現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > 第1回〜第11回の内憂外患世論調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2009年6月25日

第1回〜第11回の内憂外患世論調査

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、楽天が運営するインターネット総合ポータルサイトの「インフォシーク」の、「Infoseek ニュース」内で運営されているニュース・コラムコンテンツ「内憂外患」と連動し、選挙に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、3月20日から6月4日まで、毎週実施している第1回〜第11回の内憂外患世論調査をまとめたもので、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、全国の15〜69歳の男女計22,000人(各回2,000人)を対象に行いました。(※投票行動についての設問は20歳〜69歳を対象)

調査結果概要

【総評】
 今年3月から継続調査を開始した“内憂外患世論調査”だが、インターネット調査の特性を生かし、毎週調査を実施することで、日々の政局・発言による変化を逃さず、即時に把握することが可能になった。内閣支持率は各メディアによる発表と同水準の19.9%〜25.3%の間で推移し、ネットによる調査でも大差がない結果が得られることが分かった。
 次期衆院選の日程が定まらない中、国民の約7割が次回選挙への投票参加意思を示しており、政治への関心の高まりを感じる結果となった。矢継ぎ早に発表される景気対策の効果や雇用の創出など、国民生活に直結した政策に明確なビジョンを示せるリーダーが求められているようだ。

■麻生政権に不満の声か、支持率は22.8%と低迷!
全11回の調査における内閣支持率の平均値を見ると、支持するが22.8%、支持しないが77.2%と現在の政権に対する不満が如実に表れている。15兆円規模の大型補正予算の使い道に対する不満や、経済状況に対する麻生政権の決め手のなさなどが作用していると考えられる。

■民主党支持者における現政権の支持率は3.6%と壊滅的!
支持政党別に、現政権への支持率を分析したところ、政権政党である自民党支持者は平均で74.0%と高い支持となっている。連立与党の公明党では、支持率の変動がはげしく、平均支持率は56.5%とかろうじて過半数になった。次回の選挙で自民党が政権を維持できるかどうかは公明党支持者の動向に左右されると考えられる。
また、民主党支持者における平均の政権支持率は3.6%と壊滅的で、明確に政権交代を望んでいるといえる。

■次期衆院選での投票参加意思、“行く”が7割強、支持政党別では差が
投票の参加意思について、全11回の調査における平均値では、「必ず行く」が47.2%、「おそらく行く」が27.2%と参加意思のある方が全体の約7割強にものぼり、投票参加意思の高さが感じられる。
支持政党をもつ対象者は自民党支持者で81.2%、民主党支持者で92.7%であったのに対し、支持政党をもたない対象者は62.7%であった。

■各政党で次期首相候補は「特にいない」が大多数。支持率低迷の影響か?
次期首相候補については、民主党支持者は過去7回が小沢一郎氏を、西松建設による不正献金疑惑以降はその支持層が岡田氏に流れていることがわかる。
一方、自民党支持者には、具体的な時期首相候補へのイメージはなく、かといって麻生氏への期待度も低い。公明党支持者にいたっては50%が「特にいない」とこたえている状態だ。

■次期衆院選で最も注目するのは「景気対策」
次期衆院選において注目を集める話題について継続調査したところ、最も注目する話題は「景気対策」で、全11回の調査の平均で54.0%と過半数を上回る結果となった。次いで「年金問題への対策」(29.8%)、「雇用の安定と創出」(26.5%)が続く。国民生活に直結した問題をどう解決するか、というビジョンを示すことが政治家には強く求められているといえる。

調査結果

■麻生政権に不満の声?支持率は低迷!

はじめに、現内閣に対する内閣支持率をきいた。調査を実施した初回の支持率は19.9%だった。以降、初回の支持率を下回ることなく20%〜25%の間で推移している。全11回の調査における内閣支持率の平均値を見ると、支持するが22.8%、支持しないが77.2%と現在の政党に対する不満の表れが如実に表れている。
 また、この支持率を性・年代別に見たところ、「支持する」と回答した方は男性23.8%、女性21.8%と性別による差異はあまり見られなかった。
 年代別では15歳〜24歳までで「支持する」と回答した方が30%を超えており、逆に50歳〜59歳では20%を下回る結果となっている。年金問題により、定年退職を迎えた50代の政権に対する不満が高まっていることが分かる。

また、全11回の調査結果の推移で見ると、調査を開始した3月末時点では、政治問題として取り上げられていた「民主党小沢一郎(現 代行)と西松建設が絡む不正献金事件」が影響してか、政党支持率は麻生政権にとって追い風となっていた。
しかし、直近の結果では支持率が低迷している。ここには、「国営マンガ喫茶」との批判もある「国立メディア芸術総合センター(仮称)」に代表されるような、15兆円規模の大型補正予算の使い道に対する不満や、増税待ったなしの経済状況に対する麻生政権の決め手のなさなどが作用していると考えられる。

◇調査期間における内閣支持率の推移(n=22,000)単位:%

◇調査期間における内閣支持率の推移(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における内閣支持率平均値(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における内閣支持率平均値(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における性・年代別内閣支持率平均値(n=22,000)単位:人・%

◇全11回の調査における性・年代別内閣支持率平均値(n=22,000)単位:人・%

■民主党支持者における政党支持率は壊滅的!

支持政党別に、現政権への支持率を分析したところ、政権政党である自民党支持者は平均で74.0%と高い支持となっている。しかしながら、国民全体の政権支持率が25%程度である現状であることを考えると、政権政党でありながら自民党支持者の少なさを印象づける数値といえるかも知れない。
連立与党の公明党では、支持率の変動がはげしく、平均支持率は56.5%とかろうじて過半数になっている。これを見る限り、次回の選挙で自民党が政権を維持できるかどうかは公明党支持者の動向に左右されると考えられる。

また、民主党支持者における平均の政権支持率は3.6%と壊滅的で、明確に政権交代を望んでいるといえる。

◇支持政党を持つ対象者の現政権の支持率(n=22,000)単位:%

◇支持政党を持つ対象者の現政権の支持率(n=22,000)単位:%

■支持政党別で投票参加意思に差が…

次に投票の参加意思について尋ねたところ、全11回の調査における平均値では、「必ず行く」が47.2%、「おそらく行く」が27.2%と参加意思のある方が全体の約7割強にものぼり、投票参加意思の高さが感じられる。
また、男女別で見ると、「必ず行く」と「おそらく行く」の合計が男性では83.3%、女性では76.7%と、男性のほうが若干参加意識が高い結果となった。

アンケート対象者の支持政党の有無によって、投票参加意思や次期首相の選択にも影響がみえ、特に投票参加意思において顕著だった。支持政党をもつ対象者は自民党支持者で81.2%、民主党支持者で92.7%であったのに対し、支持政党をもたない対象者は62.7%であった。

◇全11回の調査における投票参加意思平均値(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における投票参加意思平均値(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における投票参加意思平均値(n=20,482)単位:人・%

◇全11回の調査における投票参加意思平均値(n=20,482)単位:人・%

◇インターネットトレード(ネット上での株式、投資信託等の取引)のサービス利用状況(複数回答)

◇インターネットトレード(ネット上での株式、投資信託等の取引)のサービス利用状況(複数回答)

◇支持政党別 投票参加意思(「必ず行く」と「おそらく行く」を加算した値)単位:%

◇支持政党別 投票参加意思(「必ず行く」と「おそらく行く」を加算した値)単位:%

◇インターネットでのクレジットカードサービスの利用状況(複数回答)

◇インターネットでのクレジットカードサービスの利用状況(複数回答)

■各政党で次期首相候補は「特にいない」が大多数。支持率低迷の影響か!?

次期首相候補について、小沢一郎氏の退任後、同選択肢を鳩山由紀夫氏とし、第1回〜第8回、第9回〜第11回で聞いた。支持政党別にみると、民主党支持者は過去7回が小沢一郎氏を支持しているが、西松建設による不正献金疑惑以降はその支持層が岡田氏に流れていることが分かる。一貫して政党としての民主党への支持率は安定しており、「民主党からリーダーを出すとしたら、この優先順位」という暗黙が作用しているようだ。
 一方、自民党支持者には、具体的な時期首相候補へのイメージはなく、かといって麻生氏への期待度も低い。公明党支持者にいたっては50%が「特にいない」とこたえている状態だ。その他の政党への支持者も麻生氏への支持が低く、民主系の議員への支持が強いことから、次期衆院選では民主党への支持が集まることが予想される。

 ただし、支持される民主系議員は小沢氏以降、岡田氏が二番手となっていることから、この支持者へのアプローチが「鳩山由紀夫代表」が政権奪取をするための1つのハードルとなることだろう。

◇自民党支持者における次期首相候補(n=3,960)単位:%

◇自民党支持者における次期首相候補(n=3,960)単位:%

◇公明党支持者における次期首相候補(n=461)単位:%

◇公明党支持者における次期首相候補(n=461)単位:%

◇民主党支持者における次期首相候補(n=4,714)単位:%

◇民主党支持者における次期首相候補(n=4,714)単位:%

■次期衆院選で最も注目するのは「景気対策」

最後に、次期衆院選において注目を集める話題について継続調査したところ、最も注目する話題は「景気対策」で、全11回の調査の平均で54.0%と過半数を上回る結果となった。次いで「年金問題への対策」(29.8%)、「雇用の安定と創出」(26.5%)が続く。国民生活に直結した問題をどう解決するか、というビジョンを示すことが政治家には強く求められているといえる。

◇全11回の調査における次期衆院選で注目する項目の平均値(n=22,000)単位:%

◇全11回の調査における次期衆院選で注目する項目の平均値(n=22,000)単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :15歳〜69歳男女 ※投票行動についての設問は20歳〜69歳
回収サンプル数:22,000サンプル(第1回〜第11回実施:各回2,000サンプル)
調査期間   :2009年3月20日〜6月4日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

報道関係・各種メディアからのお問い合わせ
楽天株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
グループマーケティング部サービス広報グループ 金森
E-mail: pr@rakuten.co.jp    TEL: 03-6387-0147 FAX:03-6670-5258

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
営業推進グループ 木藤
TEL: 03-6387-0102

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート