現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > 家計・資産管理に関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2009年3月23日

財布の紐をにぎるのは「妻」、家計見直しで“管理の目”厳しさ増す

〜家計・資産管理に関する調査

 楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区)は、家計・資産管理に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2月16日から18日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、全国の20〜69歳の男女計2,000人を対象に行いました。調査内容は、家計・資産管理者、家計簿やインターネット上の資産管理ツールの利用状況などに加え一部、2007年11月の調査結果との比較を交えて分析を行いましたので、お知らせします。

調査結果概要

■家計簿をつけているのは34.3%であった。家計簿の種類としては、「アナログ派」が「デジタル派」を6.7ポイント上回っており、「デジタル派」では表計算ソフトでの自作家計簿が23.5%と最も多く利用されている。

■家計簿をつけ始めた時期では、約7割が2年以上前から始めており、習慣的に続けていることがわかる。一方、ここ1年以内の時期に始めた人が15.9%と、サブプライムローン問題による影響や「100年に1度の金融危機」が叫ばれた時期に、家計見直しのため家計簿をつけ始めた可能性がうかがえる。

■世帯の家計や資産運用の管理者は「妻」(30.8%)が突出して多い。財布の紐をにぎる「妻」のイメージは結果からも証明されたようだ。

■インターネット上の資産管理ツール「口座一括管理(アグリゲーション)サービス」と「ポートフォリオ機能」のサービス内容認知度は、2007年11月と変化なく、依然1割前後で推移している。

■今後利用したい2大機能としては「支払いや入金履歴が記録できる機能」(53.9%)と「ポイントやマイルの管理機能」(51.5%)であった。「資産分析機能」については、2007年11月より5.2ポイント増加している。既存情報の表示に加え、+αの機能への要望が高まっていることからも、資産管理の目が厳しくなっている傾向がうかがえる。

調査結果

■自作家計簿ソフト、無料とカスタマイズ化がメリットか。

 家計管理ツールとして、家計簿をつけているかたずねたところ、「はい」(家計簿をつけている)は34.3%、「いいえ」(家計簿をつけていない)は65.7%であった。

◇家計簿利用状況(n=2000)

◇家計簿利用状況(n=2000)

 利用している家計簿の種類については、「市販の家計簿(冊子)」(28.9%)、「Excelなど表計算ソフトで作った家計簿」(23.5%)、「ノートや手帳」(23.0%)であった。
アナログ・デジタルの視点で見ると、「アナログ派」(「市販の家計簿(冊子)」+「ノートや手帳」)は51.9%、「デジタル派」(「Excelなど表計算ソフトで作った家計簿」+「市販のパソコン家計簿ソフト・資産管理ソフト」+「インターネットからダウンロードした無料の家計簿ソフト(フリーソフト)」)は45.2%で、未だ「アナログ派」が「デジタル派」を6.7ポイント上回っている。
「デジタル派」に注目してみると、無料で入手もしくは手元のソフトを利用した家計簿(「Excelなど表計算ソフトで作った家計簿」+「インターネットからダウンロードした無料の家計簿ソフト」)は32.1%であり、「市販のパソコン家計簿ソフト・資産管理ソフト」(13.1%)を約20ポイント上回っている。中でも「Excelなど表計算ソフトで作った家計簿」が最も多く利用されているのは、自分用にカスタマイズできるメリットも考えられる。

◇利用している家計簿の種類(n=686)

◇利用している家計簿の種類(n=686)

■大不況の影響で家計簿をつけ始めた人も!?

 家計簿をつけ始めた時期については、「それ以上前(2年超前)」が69.1%を占めており、家計簿をつけている人の約7割は、以前から習慣的に続けているものと考えられる。
 次いで「1年半超〜2年ぐらい前」(10.1%)、「現在〜3ヶ月ぐらい前」(8.9%)が約1割で続く。ここ1年以内の時期に始めた人が15.9%と、サブプライムローン問題による影響や「100年に1度の金融危機」が叫ばれた時期に、家計見直しのため家計簿をつけ始めた可能性がうかがえる。

◇家計簿をつけ始めた時期(n=686)

◇家計簿をつけ始めた時期(n=686)

■家計・資産運用管理は「妻」

 世帯の家計や資産運用の管理者をたずねると、「妻」(30.8%)が最も多く、次いで「夫」(15.8%)、「夫婦で相談して決めている」(14.3%)が続く。財布の紐をにぎる「妻」のイメージは結果からも証明されたようだ。

■インターネット上の資産管理サービス、浸透度に変化なし

 インターネット上での資産管理ツールである「口座一括管理(アグリゲーション)サービスの利用状況については、サービス内容認知層(「現在利用している」+「以前利用していたが現在は利用していない」+「利用したことはないが、サービスの内容まで知っている」)は14.3%、「現在利用している」は5.8%にとどまっている。2007年11月の調査結果と比較するとほぼ同率にあり、サービスの浸透度に変化は見られない。
 保有株式などの管理ツールであるポートフォリオ機能については、サービス認知層は21.0%、「現在利用している」は9.6%であった。こちらも上記の口座一括管理サービスと同様の傾向にあった。

◇口座一括管理(アグリゲーション)サービス利用状況

◇口座一括管理(アグリゲーション)サービス利用状況

◇ポートフォリオ利用状況

◇ポートフォリオ利用状況

■資産分析機能のニーズが増加

 インターネット上のお金に関する機能で、今後利用したい機能をたずねてみると、2007年11月時と同様に、1位「支払いや入金履歴が記録できる機能」(53.9%)、2位「ポイントやマイルの管理機能」(51.5%)、3位「公共料金やクレジットカードなどの自動引き落とし日をメールで知らせる支払い期日アラート機能」(34.0%)が挙がっている。
 「残高や負債など資産のグラフ化やシミュレーションができる分析機能」(2009年2月:24.4%、2007年11月:19.2%)については、2007年11月に比べ5.2ポイント増加している。既存情報の表示に代表される平面的なサービスに加え、一歩踏み込んだサービスも望まれているようだ。

◇今後利用したい機能(複数回答可)(n=2000)

◇今後利用したい機能(複数回答可)(n=2000)

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳〜69歳男女
回収サンプル数:2000サンプル(性別×年代均等割付 各セル200サンプル)
調査期間   :2009年2月16日〜18日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

報道関係・各種メディアからのお問い合わせ
楽天株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
グループマーケティング部サービス広報グループ 金森
E-mail: pr@rakuten.co.jp    TEL: 03-6387-0147 FAX:03-6670-5258

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
営業推進グループ 木藤
TEL: 03-6387-0102

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート