インターネットリサーチ・市場調査の【楽天リサーチ】。ネットリサーチからリアルリサーチまで様々な調査が可能。

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

お見積もり・お問い合わせ

現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > 老後の生活資産に関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2010年1月21日

老後の生活資産に関する調査

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、老後の生活資金に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、1月9日から10日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約177万人)の中から、全国の20〜69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
 高齢化社会の到来にともない、年金支給額の削減が危惧される中、公的年金への期待感は薄れ気味だ。また、雇用形態や職業によっても、老後の生活に感じる“不安度”にも開きがある。年金制度に頼るだけでなく、どのような老後を送りたいかに応じ、個々人が生活資金に対する準備を進めていく必要があるであろう。

■約8割が「老後の生活資金が不安」、職業によって“不安度”に開き
 老後の貯蓄・資産について、「かなり不安である」という回答が41.6%、次いで「多少不安である」が37.4%と続き、老後に経済的な不安を感じている人の合計は79.0%だった。
 職業別にみると、「派遣社員・契約社員」、「自営業・会社経営」、「アルバイト」の各層で「かなり不安である」が5割を超えている(各56.3%、54.1%、56.6%)。対照的に、「公務員・団体職員」、ならびに専門職では、それぞれ18.9%、18.2%と、職業によって“不安度”に開きがあることがわかる。

■老後の生活資金、気にしてはいても・・・「準備は不十分」が44.0%
 老後の生活に不安を感じるポイントでは「老後の生活資金」が84.2%で最も多く、次いで「年金」(64.0%)、「自分自身の健康」(61.1%)と続いた。
 資金計画については、「考えているが準備は不十分」が44.0%、「考えたいと思うがまだ始めていない」が32.3%という結果となった。

■公的年金への期待感、年々薄れ気味に。08年比3.0ポイント下回る
 公的年金への期待度では、「ある程度の生活の助けになると期待している」が36.9%、「あまり期待していない」が36.8%とほぼ同数となった。「公的年金だけで生活できると期待している」と「ある程度の生活の助けになると期待している」を合わせた“期待派”は40.3%となり、これは、2008年に実施した調査の43.3%を3.0ポイント下回っており、公的年金への期待感が薄れていることがわかる。
■預貯金の実践率は6割。4人に1人が老後の資金対策「何もしていない」
 老後のお金のために現在していることは、「預貯金(定期預金等)」が59.4%でトップ、次いで「個人年金保険や生命保険」(39.7%)、「株式投資」(18.4%)が2、3位となった。
「何もしていない」という回答も25.2%あり、特に20代男女では4割を超えており、老後に関しての準備は30代以降から進める場合が多いことが見受けられた。

調査結果

■約8割が「老後の資金が不安」、職業によって“不安度”に開き

はじめに、老後の貯蓄・資産についてきいたところ、「かなり不安である」という回答が41.6%、次いで「多少不安である」が37.4%と続き、老後に経済的な不安を感じている人の合計は79.0%だった。前回、2008年に調査した時から0.6ポイント増加している。引き続き大多数が将来への不安を抱えていることがわかる。
一方、「あまり不安はない」という回答は7.1%、「まったく不安はない」はわずか2.4%で、合わせても10%に届かない結果となった。

◇老後の貯蓄・資産について(n=1,000) 単位:%

◇老後の貯蓄・資産について(n=1,000) 単位:%

この結果を職業別に分析してみると、「派遣社員・契約社員」、「自営業・会社経営」、「アルバイト」の各層で「かなり不安である」が5割を超えている(各56.3%、54.1%、56.6%)。それとは対照的に、「公務員・団体職員」、ならびに「医師、弁護士、会計士」などの専門職では、それぞれ18.9%、18.2%と非常に低い数値となっている。依然、「公務員と手に職のある人は安泰」ということが改めて浮き彫りになった。

◇老後の貯蓄・資産について-職業別-(n=1,000) 単位:%

◇老後の貯蓄・資産について-職業別-(n=1,000) 単位:%

■老後の生活資金、気にしてはいても・・・「準備は不十分」が44.0%

先の質問で「かなり不安である」「多少不安である」「どちらともいえない」と答えた人を対象に、老後の生活に不安を感じるポイントを聞いた。その結果、トップの回答は「老後の生活資金」で84.2%だった。以下、「年金」(64.0%)、「自分自身の健康」(61.1%)と続く。

◇老後の生活に不安を感じる点(n=905) 複数選択 単位:%

◇老後の生活に不安を感じる点(n=905) 複数選択 単位:%

次に、回答者全員に老後の資金計画について尋ねたところ、「考えているが準備は不十分」が44.0%、「考えたいと思うがまだ始めていない」が32.3%という結果となった。「考えて準備もしている」という回答は11.6%と少数だった。一方、「考えているが準備は不十分」は、40代で54.5%と最も高く、来る老後に向けて限られた時間の中で、どのように準備を進めていくか、より現実的に考えはじめる世代といえるのではないか。

◇老後の資金計画について(n=1,000) 単位:%

◇老後の資金計画について(n=1,000) 単位:%

■公的年金への期待感、年々薄れ気味に。08年比3.0ポイント下回る

老後に支給される公的年金について、どの程度期待しているのだろうか。すでに年金を受け取っている人を除いて、公的年金への期待度を聞いた。その結果、「ある程度の生活の助けになると期待している」が36.9%、「あまり期待していない」が36.8%とほぼ同数となった。「公的年金だけで生活できると期待している」と「ある程度の生活の助けになると期待している」を合わせた“期待派”は40.3%となり、これは、2008年に実施した調査の43.3%を3.0ポイント下回っており、公的年金への期待感が薄れていることがわかる。なお、「公的年金だけで生活できると期待している」という回答は、わずか3.4%にとどまった。

◇公的年金への期待度(n=975) 単位:%

◇公的年金への期待度(n=975) 単位:%

同じ人たちに、定年後の経済生活についても尋ねた。「公的年金と、預貯金や個人年金で半々ぐらい」という回答が42.1%と最も多く、次いで、「大半を預貯金や個人年金でまかなう」が21.9%、「大半を公的年金でまかなう」が20.6%と続いた。この点からも、公的年金への期待度は低く、個人で生計を立てながら老後を過ごさざるを得ない将来が見え隠れする。

◇定年後の生活について(n=975) 単位:%

◇定年後の生活について(n=975) 単位:%

■公的年金の受け取り予定額、20代の半数以上が「把握していない」

実際、公的年金の受取り予定額を把握しているのだろうか。受け取り予定額について把握しているか聞いたところ、「だいたい把握している」が30.7%、「あまり把握していない」が29.8%と、これも拮抗する結果となった。一方、「把握していない」という回答も26.3%に上っており、とりわけ20代男女では、半数以上が「把握していない」と答えている(各52.0%、58.0%)。

◇公的年金の受取り予定額の把握について(n=975) 単位:%

◇公的年金の受取り予定額の把握について(n=975) 単位:%

■預貯金の実践率は6割。4人に1人が老後の資金対策「何もしていない」

次に、回答者全員に老後のお金のために現在していることを聞いた(複数選択可)。その結果、「預貯金(定期預金等)」が59.4%でトップの回答だった。次いで、「個人年金保険や生命保険」(39.7%)、「株式投資」(18.4%)が2、3位となった。「預貯金(定期預金等)」という回答は、年齢が上がるにつれ多くなる傾向がある。
 また、「何もしていない」という回答も25.2%あり、特に20代男女では、4割を超えている(各41.0%、42.0%)。ただし、この数字は男女ともに30代になると、それぞれ25.0%、33.0%と大きく下がることから、多くの人が老後の資金対策を始めるのは、おおむね30代からであることがわかる。

◇老後のお金のために現在していること(n=1,000) 複数選択 単位:%

◇老後のお金のために現在していること(n=1,000) 複数選択 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳〜69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2009年12月9日〜10日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4丁目13番9号楽天タワー2号館
マーケティング企画部 クライアントマーケティンググループ
E-mail: pm-rsch-clama@mail.rakuten.com

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
楽天グループのサービス
サービス一覧
お問い合わせ一覧
社会的責任[CSR]
関連サービス
おすすめ
【楽天カード】楽天スーパーポイントが2倍貯まるクレジットカード。年会費無料。
お買物・ポイント
旅行・エンタメ
マネー
暮らし・情報
ビジネス