のお花見の変化(複数回答)(n=258)

◇ここ1~2年での、仕事上(勤め先や接待など)のお花見の変化(複数回答)(n=258)

昨年に比べ2割増で、“今年はお花見を楽しみたい”という期待大

一方、今年のお花見(宴会の有無問わず)の予定をたずねたところ、「お花見に行く予定」(75.4%)は約8割にのぼり、昨年お花見に行った人の割合を2割程度上回っている。また、昨年と予算がどう変わるかたずねたところ、約半数が「昨年と変わらない」(51.1%)と答えており、「昨年より減る」(13.8%)は約1割にとどまった。
昨今の景況感で閉塞感が漂う中、春の風物詩であるサクラを通して、不景気を払拭したいという期待感がうかがえる。

飲食の手配は「スーパーで当日調達」が主流。「参加者持ち寄り」の支持も高い。

次に、お花見での飲み物、食べ物についてたずねた。
よく飲む飲み物については、1位「ビール」(47.9%)、2位「ソフトドリンク」(37.4%)、3位「缶チューハイ」(21.3%)と、割らずにそのまま飲める飲み切りタイプのドリンクが人気であった。お酒のイメージが強いお花見だが、「ソフトドリンク」の消費が約4割と意外と多いことがわかった。
また、よく食べる食べ物については、「おにぎり」(32.4%)、「から揚げ」(28.6%)、「焼きそば・たこ焼き」(26.2%)、「お菓子」(25.8%)、「おつまみ」(25.0%)、「お寿司」(21.8%)、「お弁当(宅配以外)」(20.7%)と7項目で約2~3割を占め、多岐に渡っている。

また、飲み物や食べ物の手配方法(昨年)についてたずねた。
飲み物については、「近くのスーパーで当日買出し」(64.0%)が約6割を占め、次いで「参加者各人の持ち寄り」(23.6%)、「近くのコンビニで当日買出し」(23.3%)が約2割で続く。
食べ物については、「近くのスーパーで当日買出し」(49.6%)が約5割を占め、次いで「参加者各人の持ち寄り」(30.2%)、「お花見会場の露店で購入する」(20.9%)、「近くのコンビニで買出し」(20.2%)が続く。出前・デリバリーサービスの利用は、飲食共に全体で1割弱にとどまった。
飲み物食べ物ともに「当日調達」で、品揃えの豊富なスーパーで買うのが主流であるが、次いで、節約に加えバラエティ豊かなメニューが入手できる「参加者持ち寄り」が続いている。お花見の会場へ直接商品を届けてくれる出前・デリバリーサービスは携帯電話から注文できるといった利便性の割りに利用率が低く、サービス認知の向上が不可欠のようだ。

◇飲食の手配方法(複数回答)

◇飲食の手配方法(複数回答)

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳男女
回収サンプル数:1000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年2月23日~24日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート