現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > スケジュール管理に関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2009年12月17日

スケジュール管理に関する調査

 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、スケジュール管理に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、12月9日から12月10日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約175万人)の中から、全国の20〜69歳の男女計1,000人の有職者を対象に行いました。

 景気低迷の影響を受け、企業が販売促進などのため年末に制作・配布していた手帳やカレンダーが減少傾向にあることが、今回の調査から明らかになりました。こうした企業の動きを受けて、これまで企業カレンダーを利用していた層の「自分買い」の傾向が顕著に見られます。「楽天ブックス」における、手帳・カレンダーの販売においては、昨年の下半期と比較し、手帳では3.2倍、カレンダーでは2.8倍と、大幅に伸長しています。

調査結果概要

【総評】
 PCや携帯電話でのスケジュール機能が充実してきたとはいえ、まだまだ紙の手帳やカレンダーが支持を得ており、“手で書いて”管理するという手法が慣習化しているようだ。一方、企業が毎年制作・配布するカレンダーなどは減少傾向にあることがわかり、その分、「自分買い」の手帳の販売は好調に推移している。効率的なスケジュール管理を望む声も多く、「楽天ブックス」においては、ビジネス手帳やノウハウ本の売れ行きが好調な点も今年の特徴だ。

■スケジュール管理は仕事もプライベートも手帳がトップ!
普段のスケジュールや予定の管理に何を使用しているかを聞いたところ、仕事でも、プライベートでも「手帳」がトップという結果だった。(仕事:54.3%、プライベート:46.0%)インターネットや携帯電話が普及している現在でもリアルのツールである「手帳」や「紙のカレンダー」は根強く定着していることが見受けられた。
また、仕事では「PCのスケジュール機能」(24.9%)がプライベートより11.7ポイント多く、プライベートでは「携帯電話のスケジュール機能」(38.3%)が仕事より15.7ポイント多かった。仕事とプライベートで使用ツールの使い分けをしていることが分かった。

■手帳は「自分で購入」だが、カレンダーは「貰う」が主流!?
手帳やカレンダーの入手経路について、今年1年間使った手帳・カレンダーの入手方法について聞いところ、手帳では「自分で購入した」が73.2%、「取引先企業から貰ったもの」が16.4%と続いた。それに比べ、卓上や壁掛けなどの紙のカレンダーでは、「取引先企業から貰ったもの」が52.5%と半数を超えており、自身で購入することが多い手帳に比べて、紙のカレンダーは貰うという傾向にあるようだ。

■取引先から配布される手帳や、カレンダーは減少傾向に。
取引先企業から貰うことも多い手帳や、紙のカレンダーについて、去年の今頃と比較した、取引先企業で配布している手帳やカレンダーの配布数の増減について聞いたところ、手帳では「かなり減っている」と「やや減っている」の合算が41.1%だった。また、カレンダーも減少傾向にあるとの回答が47.6%と、例年取引先企業から貰う機会が多い有職者自身が、削減の余波を感じていることがわかる。

■取引先から貰えなかったら、買うしかない!?
来年の手帳・カレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法では、手帳をもらえなかった場合では、「自分で手帳を購入する」が62.9%で断トツトップ。「付録や無料で配られた手帳を使う」(17.1%)がそれに続いた。カレンダーをもらえなかった場合では、「自分で紙のカレンダーを購入する」(36.0%)、「付録や無料で配られた紙のカレンダーを使う」(36.0%)が同率でトップとなった。

■現状のスケジュール管理は「満足」が大多数!
現状のスケジュール管理の満足度については、「満足しているが、もう少し効率的な管理がしたい」が47.7%でトップとなっており、次いで「満足しているし、現状の管理方法を継続したい」が42.2%となっていた。「満足しているが、もう少し効率的な管理がしたい」という回答が多いことを考えると、現状使用しているツールに関しては満足しているが、使い方の上でさらなる使いやすさを求めているということが見受けられる。

■携帯電話やPCでのスケジュール管理は、昨年に比べ増加傾向に
最後に普段、携帯電話やPCでスケジュール管理を行っている方に、2008年と比較した管理・登録の割合について聞いたところ、「特に変わらない」が49.1%でトップ。また、減ったという回答が3.4%なのに対し、増えたという回答は47.5%と、昨年と比較して半数近くが携帯電話やPCでのスケジュール管理の割合が多くなっていると感じているようだ。

調査結果

■スケジュール管理は仕事もプライベートも手帳がトップ!

初めに、普段のスケジュールや予定の管理に何を使用しているかを聞いたところ、仕事でも、プライベートでも「手帳」がトップという結果だった。(仕事:54.3%、プライベート:46.0%)仕事、プライベートともに2位は、「卓上や壁掛けなどの紙のカレンダー」で、インターネットや携帯電話が普及している現在でもリアルのツールである「手帳」や「紙のカレンダー」は根強く定着していることが見受けられた。
また、仕事では「PCのスケジュール機能」(24.9%)がプライベートより11.7ポイント多く、プライベートでは「携帯電話のスケジュール機能」(38.3%)が仕事より15.7ポイント多かった。仕事とプライベートで使用ツールの使い分けをしていることが分かった。

◇仕事上のスケジュール管理方法(n=1,000)複数回答 単位:%

◇仕事上のスケジュール管理方法(n=1,000)複数回答 単位:%

◇プライベートのスケジュール管理方法(n=1,000)複数回答 単位:%

◇プライベートのスケジュール管理方法(n=1,000)複数回答 単位:%

■手帳は「自分で購入」だが、カレンダーは「貰う」が主流!?

手帳やカレンダーの入手経路についてはどうだろうか。まず、今年1年間使った手帳・カレンダーの入手方法について聞いた。
その結果、手帳では「自分で購入した」が73.2%、「取引先企業から貰ったもの」が16.4%と続いた。それに比べ、卓上や壁掛けなどの紙のカレンダーでは、「取引先企業から貰ったもの」が52.5%と半数を超えており、自身で購入することが多い手帳に比べて、紙のカレンダーは貰うという傾向にあるようだ。

◇今年一年使用した手帳の入手方法(n=639) 複数回答 単位:%

◇今年一年使用した手帳の入手方法(n=639) 複数回答 単位:%

◇今年一年使用した紙のカレンダーの入手方法(n=631) 複数回答 単位:%

◇今年一年使用した紙のカレンダーの入手方法(n=631) 複数回答 単位:%

■取引先から配布される手帳や、カレンダーは減少傾向。不況のあおりか!?

取引先企業から貰うことも多い手帳や、紙のカレンダーだが、不況の影響はあるのだろうか。去年の今頃と比較した、取引先企業で配布している手帳やカレンダーの配布数の増減について聞いたところ、手帳では「かなり減っている」と「やや減っている」の合算が41.1%だった。また、カレンダーも減少傾向にあるとの回答が47.6%と、例年取引先企業から貰う機会が多い有職者自身が、削減の余波を感じていることがわかる。

◇去年と比較した取引先が配布する手帳と紙のカレンダーの増減について(n=974) 単位:%

◇去年と比較した取引先が配布する手帳と紙のカレンダーの増減について(n=974) 単位:%

取引先からの配布が減少傾向にある、手帳・カレンダーだが、もし来年の手帳・カレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法を、現在取引先から貰った手帳・カレンダー利用者に聞いた。
手帳をもらえなかった場合では、「自分で手帳を購入する」が62.9%で断トツトップだった。次いで「付録や無料で配られた手帳を使う」(17.1%)がそれに続いた。カレンダーをもらえなかった場合では、「自分で紙のカレンダーを購入する」(36.0%)、「付録や無料で配られた紙のカレンダーを使う」(36.0%)が同率でトップとなった。
不景気のあおりを受けて配布数が減っている手帳・カレンダーについては、今後自身で購入する層が多くなってくるのではないだろうか。

◇来年の手帳を取引先から貰えなかった場合の入手方法(n=105)複数回答 単位:%

◇来年の手帳を取引先から貰えなかった場合の入手方法(n=105)複数回答 単位:%

◇来年のカレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法(n=331)複数回答 単位:%

◇来年のカレンダーを取引先からもらえなかった場合の入手方法(n=331)複数回答 単位:%

■現状のスケジュール管理は「満足」が大多数!

昨今、様々なスケジュール・予定管理ツールが普及しているが、それらを使用した現状のスケジュール管理にどれだけ満足しているのだろうか。「満足しているが、もう少し効率的な管理がしたい」が47.7%でトップとなっており、次いで「満足しているし、現状の管理方法を継続したい」が42.2%となっていた。「満足しているが、もう少し効率的な管理がしたい」という回答が多いことを考えると、現状使用しているツールに関しては満足しているが、使い方の上で更なる使いやすさを求めているということが見受けられる。

◇現状のスケジュール管理についての満足度(n=974) 単位:%

◇現状のスケジュール管理についての満足度(n=974) 単位:%

最後に普段、携帯電話やPCでスケジュール管理を行っている方に、2008年と比較した管理・登録の割合について聞いたところ、「特に変わらない」が49.1%でトップ。また、減ったという回答が3.4%なのに対し、増えたという回答は47.5%と、昨年と比較して半数近くが携帯電話やPCでのスケジュール管理の割合が多くなっていると感じているようだ。

◇2008年と比較した、携帯電話やPCでのスケジュール管理の割合変化(n=554) 単位:%

◇2008年と比較した、携帯電話やPCでのスケジュール管理の割合変化(n=554) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳〜69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2009年12月9日〜10日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

報道関係・各種メディアからのお問い合わせ
楽天株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
グループマーケティング部サービス広報グループ 金森
E-mail: pr@rakuten.co.jp    TEL: 03-6387-0147 FAX:03-6670-5258

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
営業推進グループ 木藤
TEL: 03-6387-0102

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート