現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > FXに関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2009年11月24日

FXに関する調査

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、FX(外国為替証拠金取引)に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、10月23日から25日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約173万人)の中から、全国の20〜69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
 FXの取引経験者は全体で6.8%に留まり、未だ少数派であることが浮き彫りになった。一方、取引意向がある潜在顧客は約3割と、拡大の余地はあるように見受けられる。FXの特徴であるハイリスク・ハイリターンの金融商品をどのように活用するか、インターネットなどによる情報収集と、専門的な知識の習得が必要になるのではないか。

■FX経験者は6.8%、取引意向を持つ潜在的ユーザーは31.4%
 FXの利用経験者は6.8%で、その中で現在FXを行っている人は3.7%に留まった。また、取引意向を持つ潜在的ユーザーは31.4%と必ずしも少なくない結果となった。

■FXをはじめたのはここ1、2年が約6割
 FXの利用期間は「3年以上」が32.4%、「1年以上2年未満」が29.7%、「3ヶ月以内」が
16.2%という結果となった。2年未満が全体の約6割(59.4%)となっており、この1、2年の間にFXを始めた人が多いことがわかる。

■FXの主要な情報源はインターネット
 FXに関する情報源では、「マネー関連のインターネットサイト」が26.7%でトップ、「FX会社のホームページ」(24.9%)、「新聞」(18.8%)が2、3位という結果となった。一方、「とくに情報収集はしていない」という回答も39.3%あった。

■FXの特徴は把握するも、専門用語は初耳!
 FXを取引する上で魅力に感じる(感じた)点では、「ハイリターンである」(23.4%)と「小額から始められる」(21.5%)が上位の回答となっている。また、FX取引をする上で不安に感じる(感じた)点では、「ハイリスクである」が最も多く、59.9%。「取引が難しそう」(26.6%)がそれに続いている。ハイリスク・ハイリターンというFXの金融商品としての特徴を多くの人が認識していることが分かった。

■レバレッジは「10倍未満」が35.1%、規制が行われた場合でも「今までとかわらない」
 「レバレッジ」の倍率では、「10倍未満」が35.1%と最も多く、「10倍以上20倍未満」(16.2%)がそれに続いている。一方、「200倍以上500倍未満」という回答も13.5%あった。
また、金融庁がレバレッジの倍率に上限を設けようとしていることに関連して、レバレッジ規制が行われた場合にどうするかを尋ねたところ、「今までとかわらない」(81.1%)という答えが大多数を占めた。

調査結果

■FX経験者は6.8%、取引意向を持つ潜在的ユーザーは31.4%

 はじめにFXの取引経験について聞いた。経験者は6.8%で、その中で現在FXを行っている人は3.7%にとどまった。
 一方、「FXはしていないし、やってみたいとも思わない」という人は61.8%に上った。もっとも、「FXはしていないが、興味はある」「FXはしていないが、近日中に始めようと思っている」「FXはしていないが、口座は持っている」の3回答を合わせると3割を超える(31.4%)ことから、利用意向を持つ潜在的ユーザーは必ずしも少なくないと見られる。

◇FXの取引状況(n=1,000) 単位:%

◇FXの取引状況(n=1,000) 単位:%

■FXをはじめたのはここ1、2年が約6割

 現在FXをしている人にFXの取引期間を尋ねたところ、「3年以上」が32.4%、「1年以上2年未満」が29.7%、「3ヶ月以内」が16.2%という結果となった。2年未満が全体の約6割(59.4%)となっており、この1、2年の間にFXを始めた人が多いことがわかる。

◇FXの取引期間(n=37) 単位:%

◇FXの取引期間(n=37) 単位:%

 次に、先の質問で、「FXはしていないし、やってみたいとも思わない」と答えた人を除く382人を対象にFXに興味を持ったきっかけを聞いた(複数回答可)。結果は、「インターネット」が圧倒的に多く、65.7%だった。以下、「テレビ」(19.9%)、「友人、知人からの紹介」(13.6%)と続く。

◇FXに興味を持ったきっかけ(n=382)複数選択 単位:%

◇FXに興味を持ったきっかけ(n=382)複数選択 単位:%

■FXの取扱企業、認知はあるが、口座開設には高い壁

 続いて、FXを取り扱う企業の知名度を調査した。その結果、「楽天証券」(57.1%)、「外為どっとコム」(41.8%)、「SBI証券」(27.9%)が知名度トップ3という結果になった。一方、「知っている会社はない」という回答も29.6%に上っている。
 口座開設している企業で最も多かったのは、「楽天証券」で7.5%、次いで「SBI証券」(6.3%)、「外為どっとコム」(3.7%)と続いている。「口座を開設していない」が81.4% と、FXを取り扱う企業についての認知度は高いが、実際に口座まで開設している人は少ないようだ。

◇知っているFX商品取扱企業(n=1,000) 複数選択 単位:%

◇知っているFX商品取扱企業(n=1,000) 複数選択 単位:%

◇口座開設しているFX商品取扱企業(n=1,000)  複数選択 単位:%

◇口座開設しているFX商品取扱企業(n=1,000)  複数選択 単位:%

■FXの主要な情報源はインターネット

 FXに関する情報は、どこから入手しているのだろうか。FXに興味を持つ382人にFXの情報源を尋ねたところ(複数回答可)、「マネー関連のインターネットサイト」が26.7%でトップ、「FX会社のホームページ」(24.9%)、「新聞」(18.8%)が2、3位となった。一方、「とくに情報収集はしていない」という回答も39.3%あった。

◇FXに関するの情報源(n=382)複数選択 単位:%

◇FXに関するの情報源(n=382)複数選択 単位:%

 さらに、回答者全員に「あなたのまわりで、FXをしている人はいますか」と尋ねたところ、「わからない」という回答(46.4%)を除けば、「いない」が突出して多く41.0%となった。知人・友人と情報を交換しながらFXに取り組んでいる人は、かなり少数派のようだ。

◇まわりでFXを行っているか(n=1,000) 単位:%

◇まわりでFXを行っているか(n=1,000) 単位:%

■FXの特徴は把握するも、専門用語は初耳

 次に、FXの魅力と不安点について聞いた。「FXをする上で、魅力に感じる(感じた)のはどの点ですか」という質問では(複数回答可)、「ハイリターンである」(23.4%)と「少額から始められる」(21.5%)が上位の回答となっている。
 一方、「FXをする上で不安に感じる(感じた)のはどの点ですか」という質問では(複数回答可)、「ハイリスクである」(59.9%)が最も多く、「取引が難しそう」(26.6%)がそれに続いている。ハイリスク・ハイリターンというFXの金融商品としての特徴を多くの人が認識していることがわかる。

◇FXをする上で魅力に感じる(感じた)点(n=1,000)複数選択 単位:%

◇FXをする上で魅力に感じる(感じた)点(n=1,000)複数選択 単位:%

◇FXをする上で不安に感じる(感じた)点(n=1,000)複数選択 単位:%

◇FXをする上で不安に感じる(感じた)点(n=1,000)複数選択 単位:%

 FXには、独特の専門用語があるが、それらはどの程度認知されていのだろうか。「レバレッジ」「スワップ」「スプレッド」「ロスカット」の4つの単語について、認知度を回答者全員に尋ねたところ、「初めて聞いた」という回答が約7割(68.8%)に上った。それに対し、「理解している」「だいたい理解している」の回答の合計は14.5%にとどまっており、未だFXの詳細についてまでは認知されていないことが見受けられた。

◇レバレッジ・スワップ・スプレッド・ロスカットの認知度(n=1,000) 単位:%

◇レバレッジ・スワップ・スプレッド・ロスカットの認知度(n=1,000) 単位:%

■レバレッジは「10倍未満」が35.1%、規制が行われた場合でも「今までとかわらない」

 最後に、現在FXを行っている人に、FXの特徴的な仕組みである「レバレッジ」について尋ねた。「普段、あなたは何倍のレバレッジで取引していますか」という質問では、「10倍未満」が35.1%と最も多く、「10倍以上20倍未満」(16.2%)がそれに続いている。一方、「200倍以上500倍未満」という回答も13.5%あった。レバレッジの倍率を上げるほど効率的に利益を上げられるのがFXの仕組みだが、その分、リスクも増大することもあってか、高倍率のレバレッジを積極的に選択している人は少数派のようだ。
 また、金融庁がレバレッジの倍率に上限を設けようとしていることに関連して、レバレッジ規制が行われた場合にどうするかを尋ねたところ、「今までとかわらない」という答えが大多数を占めた(81.1%)。

◇普段のレバレッジ倍率(n=37) 単位:%

◇普段のレバレッジ倍率(n=37) 単位:%

◇レバレッジ規制が行われた場合の倍率(n=37) 単位:%

◇レバレッジ規制が行われた場合の倍率(n=37) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳〜69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2009年10月23日〜10月25日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

報道関係・各種メディアからのお問い合わせ
楽天株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
グループマーケティング部サービス広報グループ 金森
E-mail: pr@rakuten.co.jp    TEL: 03-6387-0147 FAX:03-6670-5258

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
営業推進グループ 木藤
TEL: 03-6387-0102

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート