住宅ローンに関する調査

2009年9月18日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、住宅ローンに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月20日から21日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約170万人)の中から、住宅ローンの借入をしている全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
前回のFPに関する調査では、金融商品や運用といった情報の収集は自力で行う人が多いことが分かったが、「住宅ローン」では一変し、不動産会社や金融機関の担当者の情報を重視する傾向があるようだ。住宅ローン金利の動向については、およそ9割の回答者が、当面は大きな金利の上昇はないと予想していることもあり、住宅ローンの借入タイプについても金利の安い変動金利型へシフトする傾向がみられるようだ。

■住宅ローン借入先選択理由のトップは「金利の低さ」
住宅ローンの借入先を選んだ理由で最も多かったのが「金利の低さ」で45.7%だった。次いで、「過去の取引関係(メインバンク)」(28.4%)、「金融機関の信頼度」(26.2%)が続く結果となった。

■借入先を選ぶ際は不動産会社、金融機関の担当者の情報を重視
住宅ローンの借入先を選ぶ際の情報源は、「不動産会社の情報提供」(36.7%)と「金融機関の情報提供」(36.1%)が拮抗しており、不動産会社や金融機関の担当者の情報を重視する傾向があるようだ。性・年代別では、20代女性で「不動産会社の情報提供」が47.0%で、全体平均より10.3ポイント高く、20代女性は、勤続年数の短さや収入等の面からローン審査が厳しく、結果として、不動産会社が斡旋する住宅ローンと契約しているという事情があるものと思われる。

■現在のローンタイプ、主流は「変動金利型」
住宅ローンの借入タイプ(複数回答可)で最も多いのは、「変動金利型」で42.8%だった。以下、「完全固定金利型」(34.2%)、「固定期間選択型」(28.2%)と続いた。
現在の住宅ローン借入の適用金利率を聞いたところ、最も多いのは「2%以上3%未満」(36.8%)、次いで「1%以上2%未満」が26.4%と全体の約7割(66.8%)が3%未満という結果であった。現在の住宅ローン借入の残存期間については、「10年以下」(15.8%)と「15年以下」(15.5%)がほぼ同数となっており、15年以下の合計が全体の約4割(40.9)を占めている。

■満足度が最も高い項目は「借入期間」、最も低い項目は「繰上返済時などの各種手数料」
借入期間については、「ある程度満足」が44.6%とトップ、続いて「どちらともいえない」が35.4%だった。満足派は52.7%と半数を超えた。不満派は11.9%となっている。
借入期間についての満足度が一番高いことが分かった。
繰上返済時などの各種手数料についての満足度は、「どちらともいえない」が41.3%でトップ、続いて「ある程度満足」が23.9%だった。満足派が31.7%に対して不満派が27.0%と、全項目中、最も満足派と不満派の数値が近い結果となった。

■借り換え理由は「金利の低さ」。借り換えをしないのは「手続きが面倒だから」
今後の住宅ローンの金利の見通しに関する質問では、「徐々に上昇」が49.7%、「あまり変わらない」が39.9%となった。一方、住宅ローンの借り換えに関する質問では、「借り換えはしない」が最も多く32.9%、「将来は借り換えを検討したい」が25.3%で続く結果となった。金利の動向に合わせて当面は現状を維持しようと考えている人が多いことがわかる。

■借り換えのカギは、金利水準と手続きの簡素化
住宅ローンの借り換えをしない理由としては、「手続きが面倒だから」(47.1%)がトップ。借り換えの理由を聞いたところ、「借入当初より金利が低い水準にあるから」が54.5%と突出して多かった。また、「住宅ローン金利が上がりそうだから」という回答も27.3%あった。住宅ローンの借り換えをした、または借り換えを検討しているローンのタイプは、「完全固定金利型」がトップで33.8%。「変動金利型」(29.3%)、「固定期間選択型」(29.3%)がそれに続いた。

調査結果

住宅ローン借入先選択理由のトップは「金利の低さ」

はじめに、住宅ローンの借入先を選んだ理由(5つまで選択可)を尋ねた。最も多かったのが「金利の低さ」で45.7%だった、次いで、「過去の取引関係(メインバンク)」(28.4%)、「金融機関の信頼度」(26.2%)が続く結果となった。

◇住宅ローンの借入先を選んだ理由(n=1,000) 5つまで選択 単位:%

◇住宅ローンの借入先を選んだ理由(n=1,000) 5つまで選択 単位:%

借入先を選ぶ際は不動産会社、金融機関の担当者の情報を重視

住宅ローンの借入先を選ぶ際の情報源(5つまで選択可)は、「不動産会社の情報提供」(36.7%)と「金融機関の情報提供」(36.1%)が拮抗しており、住宅ローンの契約にあたっては、不動産会社や、金融機関の担当者の情報を重視する傾向があるようだ。他に、「インターネット」(22.6%)、「友人や知人等からの口コミ」(19.7%)が上位の回答となった。
性・年代別では、20代女性で「不動産会社の情報提供」が47.0%で、全体平均より10.3ポイント高かった。これは、勤続年数の短さや収入等の面から、ローン審査が厳しく、結果として、不動産会社が斡旋する住宅ローンと契約しているという事情があるものと思われる。一方、「金融機関の情報提供」においては、60代女性で49.0%と年代での差が見受けられた。また、「インターネット」という回答は、20代男性が48.0%と突出して多く、若者のインターネットへの親和性の高さも見受けられた。

◇住宅ローンの借入先を選ぶ際の情報源(n=1,000) 5つまで選択 単位:%

◇住宅ローンの借入先を選ぶ際の情報源(n=1,000) 5つまで選択 単位:%

住宅ローンの借入タイプ(複数回答可)で最も多いのは、「変動金利型」で42.8%だった。以下、「完全固定金利型」(34.2%)、「固定期間選択型」(28.2%)と続いた。
現在の住宅ローン借入の適用金利率を聞いたところ、最も多いのは「2%以上3%未満」(36.8%)、次いで「1%以上2%未満」が26.4%と全体の約7割(66.8%)が3%未満という結果であった。現在の住宅ローン借入の残存期間については、「10年以下」(15.8%)と「15年以下」(15.5%)がほぼ同数となっており、15年以下の合計が全体の約4割(40.9)を占めている。

◇住宅ローンの借入タイプ(n=1,000)複数選択 単位:%

◇住宅ローンの借入タイプ(n=1,000)複数選択 単位:%

◇現在の住宅ローン借入の適用金利(n=1,000)単位:%

◇現在の住宅ローン借入の適用金利(n=1,000)単位:%

◇現在の住宅ローン借入の残存期間(n=1,000)単位:%

◇現在の住宅ローン借入の残存期間(n=1,000)単位:%

満足度が最も高い項目は「借入期間」、最も低い項目は「繰上返済時などの各種手数料」

次に、住宅ローンの満足度をいくつかの項目に分けて聞いた。
借入期間については、「ある程度満足」が44.6%とトップ、続いて「どちらともいえない」が35.4%だった。満足派は52.7%と半数を超えた。不満派は11.9%となっている。
借入期間についての満足度が一番高いことが分かった。
繰上返済時などの各種手数料についての満足度は、「どちらともいえない」が41.3%でトップ、続いて「ある程度満足」が23.9%だった。満足派が31.7%に対して不満派が27.0%と、全項目中、最も満足派と不満派の数値が近い結果となった。

◇住宅ローンの満足度(n=1,000)単位:%

◇住宅ローンの満足度(n=1,000)単位:%

借り換え理由は「金利の低さ」。借り換えをしないのは「手続きが面倒だから」

今後の住宅ローンの金利の見通しに関する質問では、「徐々に上昇」が49.7%、「あまり変わらない」が39.9%となった。一方、住宅ローンの借り換えに関する質問では、「借り換えはしない」が最も多く32.9%、「将来は借り換えを検討したい」が25.3%で続く結果となった。金利の動向に合わせて当面は現状を維持しようと考えている人が多いことがわかる。

◇今後の住宅ローンの金利についてどうなると思うか(n=1,000)単位:%

◇今後の住宅ローンの金利についてどうなると思うか(n=1,000)単位:%

◇これから住宅ローンの借り換えを検討しているか?(n=1,000)単位:%

◇これから住宅ローンの借り換えを検討しているか?(n=1,000)単位:%

上の質問で、住宅ローンの借り換えを検討していない方に理由を聞いた(複数回答可)。最も多い回答は「手続きが面倒だから」(47.1%)、次いで「手数料がかかるから」(38.3%)、「今の金利が高いとは思わないから」(27.7%)が2、3位の回答となった。

◇住宅ローンの借り換えをしない理由(n=329) 複数選択 単位:%

◇住宅ローンの借り換えをしない理由(n=329) 複数選択 単位:%

続いて、「すでに借り換えを行った」、もしくは「現在借り換えを検討している」と回答した人に借り換えの理由を聞いたところ、「借入当初より金利が低い水準にあるから」が54.5%と突出して多かった。また、「住宅ローン金利が上がりそうだから」という回答も27.3%あった。

◇住宅ローンの借り換えをした、または検討している理由(n=193)単位:%

◇住宅ローンの借り換えをした、または検討している理由(n=193)単位:%

住宅ローンの借り換えを行った際に重視した項目、または、住宅ローンの借り換えを検討する際に重視する項目に関する質問(5つまで回答可)では、「金利の低さ」が圧倒的に多く、77.3%だった。続いて「手数料の安さ」(37.9%)、「毎月やボーナス返済の返済額の小ささ」(23.2%)が2、3位の回答となった。

◇住宅ローンの借り換えを行った際に重視した項目、または、住宅ローンの借り換えを検討する際に重視する項目(n=198) 5つまで 単位:%

◇住宅ローンの借り換えを行った際に重視した項目、または、住宅ローンの借り換えを検討する際に重視する項目(n=198) 5つまで 単位:%

住宅ローンの借り換えをした、または借り換えを検討しているローンのタイプは、「完全固定金利型」がトップで33.8%。「変動金利型」(29.3%)、「固定期間選択型」(29.3%)がそれに続いている。

◇住宅ローンの借り換えをした、または検討しているタイプ(n=198) 単位:%

◇住宅ローンの借り換えをした、または検討しているタイプ(n=198) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年8月20日~8月21日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート