クレジットカードに関する調査

2010年3月23日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、クレジットカードに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2月19日から23日まで、楽天リサーチ登録モニター(約180万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人の中からクレジットカード保有者を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
インターネットサービスが普及する中、なくてはならない決済手段となったクレジットカードだが、主に「一般カード」保有者が多く、利用期間も「3年以上」が6割超という結果だった。
一度使い始めたカードを切り替えるのはハードルが高く、カード各社は新規カード加入者を取り込むことがカギとなりそうだ。

■8割強が「一般カード」をメインカードとして利用
現在メインで利用しているクレジットカードのタイプで、最も多かったのは「一般カード」で、86.7%だった。特に、20代では男女ともに9割以上が「一般カード」と回答している(各94.0%、95.0%)。

■一度使い始めたカードを切り替えるのはハードルが高い?新規カード加入者の取り込みがカギ
メインで利用しているクレジットカードの利用期間は、「10年以上」が21.4%でトップ。3年以上が6割超(60.2%)を占める結果となった。その点、一度使い始めたカードを切り替えるのはハードルが高いことがわかり、カード各社は新規カード加入者を取り込むことがカギとなりそうだ。

■上級カードの利点を感じるシーンは、「空港を利用し、国内外を移動するとき」
ゴールド、プラチナ、ブラックのカードユーザーに、利用しようと思ったきっかけを聞いたところ(複数回答可)、トップの回答は「ポイントが貯めやすい」で41.7%だった。次いで「国内外での空港ラウンジ利用」と「海外旅行時の保険」がともに29.9%で2位となった。上級カードの利点を感じるシーンは、空港を利用し、国内外を移動するときであるようだ。

■クレジットカードの利用用途、7割近くがネットショッピング、
「携帯電話料金、インターネット接続料」も、ほぼカード払い
メインで利用しているクレジットカードの用途トップ3の回答は、「ショッピング(インターネット)」(68.4%)、「国内のショッピング(インターネットを含まない)」(61.1%)、「公共料金や携帯電話料金など固定費の支払い」(39.1%)となった。
「公共料金や携帯電話料金など固定費の支払い」にクレジットカードを利用する人のうち、「携帯電話料金、インターネット接続料などの通信費」の支払いは90.3%と突出して多く、「光熱費」の59.1%がそれに次いだ。

■一般カードユーザーの72.6%が上級カード「保有したくない」
一般カードをメインに利用している人に上級カードの保有意向について聞いたところ、「全く保有したくない」が40.4%、「どちらかといえば保有したくない」が32.2%で、保有意向がない人が
7割以上という結果となった。性年代別にみると、20代で保有意向が他の世代より高く、年代が上がるほど非保有意向が高くなる傾向が見受けられる。

■上級カードの年会費、出しても「5,000円」まで
ゴールドカードやプラチナカードの年会費の希望を、非保有意向者に聞いたところ、「5,000円以下」が44.2%という結果となったが、「年会費に関わらず、ゴールドカードや最上級カードを保有しようとは思わない」という回答も5割を超えており(53.3%)、一般カードユーザーと上級カードユーザーは層としてはっきり分かれている現状が明らかになった。

調査結果

8割強が「一般カード」をメインカードとして利用

はじめに、現在メインで利用しているクレジットカードのタイプを聞いたところ、圧倒的に多かったのが「一般カード」で、86.7%だった。「ゴールドカード」は12.3%、「プラチナカード・ブラックカードなどの最上級カード」はわずか0.4%にとどまった。特に、20代では男女ともに9割以上が「一般カード」と回答している(各94.0%、95.0%)。

◇メインで利用しているクレジットカードのタイプ(n=1,000)単位:%

◇メインで利用しているクレジットカードのタイプ(n=1,000)単位:%

一度使い始めたカードを切り替えるのはハードルが高い?新規カード加入者を取り込みがカギ

メインで利用しているクレジットカードの利用期間は、「10年以上」が21.4%でトップ、次いで「5年以上~10年未満」(19.5%)、「3年以上~5年未満」(19.3%)と続く。3年以上が6割超(60.2%)を占める結果となった。その点、一度使い始めたカードを切り替えるのはハードルが高いことがわかり、カード各社は新規カード加入者を取り込むことがカギとなりそうだ。

◇メインで利用しているクレジットカードの利用期間(n=1,000)単位:%

◇メインで利用しているクレジットカードの利用期間(n=1,000)単位:%

上級カードの利点を感じるシーンは、「空港を利用し、国内外を移動するとき」

ゴールド、プラチナ、ブラックのカードユーザーに、利用しようと思ったきっかけを聞いたところ(複数回答可)、トップの回答は「ポイントが貯めやすい」で41.7%だった。次いで「国内外での空港ラウンジ利用」と「海外旅行時の保険」がともに29.9%で2位となった。上級カードの利点を感じるシーンは、空港を利用し、国内外を移動するときであるようだ。

◇ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードを利用しようと思ったきっかけ(n=127) 複数選択 単位:%

◇ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードを利用しようと思ったきっかけ(n=127) 複数選択 単位:%

クレジットカードの利用用途、7割近くがネットショッピング、
「携帯電話料金、インターネット接続料」も、ほぼカード払い

次に、メインで利用しているクレジットカードの用途を全員にたずねた(複数回答可)。トップ3の回答は、「ショッピング(インターネット)」(68.4%)、「国内のショッピング(インターネットを含まない)」(61.1%)、「公共料金や携帯電話料金など固定費の支払い」(39.1%)となった。さらに、カードの利用用途で、「公共料金や携帯電話料金など固定費の支払い」と答えた人に具体的な支払い項目を聞いた(複数回答可)。結果は、「携帯電話料金、インターネット接続料などの通信費」が90.3%と突出して多く、「光熱費」の59.1%がそれに次いだ。「携帯電話料金、インターネット接続料などの通信費」は、50代男性では回答率100%になっているほか、30代女性でも97.4%と非常に高い結果となっている。一方の「光熱費」は、50代、60代女性に目立って多い(各 71.9%、80.5%)。家庭の主婦層が自分名義のカードで光熱費を支払っているということなのだろう。

◇メインで利用しているクレジットカードの用途(n=1,000)複数選択 単位:%

◇メインで利用しているクレジットカードの用途(n=1,000)複数選択 単位:%

◇固定費での用途(n=391)複数回答 単位:%

◇固定費での用途(n=391)複数回答 単位:%

一般カードユーザーの72.6%が上級カード「保有したくない」

現在、一般カードをメインに利用している人は、いずれゴールドカードやプラチナカードなどの上級カードに移行したいと考えているのだろうか。上級カードの保有意向について聞いたところ、「全く保有したくない」が40.4%、「どちらかといえば保有したくない」が32.2%で、保有意向がない人が7割以上という結果となった。
性年代別にみると、20代で保有意向が他の世代より高く、年代が上がるほど非保有意向が高くなる傾向が見受けられる。

◇ゴールドカード・プラチナカードの保有希望(n=867) 単位:%

◇ゴールドカード・プラチナカードの保有希望(n=867) 単位:%

上級カードの年会費、出しても「5,000円」まで、会費払ってまでは「保有したくない」

最後に、ゴールドカードやプラチナカードの年会費の希望を、非保有意向者に聞いた。「5,000円以下」が44.2%という結果となったが、「年会費に関わらず、ゴールドカードや最上級カードを保有しようとは思わない」という回答も5割を超えており(53.3%)、一般カードユーザーと上級カードユーザーは層としてはっきり分かれている現状が明らかになった。

◇ゴールドカード・プラチナカードの年会費の希望(n=629) 単位:%

◇ゴールドカード・プラチナカードの年会費の希望(n=629) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性別×年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年2月19日~23日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート