夏のレジャーに関する調査

2009年7月8日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 楽天トラベル)は、夏のレジャーに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、6月24日から25日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約166万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■「巣ごもる夏」。“秋のゴールデンウィーク”も低調か?!
今年の夏(7月~9月)の休暇の過ごし方を聞いたところ、昨年は「宿泊を伴う国内旅行に行った」が35.8%だったのに対し、今年は最も高い8月においても22.0%と昨年に比べ13.8ポイントのマイナスだった。不景気のあおりを受けてか、今年は旅行に出掛けず、近場でお金をかけずに余暇を楽しもうという意識が高まっている。その結果「日帰りで出かける」が昨年は28.7%だったのに対し、今年は8月において7.1ポイント増の35.8%という結果となった。
一方、今年の夏はどこにも出かけず“巣ごもる”と答えた方が9月で48.7%と7~9月の中で最も高く、“秋のゴールデンウィーク”といわれる9月の大型連休も、レジャーは低調の様子が見受けられる。景気低迷のあおりを受けた、夏の休暇の実情を表している。

■レジャーに費やす予算は5万円未満が約半数!昨年よりも減らす予定が31.5%
7月~9月においてレジャーに費やす予算を聞いたところ、5万円未満が50.5%と約半数を占めており、今年の夏はお金を使わずに過ごそうという意識の高さが感じられた。性・年代別で見ると、男性40代で「5万円~10万円未満」が35.1%とトップ、女性では30代で「1万円~3万円未満」が34.1%でトップとなっている。外出の予定は多い女性だが、かける予算については男性よりも低く、女性に根付く節約・倹約の傾向がよく見てとることができた。昨年との比較では、「昨年よりも減らす予定」が31.5%、「昨年よりも増やす予定」が15.5%と、予算についても景気低迷の余波が感じられた。

■交通手段は「自家用車(マイカー)」がトップだが、高速道路料金の引き下げ「関係はない」が52.1%
今年の夏に出かける際の交通手段では、「自家用車(マイカー)」がトップで57.4%、続いて、「電車・新幹線」が19.6%、「飛行機」が16.1%という結果となった。性・年代別で見ると、男性の30代~50代の約7割が「自家用車(マイカー)」を選択しており、平均より10ポイント以上高い。一方、男性20代は「電車・新幹線」が34.3%と最も多く、対照的な結果となった。高速道路料金の引き下げによる影響について、「関係はない」が52.1%と半数以上を占めており、「非常に影響している」と「やや影響している」の合算47.9%を上回った。家計にやさしい政策ではあるが、一概にこの施策による影響ではないことがわかった。

■今年の夏のレジャーに出かける理由は「毎年の恒例だから」。高速道路料金引き下げの影響力は限定的
今年の夏にレジャーに出かける理由を聞いたところ、「毎年の恒例だから」(56.2%)が断トツでトップ。「高速道路や燃油サーチャージの値下がりにより、交通機関の利便性が上がった」は12.4%にとどまり、高速道路料金引き下げという財源特例法の影響力は限定的であることが見受けられた。

■“巣ごもり派”レジャーに行かないのは「お金がない・節約のため」トップ!
一方、今年の夏のレジャーに出かけない派はどのように過ごすのであろうか。今年の夏はレジャーに出かけない理由として、最も多かったのは「お金がない・節約のため」で54.9%であった。次いで「どこも混雑するから」(36.7%)、「行きたいところがない」(17.7%)が続く結果になった。

■“巣ごもり派”の余暇への消費予算は「使わない」が38.5%
今年の夏は巣ごもる予定の方に何をして過ごすかを聞いたところ、男性では「DVD映画鑑賞」が26.2%、「仕事をする」が24.6%と高く、女性では「日ごろできない家の掃除」が27.0%と高くなっていた。このことから、男女間で余暇の使い方における相違が感じられる。また、今年の夏の休暇において、いくら余暇に予算を費やすかを聞いたところ、「使わない」が38.5%でトップとなっており、使っても1万円未満(29.6%)を合わせると68.1%と、レジャーに出かけない理由がやはり「節約・倹約」のためであることが分かった。

調査結果

「巣ごもる夏」。“秋のゴールデンウィーク”も低調か?!

はじめに、昨年の夏(7月~9月)の休暇をどのように過ごしたかと、今年の夏(7月~9月)の休暇をどのように過ごす予定か聞いた。その結果、昨年は「宿泊を伴う国内旅行に行った」が35.8%に対し、今年は最も高い8月においても22.0%と昨年に比べ13.8ポイントのマイナスとなっている。また、海外旅行においても昨年は7.8%であったのに対し、今年は大型連休となる9月で4.9%とこちらも昨年に比べ2.9ポイントのマイナスとなっている。不景気のあおりを受けてか、今年は旅行に出掛けず、近場でお金をかけないで余暇を楽しもうという意識が高まっている。その結果「日帰りで出かける」が昨年は28.7%だったのに対し、今年は8月において、プラス7.1ポイントの35.8%という結果となった。
今年の夏はどこにも出かけず“巣ごもる”と答えた方が、7月は47.3%、8月は33.0%、9月は48.7%と“秋のゴールデンウィーク”といわれる9月の大型連休も、レジャーは低調の様子が見受けられる。景気低迷のあおりを受けた、夏の休暇の実情を表している。

◇昨年の夏(7月~9月)の休暇について(n=1,000)複数選択 単位:%

◇昨年の夏(7月~9月)の休暇について(n=1,000)複数選択 単位:%

◇今年の夏(7月~9月)の休暇予定について(n=1,000)複数選択 単位:%

◇今年の夏(7月~9月)の休暇予定について(n=1,000)複数選択 単位:%

レジャーに費やす予算は5万円未満が約半数!

次に、7月~9月においてレジャーに費やす予算を聞いたところ、5万円未満が50.5%と約半数を占めており、今年の夏はお金を使わずに過ごそうという意識の高さが感じられた。
また、性・年代別で見ると、男性では40代で「5万円~10万円未満」が35.1%とトップ、女性では30代で「1万円~3万円未満」が34.1%でトップとなっている。外出の予定は多い女性だが、かける予算については男性よりも低く、女性に根付く節約・倹約の傾向がよく見てとることができた。

◇今年の夏のレジャーに費やす予算について(宿泊・交通費込み・一人当たり)(n=774) 単位:%

◇今年の夏のレジャーに費やす予算について(宿泊・交通費込み・一人当たり)(n=774) 単位:%

また、この夏のレジャーに費やす予算について、昨年と比べどう変化する予定かを聞いたところ、昨年よりも減らす予定(「昨年より大幅に減らす」と「昨年よりやや減らす」の合算)が31.5%、昨年よりも増やす予定が15.5%と、予算についても景気低迷の余波が感じられた。

◇昨年と比べた今年の夏のレジャーに費やす予算について(n=675) 単位:%

◇昨年と比べた今年の夏のレジャーに費やす予算について(n=675) 単位:%

交通手段は「自家用車(マイカー)」が男女共にトップ!

今年の夏に出かける際の交通手段では、「自家用車(マイカー)」がトップで57.4%、次いで、「電車・新幹線」(19.6%)、「飛行機」(16.1%)が続いた。性・年代別で見ると、男性の30代~50代の約7割が「自家用車(マイカー)」を選択しており、平均より10ポイント以上高い一方、男性20代は「電車・新幹線」が34.3%と最も多く、対照的な結果となった。

◇今年の夏に出かける際の交通手段(n=774) 単位:%

◇今年の夏に出かける際の交通手段(n=774) 単位:%

先の交通手段において、「自家用車(マイカー)」及び「レンタカー」を選択した人にその理由が高速道路料金の引き下げが影響かどうかを聞いた。その結果、「関係はない」が52.1%と半数以上を占めており、「非常に影響している」と「やや影響している」の合算47.9%を上回った。家計にやさしい政策ではあるが、一概にこの施策による影響ではないことがわかった。

◇高速道路料金引き下げの影響力(n=457) 単位:%

◇高速道路料金引き下げの影響力(n=457) 単位:%

今年の夏のレジャーに出かける理由は「毎年の恒例だから」が断トツトップ!

今年の夏にレジャーに出かける理由を聞いたところ、「毎年の恒例だから」(56.2%)が断トツでトップであった。「高速道路や燃油サーチャージの値下がりにより、交通機関の利便性が上がった」は12.4%にとどまり、高速道路料金引き下げという財源特例法の影響力は限定的であることが見受けられた。

◇今年の夏のレジャーに出かける理由(n=774) 単位:%

◇今年の夏のレジャーに出かける理由(n=774) 単位:%

今年の夏のレジャーに出かけない理由は「お金がない・節約のため」が男女共にトップ!

一方、今年の夏のレジャーに出かけない派はどのように過ごすのであろうか。今年の夏はレジャーに出かけない理由として、最も多かったのは「お金がない・節約のため」で54.9%であった。次いで「どこも混雑するから」(36.7%)、「行きたいところがない」(17.7%)が続く結果になった。今年の夏は巣ごもる予定の方に何をして過ごすかを聞いたところ、男性では「DVD映画鑑賞」が26.2%、「仕事をする」が24.6%と高くなっており、女性では「日ごろできない家の掃除」が27.0%と高くなっていた。このことから、男女間で余暇の使い方における相違が感じられる。

◇今年の夏のレジャーに出かけない理由(n=226) 単位:%

◇今年の夏のレジャーに出かけない理由(n=226) 単位:%

◇夏のレジャーに出かけず何をして過ごすのか(n=226)

◇夏のレジャーに出かけず何をして過ごすのか(n=226)

今年の夏にどこにも出かけず巣ごもる予定の方に、今年の夏の休暇において、いくらぐらい予算を費やすかを聞いたところ、「使わない」が38.5%でトップとなっており、使っても1万円未満(29.6%)を合わせると68.1%と、レジャーに出かけない理由がやはり「節約・倹約」のためであることが分かった。

◇今年の夏の間いくら余暇に費やすか。(巣ごもる人)(n=226) 単位:%

◇今年の夏の間いくら余暇に費やすか。(巣ごもる人)(n=226) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年6月24日~6月25日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート