冬のボーナスに関する調査

2009年12月1日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月13日から17日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約174万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
夏以上に厳しくなると予想された冬のボーナスだが、昨年に比べても更に家計がひっ迫する傾向にあることが明らかになった。使途についても、全体的に支出を抑える傾向にあり、「貯蓄」ですら昨年より減っている。デフレが叫ばれる中、限られた家計の中でいかに安く良い商品を手に入れるか、消費者は注視しているのではないか。

■今年の冬のボーナス「支給される予定」が6割を割り込む、懐は極寒か!?
昨年と今年の冬のボーナスの支給実績と支給予定について尋ねたところ、昨年の冬のボーナスについては、「支給された」という回答が70.6%、「支給されなかった」の29.4%だった。一方、今年の冬のボーナス支給の予定については、「支給される予定」という回答は59.3%に留まっている。

■「冬のボーナス支給額減」層は、昨年より11.1ポイント増の48.5%
今年の冬のボーナス支給額について昨年冬と比べてどうなるか尋ねたところ、「減りそう」と答えている人が48.5%とほぼ半数を占めており、「増えそう」という回答はわずか
8.7%だった。「昨年と変わらない」との回答は32.9%だった。昨年の冬のボーナスに関する調査では、「減りそう」が37.4%だったことからも、今年は「減少層」が11.1ポイント増え、より一層家計の冷え込みが予想される。

■使途の上位3位がすべて日常生活に直結、「貯蓄」すら出来ない家計状況が浮き彫りに
今年の冬のボーナスの利用用途(複数回答可)は、「貯蓄」がトップで18.5%だった。一方、「まだ決めていない」も28.7%にのぼり昨年に比べて7.4ポイント増えている。全体的にどの項目を見ても、昨年より大幅にポイントを減らしている。特に落ち込みが激しいのは、「貯蓄」で22.3ポイント減った。今年は「貯蓄」すらできないほど家計がひっ迫している状況がうかがえ、支出につながる「買い物」や「旅行・レジャー」などは、そもそも余裕がないといった感じだ。

■景気低迷や雇用不安がボーナスの使途に影響。
金融危機による景気低迷や雇用不安が今年の冬のボーナスの使途にどの程度影響しているのかという点では、「影響している」が33.9%、「大きく影響している」が30.0%で、この2回答で6割を超えた。「まったく影響していない」という回答は、わずか6.7%だった。

■今年の冬のボーナスから初めて投資・資産運用を開始する人はゼロ。
今年の冬のボーナスを投資・資産運用に使うと回答した人に、投資・資産運用歴を聞いたところ、最も多かったのは、「3年以上~5年未満」「10年以上」(ともに35.3%)だった。一方、「今年の冬のボーナスで初めて投資・資産運用商品を購入する」という回答はゼロという結果となった。

■投資・資産運用については、「低リターンでも、元本が保証された安全な金融商品を選びたい」という考えがトップ。
投資・資産運用についての考えについては、「低リターンでも、元本が保証された安全な金融商品を選びたい」という回答が最も多く、47.8%だった。「リスクもリターンも中程度のバランスのとれた金融商品を選びたい」が26.8%で続いた。

調査結果

今年の冬のボーナス「支給される予定」が6割を割り込む、懐は極寒か!?

はじめに昨年と今年の冬のボーナスの支給実績と支給予定について尋ねた。昨年の冬のボーナスについては、「支給された」という回答が70.6%と、「支給されなかった」の29.4%を大きく上回った。一方、今年の冬のボーナス支給の予定については、「支給される予定」という回答は59.3%に留まっている。

◇昨年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

◇昨年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

◇今年の冬のボーナス支給有無予定(n=1,000) 単位:%

◇今年の冬のボーナス支給有無予定(n=1,000) 単位:%

「冬のボーナスが減らされる」層は、昨年より11.1ポイント増の48.5% 2人に1人が、冬のボーナス支給額減少という結果に

今年の冬のボーナス支給額は、昨年冬と比べてどの程度変化するのだろうか。昨年も今年もボーナスが支給される(予定の)人に、今年の冬のボーナスは、昨年と比べてどうなりそうか尋ねたところ、「減りそう」と答えている人が48.5%とほぼ半数を占めている一方、「増えそう」という回答はわずか8.7%だった。「昨年と変わらない」との回答は32.9%だった。昨年の冬のボーナスに関する調査では、「減りそう」が37.4%だったことからも、今年は「減少層」が11.1ポイント増え、より一層家計の冷え込みが予想される。

◇昨年と比べた冬のボーナスの変化(n=593) 単位:%

◇昨年と比べた冬のボーナスの変化(n=593) 単位:%

今年の冬のボーナスの見込み支給額に対する満足度についての調査では、「どちらかといえば不満」がトップで40.1%だった。「どちらかといえば満足」(29.5%)がそれに続いている。「とても満足」と「どちらかといえば満足」を合わせた“満足派”は33.7%。それに対し、「不満」と「どちらかといえば不満」を合わせた“不満派”は66.2%と、“満足派”のほぼ倍の数字となった。

◇見込み支給額についての満足度(n=593) 複数選択 単位:%

◇見込み支給額についての満足度(n=593) 複数選択 単位:%

使途の上位3位がすべて日常生活に直結、「貯蓄」すら出来ない家計状況が浮き彫りに

今年の冬のボーナスの使途(複数回答可)は、「貯蓄」がトップで18.5%だった。以下、「ローン・借金返済」(12.6%)、「生活費の補填」(10.6%)と、上位3位がすべて日常生活に直結した用途だった。一方、「まだ決めていない」も28.7%にのぼり昨年に比べて7.4ポイント増えている。全体的にどの項目を見ても、昨年より大幅にポイントを減らしている点が興味深い。特に落ち込みが激しいのは、「貯蓄」「買い物」「旅行・レジャー」「飲食・グルメ」で、それぞれ22.3ポイント、19.4ポイント、14.3ポイント、9.2ポイントとなった。昨年は、家計を下支えする目的での「貯蓄」が見られたが、今年は「貯蓄」すらできないほど家計がひっ迫している状況がうかがえ、支出につながる「買い物」や「旅行・レジャー」などは、そもそも余裕がないといった感じだ。

◇今年の冬のボーナスの使途(n=593)複数選択 単位:%

◇今年の冬のボーナスの使途(n=593)複数選択 単位:%

ボーナスが支給されないことで出費削減する項目、「飲食・グルメ」がトップで50.0%

一方、昨年冬のボーナスは支給されたが今年の冬は支給されない人に、ボーナスが支給されないことによってどのような項目の出費が削減されるかを聞いたところ、「飲食・グルメ」(50.0%)、「旅行・レジャー」(45.8%)、「買物」(37.5%)がトップ3の回答となった。冬のボーナスの支給がなくなったことで、買物や旅行・レジャーはもちろんのこと、家族との外食すら削減するというくらいの節約モードに入っていることが分かる。

◇今年の冬のボーナスが支給されないことによる、出費削減項目(n=24)複数選択 単位:%

◇今年の冬のボーナスが支給されないことによる、出費削減項目(n=24)複数選択 単位:%

景気低迷や雇用不安がボーナスの使途に影響

続いて、金融危機による景気低迷や雇用不安が今年の冬のボーナスの使途にどの程度影響しているのかを調べた。その結果、「影響している」が33.9%、「大きく影響している」が30.0%で、この2回答で6割を超えた。「まったく影響していない」という回答は、わずか6.7%だった。

◇金融危機による景気低迷や雇用不安からくる冬のボーナスの使途への影響(n=593) 単位:%

◇金融危機による景気低迷や雇用不安からくる冬のボーナスの使途への影響(n=593) 単位:%

先のボーナスの用途に関する質問で今年の冬のボーナスを投資・資産運用に使うと回答した人に、投資・資産運用歴を聞いたところ、最も多かったのは、「3年以上~5年未満」「10年以上」(ともに35.3%)だった。一方、「今年の冬のボーナスで初めて投資・資産運用商品を購入する」という回答はゼロだった。未経験者が投資を始められる景気状況ではないということのようだ。

◇投資・資産運用暦(n=17) 単位:%

◇投資・資産運用暦(n=17) 単位:%

最後に、全員を対象に、投資・資産運用についての考えを聞いた。「低リターンでも、元本が保証された安全な金融商品を選びたい」という回答が最も多く、47.8%だった。次いで「リスクもリターンも中程度のバランスのとれた金融商品を選びたい」が26.8%で続いた。

◇投資・資産運用についての考え(n=1,000) 単位:%

◇投資・資産運用についての考え(n=1,000) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2009年11月13日~17日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート