フォトプリントに関する調査

2009年8月10日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天写真館株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:阿部 道広、以下 楽天写真館)は、フォトプリントに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、7月23日から24日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約168万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
インターネットによる、フォトプリントサービス市場が拡大するなか、実態は自宅で手軽にできる保存方法が一定の支持を得ているようだ。一方、今後はインターネットを経由した、フォトブック作成やフォト共有サービスなどへの利用意向が高く、サービスの拡大が期待される。SNSやブログなどCGMサービスの普及も後押しし、インターネット上での画像や動画の共有がますます浸透するのではないか。

■8割がデジタルカメラでの撮影と、今や撮影の基本ツールに!
普段旅行やレジャーに行く際の撮影ツールは「デジタルカメラ(静止画)」が81.1%、「携帯電話のカメラ(静止画)」も55.6%と、デジタルカメラと、携帯の両方を駆使して撮影している傾向が見られた。

■ここ2~3年で、“動画”と“携帯電話”が急速に普及
2~3年前と比較した利用頻度の変化を聞いたところ。最も増加傾向にある機器は、「携帯電話のムービー(動画)」が53.1%で、次いで「デジタルカメラ(動画)」(52.5%)、「携帯電話のカメラ(静止画)」(51.6%)と続く。ここ数年で、動画や携帯電話による撮影が急速に普及していることが分かる。デジタル化が進む中、「フィルムカメラ(静止画)」は、68.9%が減少傾向にあると回答しており、対照的な結果となった。


■デジカメ、撮ったものは自宅でプリント。携帯電話カメラ、“携帯に保存するだけ”。
撮影したものの保存方法については、デジタルカメラで撮影したものは、「PCの「マイピクチャ」などのフォルダに保存する」が82.2%と圧倒的に多く、自宅で手軽に保存できる手段が広く好まれていることが分かる。携帯電話で撮影した画像の保存方法について聞いたところ、「携帯のデータフォルダに保存する」が74.8%と圧倒的にトップとなっている。デジタルカメラでの用途とは大きく異なることが、改めて浮き彫りになった。
このところ、携帯電話カメラの性能は向上し、高画質の撮影が可能になったが、現状撮った画像はあくまで“携帯内”に留まり、二次利用には至っていないことが分かる。

■デジカメ写真、ネットを活用したフォトサービスの利用頻度が増加傾向。
2~3年前と比較して、利用頻度が最も増加傾向にあるのは「撮ったものをインターネット上の写真保存機能(サービス)で保存する」で63.7%だった。インターネットを利用したサービスの利用は増加傾向にあり、サービスが浸透していることが分かった。また、現状の利用動向に比べ、「本当はこうしたい」という希望が最も高かったのは、「ネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」(17.1%)で、現状よりも11.9ポイント高く、今後利用してみたい意向が高いことが分かる。

■携帯電話のカメラでもインターネットを利用したサービスに期待が膨らむ!
携帯電話のカメラで撮影したものを、本当はどのようにして保存したいかを聞いたところ、現状の利用動向との差が最も大きかったのは、「撮ったものを自宅でCD-ROMなどに保存する」で、12.2ポイントだった。次いで、「撮ったものをネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」(9.4ポイント)、「撮ったものを自宅でプリントする」(9.0ポイント)が続いた。携帯電話で撮影した画像も、端末内に留まらず、何かしらの形で保存しておきたいという、ユーザーの期待が大きいことが分かる。

■画像の共有方法、デジタルカメラは「現像した写真を見せる」。携帯電話のカメラは「画像をメールや赤外線で送る」がトップ。
画像を他の人に共有する場合の方法を聞いた。デジタルカメラでは「現像した写真を見せる」(45.1%)が、携帯電話のカメラでは「画像をメールや赤外線で送る」(48.4%)がそれぞれトップだった。携帯電話の画像共有では「カメラなど機器の画面で直接見せる」も45.5%と高く、デジタルカメラの画像は“形に残して”、携帯電話で撮った画像は“データで残して”共有するという、“使い分け”が伺い知ることができる。

調査結果

8割がデジタルカメラでの撮影と、今や撮影の基本ツールに!

はじめに、普段旅行やレジャーに行く際に、何を使って写真や動画を撮影するかを聞いた。その結果、「デジタルカメラ(静止画)」が81.1%と大多数を占めており、デジタルカメラが今や旅行やレジャーの必須ツールとなっていることが分かる。また、携帯電話を使用しての静止画の撮影も55.6%と半数を超えており、デジタルカメラと、携帯の両方を駆使して撮影していることが見受けられた。

◇普段旅行やレジャーに行く際の撮影ツールについて(n=1,000)複数選択 単位:%

◇普段旅行やレジャーに行く際の撮影ツールについて(n=1,000)複数選択 単位:%

ここ2~3年で、“動画”と“携帯電話”が急速に普及

次に、各撮影機器において、2~3年前と比較した利用頻度の変化を聞いた。最も増加傾向(「かなり増えた」と「やや増えた」の合算)にある機器は、「携帯電話のムービー(動画)」が53.1%で、次いで「デジタルカメラ(動画)」(52.5%)、「携帯電話のカメラ(静止画)」(51.6%)と続く。ここ数年で、動画や携帯電話による撮影が急速に普及していることが分かる。
デジタル化が進む中、「フィルムカメラ(静止画)」は、68.9%(「かなり減った」と「やや減った」の合算)が減少傾向にあると回答しており、対照的な結果となった。

◇2~3年前と比べた利用頻度(n=811) 単位:%

◇2~3年前と比べた利用頻度(n=811) 単位:%

撮ったものは自宅で気軽にプリントが主流!

撮った画像はどのように保存・共有をしているのだろうか。まず、デジタルカメラ(静止画)で撮影したものについて聞いた。保存方法については、「PCの「マイピクチャ」などのフォルダに保存する」が82.2%と圧倒的に多く、次いで「自宅でプリントする」(43.0%)、「自宅でCD-ROMなどに保存する」(33.7%)と続いた。自宅で手軽に保存できる手段が広く好まれていることが分かる。
一方、どこにも保存せずに撮るだけの方は3.2%と少数派となっており、手軽に保存できる機器や環境が整ったこともあり、何かしらの方法で撮った画像を保存している傾向が見られた。

◇デジタルカメラで撮った画像の保存方法(n=811)複数選択 単位:%

◇デジタルカメラで撮った画像の保存方法(n=811)複数選択 単位:%

次に画像の保存方法について、2~3年前と比較して、どのように変化したかを聞いた。利用頻度が最も増加傾向(「かなり増えた」と「やや増えた」の合算)にあるのは「撮ったものをインターネット上の写真保存機能(サービス)で保存する」で63.7%だった。次いで「ネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」(61.9%)、「ネットの写真プリントサービスを利用して現像する」(58.5%)と続く。「自宅でプリントする」や、「カメラ店で現像する」では「変わらない」がそれぞれ38.1%、44.4%とトップなのに対し、インターネットを利用したサービスの利用は増加傾向にあり、サービスが浸透していることが分かった。

◇保存方法における2~3年前と比べた利用頻度の変化 単位:%

◇保存方法における2~3年前と比べた利用頻度の変化 単位:%

インターネットを利用したプリントに期待大!

現状の保存方法と比較し、デジタルカメラで撮影したものを、本当はどのようにして保存したいかを聞いた。現状の利用動向に比べ、「本当はこうしたい」という意向が最も高かったのは、「ネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」(17.1%)で、現状よりも11.9ポイント高く、今後利用してみたい意向が高いことが分かる。次いで「自宅でCD-ROMに保存する」が5.9ポイント、「インターネット上の写真保存機能(サービス)で保存する」が2.7ポイントと続く。

◇本当はどのように保存したいか(現状との比較) 複数選択 単位:%

◇本当はどのように保存したいか(現状との比較) 複数選択 単位:%

携帯電話のカメラではプリントしないで“携帯に保存するだけ”

携帯電話のカメラで撮影したデータについてはどうだろうか。保存方法について聞いたところ、「携帯のデータフォルダに保存する」が74.8%と圧倒的にトップとなっている。携帯電話のカメラではプリントしないで、画面上で閲覧を楽しむという傾向が見られ、デジタルカメラでの用途とは大きく異なることが、浮き彫りになった。
このところ、携帯電話カメラの性能は向上し、高画質の撮影が可能になったが、現状撮った画像はあくまで“携帯内”に留まり、二次利用には至っていないことが分かる。

◇携帯電話のカメラで撮った画像の保存方法(n=556)複数選択 単位:%

◇携帯電話のカメラで撮った画像の保存方法(n=556)複数選択 単位:%

次に画像保存の利用頻度について、2~3年前と比較してどう変わったかを聞いたところ、デジタルカメラでの保存方法と同じく、インターネットを利用したサービスの利用が増えてきている。最も増加傾向(「かなり増えた」と「やや増えた」の合算)にあるのは、「インターネット上の写真保存機能(サービス)で保存する」で77.1%、次いで「インターネットの写真プリントサービスを利用して現像する」で56.6%、「インターネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」が56.3%という結果となった。

◇2~3年前と比べた利用頻度(携帯電話のカメラ 静止画)単位:%

◇2~3年前と比べた利用頻度(携帯電話のカメラ 静止画)単位:%

携帯電話のカメラでもインターネットを利用したサービスに期待が膨らむ。

携帯電話のカメラで撮影したものを、本当はどのようにして保存したいかを聞いたところ、現状の利用動向との差が最も大きかったのは、「撮ったものを自宅でCD-ROMなどに保存する」で、12.2ポイントだった。次いで、「撮ったものをネットで編集できる写真集(フォトブック)にする」(9.4%)、「撮ったものを自宅でプリントする」(9.0%)が続いた。携帯電話のカメラでもインターネットを利用したプリントに対し、ユーザーの期待が大きいことが分かる。

◇本当はどのように保存したいか(携帯電話のカメラ) 複数選択 単位:%

◇本当はどのように保存したいか(携帯電話のカメラ) 複数選択 単位:%

画像の共有方法、デジタルカメラは「現像した写真を見せる」。携帯電話のカメラは「画像をメールや赤外線で送る」がトップ。

最後にデジタルカメラや、携帯のカメラで撮った画像を他の人に共有する場合の方法を聞いた。デジタルカメラでは「現像した写真を見せる」が45.1%とトップで、次いで「画像をメールや赤外線で送る」34.5%、「カメラなど機器の画面で直接見せる」28.1%と続いた。携帯電話のカメラでは「画像をメールや赤外線で送る」が48.4%、次いで「カメラなど機器の画面で直接見せる」45.5%、「mixiやGREEなどSNSに掲載する」15.6%と続いた。
デジタルカメラ、携帯電話のカメラ共に、SNSやブログに掲載する利用も15%前後あり、CGMサービスの普及も、画像共有を後押ししているのではないか。総じて、デジタルカメラの画像は“形に残して”、携帯電話で撮った画像は“データで残して”共有するという、“使い分け”が伺い知ることができる。

◇撮った画像を共有する方法(デジタルカメラ)(n=881)複数選択 単位:%

◇撮った画像を共有する方法(デジタルカメラ)(n=881)複数選択 単位:%

◇撮った画像を共有する方法(携帯電話のカメラ)(n=556)複数選択 単位:%

◇撮った画像を共有する方法(携帯電話のカメラ)(n=556)複数選択 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年7月23日~7月24日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート