現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > ゴルフに関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2010年4月13日

ゴルフに関する調査

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営するゴルフ場予約サービス「楽天GORA」は、ゴルフに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2月17日から19日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約180万人)の中から、ゴルフをしたことがある1都3県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)に在住する20〜69歳の男女計2,334人を対象に行いました。

調査結果

■20代の半数以上が“初心者プレーヤー”、30代はゴルフ市場でも「失われた世代」か?

初めに、ゴルフ歴を聞いたところ、最も多い回答は「15年以上」で41.0%だった。次いで「5年以上〜10年未満」(14.7%)、「10年以上〜15年未満」(14.1%)と続く。年代別にみると、20代は3年未満が57.3%と半数以上を占め、ここ数年でゴルフを始めた人が多いことがわかる。一方、50代・60代は60%以上が15年以上プレーを続けているベテランプレーヤーとなっている。年代別の分析で興味深いのは、30代のプレー歴が、他の世代との年齢差を加味しても浅い点だ。これは、現在の30代が“就職氷河期”世代であり、当時の企業を取り巻く環境も厳しかったことが起因しているといえる。30代は、ゴルフ市場にとっても「失われた世代」と言えるのではないか。

◇ゴルフ歴

◇ゴルフ歴

◇年代別プレー歴

◇年代別プレー歴

■年代に比例してプレー回数頻度も上昇、60代の年間ゴルフ回数、「25回以上」が21.7%

次に、最近ゴルフ場でプレーをした時期を聞いたところ、「1ヶ月未満」が27.0%で最も多く、次いで「1ヶ月〜3ヶ月未満」(20.0%)、「3ヶ月〜半年未満」(13.3%)と続いた。ここ半年の間にプレーをした方の合計は60.3%だった。

◇最近ゴルフ場でプレーをした時期

◇最近ゴルフ場でプレーをした時期

直近1年以内にゴルフ場でプレーをしたプレーヤー1,686人に、ゴルフ場でのプレー回数を聞いたところ、「4回〜6回/年」が25.2%と最も多く、次いで「1回〜3回/年」が24.7%と続いた。
年代別にみると、20代が「1回〜3回/年」38.5%と最も多く、「4回〜6回/年」(27.0%)を合わせると6割を超える結果となり、2,3ヶ月に1回程度プレーをしていることが分かる。対照的に、60代以上では、「25回以上/年」が21.7%と、「13回〜24回」(18.2%)を合わせて約4割近くが、1ヶ月に1〜2回程度プレーをしていることが分かる。日本人ゴルフプレーヤーの活躍により、若い世代からも注目を集めるゴルフ市場であるが、年代に比例して、プレー回数頻度も上がっており、若年層にとって身近なスポーツになるには、まだ時間がかかりそうだ。

◇昨年1年間のゴルフ場でのプレー回数(n=1,686)

◇昨年1年間のゴルフ場でのプレー回数(n=1,686)

■約4割が1年前よりプレー回数が減少、20代は増加の兆しありゴルフ市場を下支え

ゴルフ歴が1年以上のプレーヤーに、最近のゴルフ場でのプレー状況を1年前と比較してどのように変化したか聞いたところ、「1年前と比べ、ゴルフ場でのプレー回数が減った」との回答が全体の43.5%だった。「1年前と比べ、ゴルフ場でのプレー回数が増えた」と回答した人は、16.9%に留まった。長引く景気の低迷や企業のコスト削減による接待ゴルフの減少など、様々な要因により、プレー環境が厳しくなっていることがわかる。
年代別にみると、どの年代も「1年前と比べ、プレー回数が減った」が最も多くなっているが、20代のみ37.8%と3割台に止まっている。また、「1年前に比べ、プレー回数が増えた」と回答した20代は31.7%となっており、他の年代に比べ、15〜20ポイント高い値となっている。このことからも20代など若い世代をいかに取り込み、プレー回数を増やしていくかがカギとなりそうだ。

◇1年前と比べたプレー回数の変化(n=2,190)

◇1年前と比べたプレー回数の変化(n=2,190)

■プレー費用は平均10,501円、回数増加傾向の20代、頻度多い60代は単価安い傾向に

ゴルフ場でのプレーに1回あたりどのくらいの料金を費やしているのであろうか。最も多かったのは、「5,000〜10,000円未満」で40.1%だった。次いで「10,000〜15,000円未満」(39.8%)、「15,000〜20,000円未満」10.1%と続く。加重平均値は、10,501円だった。
年代別みると、1回あたりのプレー料金が10,000円未満のユーザーが、20代、60代では半数を超えている。20代はプレー回数が増加傾向にあり、60代は他の年代に比べプレー回数が多い層となっていることから、共にプレー回数は多いが、1回あたりの単価は他の年代に比べ、抑えられている傾向にある。

◇ゴルフ場でのプレー費用

◇ゴルフ場でのプレー費用

※加重平均値は、「3,000円未満」:3,000円、「3,000〜5,000円未満」:4,000円、「5,000〜10,000円未満」:7,500円、「10,000〜15,000円未満」:12,500円、「15,000〜20,000円未満」:17,500円、「20,000円以上」:20,000円で算出

【調査概要】

調査エリア  :1都3県(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県)
調査対象者  :20〜69歳男女
回収サンプル数:2,334サンプル
調査期間   :2010年2月17日〜19日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4丁目13番9号楽天タワー2号館
マーケティング企画部 クライアントマーケティンググループ
E-mail: pm-rsch-clama@mail.rakuten.com

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出典元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート