夏のボーナスに関する調査

2010年5月21日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、夏のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、4月26日に楽天リサーチ登録モニター(約183万人)の中から、全国の20~69歳の会社員・公務員男女計1,250人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
企業の業績には回復基調が見られる中、今夏のボーナスは依然厳しい状況が続いている。消費者である受給者は、ボーナスを貯蓄に回す傾向が色濃く、未だ消費には消極的にも見える。消費者が景気回復を感じるには、まだ時間がかかりそうだ。

■今夏のボーナス、“支給予定”は前年比4.8ポイント増。しかし、3割以上が「金額は減りそう」
今夏のボーナス支給予定の有無は、「支給される予定」が67.6%と、「支給される予定はない」(19.5%)を大きく上回る結果となった。昨年の調査と比較すると、「支給される予定」が、4.8ポイント増えており、一方「支給される予定はない」が3.9ポイント減少している。今夏のボーナスの支給は、昨年に比べ回復傾向にあることがわかる。

■今夏のボーナス金額の増減、3割が「減りそう」。減少幅は改善傾向
ボーナスの金額の増減は、「昨年と変わらない」で25.9%だった。「減りそう」という回答の合計は32.8%で、「増えそう」(16.9%)の倍近い数値となった。昨年の調査結果と比較すると、「減りそう」は12.6ポイント減少し、「増えそう」は9.4ポイント増えている。今年の夏のボーナスの金額は、昨年に引き続き減少傾向にあるが、減少幅は改善傾向にあり、増加層も増えていることが分かる。

■用途は昨夏同様「貯蓄」がトップ。20~30代女性、より堅実に着々貯蓄。
今夏のボーナスの利用予定のトップは昨夏同様「貯蓄」で、41.2%だった。2位以下は、「旅行・レジャー」(25.6%)、「ローン・借金返済」(25.3%)、「生活費の補填」(22.7%)、「買物」(21.7%)と続いた。

■景気回復は未だ感ぜず、後退感より強く。ボーナスへの影響も
昨年と今年のボーナス支給時の景況感を聞いところ、「変わらない」が44.6%と最も多かったが、「後退傾向」が37.1%で「回復傾向」の18.4%のほぼ2倍の数値である。景気の後退感を肌身で感じている人が少なくないようだ。景気低迷や雇用不安の今年のボーナスへの影響度は、ほぼ6割の人が影響すると考えていることがわかった。

■買物は支給後1ヵ月以内に。購入する物は「衣類」「デジタル・AV機器」など
今夏のボーナスを「買物」に使うと回答した人に実際に使うタイミングを聞いたところ、「支給されてから1ヵ月の間」が47.0%でトップとなった。また、「支給されてから1週間の間」が14.2%と、“買い物はお早めに”済ませる方が6割以上という結果となった。ボーナス支給に向けて、欲しい商品をある程度見定め、支給に併せて購入する傾向が現れているのではないか。
具体的に購入するものは、「衣類」が63.9%でトップ、次いで「デジタル・AV機器」(50.8%)、「アクセサリー、バッグなどファッション小物」(35.0%)と続く。

調査結果

今夏のボーナス、“支給予定”は昨年対比4.8ポイント増。しかし、3割以上が「金額は減りそう」

はじめに、昨年の夏のボーナス支給の有無についてたずねた。「支給された」と回答した人は全体の73.6%で、「支給されなかった」の26.4%を大きく上回った。
では、今年の夏のボーナスはどうなるのだろうか。今夏のボーナス支給予定の有無を聞いたところ、「支給される予定」が67.6%と、「支給される予定はない」(19.5%)を大きく上回る結果となった。この結果を、昨年同時期に実施した調査と比較すると、「支給される予定」が、4.8ポイント増えており、一方「支給される予定はない」が3.9ポイント減少している。今夏のボーナスの支給は、昨年に比べ回復傾向にあることがわかる。

◇昨年夏のボーナス支給有無(n=1,250)単位:%

◇昨年夏のボーナス支給有無(n=1,250)単位:%

◇今年の夏のボーナス支給有無予定(n=1,250)複数回答 単位:%

◇今年の夏のボーナス支給有無予定(n=1,250)複数回答 単位:%

今夏のボーナス金額の増減、3割が「減りそう」。減少幅は改善傾向

続いて、ボーナスの金額の増減について聞いた。最も多かったのが、「昨年と変わらない」で25.9%だった。以下、「5万円以上10万円未満の範囲で減りそう」(7.7%)、「3万円以上5万円未満の範囲で減りそう」(6.9%)、「1万円以上3万円未満の範囲で減りそう」(6.7%)が続く。「減りそう」という回答の合計は32.8%で、「増えそう」(16.9%)の倍近い数値となった。
昨年の調査結果と比較すると、「減りそう」は12.6ポイント減少し、「増えそう」は9.4ポイント増えている。今年の夏のボーナスの金額は、昨年に引き続き減少傾向にあるが、減少幅は改善傾向にあり、増加層も増えていることが分かる。

◇昨年の夏のボーナスと比較した今年の夏のボーナスについて(n=821)単位:%

◇昨年の夏のボーナスと比較した今年の夏のボーナスについて(n=821)単位:%

用途は昨夏同様「貯蓄」がトップ。20~30代女性、より堅実に着々貯蓄。

次に、昨夏にボーナスを支給された人に利用用途をたずねたところ(複数選択)、約半数(49.6%)が「貯蓄」との回答だった。以下、「買物」(36.1%)、「旅行・レジャー」(31.7%)、「生活費の補填」(29.6%)、「ローン・借金返済」(25.5%)が続く結果となった。
性・年代別で見ると、「貯蓄」という回答はとりわけ女性に多く、男性の45.1%に対し66.8%と、20ポイント以上高くなっている。特に多いのが20代、30代の女性で、それぞれ71.3%、77.8%となった。

◇昨年の夏に支給されたボーナスの利用用途(n=920) 複数選択 単位:%

◇昨年の夏に支給されたボーナスの利用用途(n=920) 複数選択 単位:%

同じく、今夏のボーナスの利用予定についても聞いた。トップは昨夏同様「貯蓄」で、41.2%だった。2位以下は、「旅行・レジャー」(25.6%)、「ローン・借金返済」(25.3%)、「生活費の補填」(22.7%)、「買物」(21.7%)と続いた。
上位5位に「貯蓄」「ローン・借金返済」「生活費の補填」と、生活に直結した項目が3つ入っているのは昨夏と同じで、より景気刺激剤になりうる「買物」や「旅行・レジャー」がどこまで拡大するかが、カギになりそうだ。

◇今年の夏のボーナスの利用予定(n=845)複数選択 単位:%

◇今年の夏のボーナスの利用予定(n=845)複数選択 単位:%

景気回復は未だ感ぜず、後退感より強く。ボーナスへの影響も

回答者全員に、昨年と今年のボーナス支給時の景況感を聞いた。トップの回答は「変わらない」で44.6%だった。「やや後退傾向にあると感じる」(21.5%)がそれに続き、「かなり後退傾向にあると感じる」との合計は37.1%だった。これは、「かなり回復傾向にあると感じる」「やや回復傾向にあると感じる」を合わせた18.4%のほぼ2倍の数値である。景気の後退感を肌身で感じている人が少なくないようだ。

◇昨年の夏のボーナス時と比較した今年のボーナス時の景況感(n=1,250) 単位:%

◇昨年の夏のボーナス時と比較した今年のボーナス時の景況感(n=1,250) 単位:%

さらに景気低迷や雇用不安の今年のボーナスへの影響度を、この夏にボーナスが支給される予定のある人に聞いたところ、33.8%が「影響する」と回答した。これに「大きく影響する」を加えると59.8%となり、ほぼ6割の人が影響すると考えていることがわかった。一方、「あまり影響しない」と「まったく影響しない」の合計は、33.8%にとどまっている。

◇景気低迷や雇用不安の今年のボーナスへの影響度(n=845) 単位:%

◇景気低迷や雇用不安の今年のボーナスへの影響度(n=845) 単位:%

買物は支給後1ヵ月以内に。購入する物は「衣類」「デジタル・AV機器」など

先の質問で、今夏のボーナスの用途に「買物」と回答した人に実際に使うタイミングを聞いたところ、「支給されてから1ヵ月の間」が47.0%でトップとなった。また、「支給されてから1週間の間」が14.2%と、“買い物はお早めに”済ませる方が6割以上という結果となった。ボーナス支給に向けて、欲しい商品をある程度見定め、支給に併せて購入する傾向が現れているのではないか。

◇ボーナスを支給されてから実際に使うタイミングについて(n=183) 単位:%

◇ボーナスを支給されてから実際に使うタイミングについて(n=183) 単位:%

最後に、同じくボーナスの用途に「買物」と回答した人にどのような物を購入する予定かをたずねた(複数回答可)。その結果、「衣類」が63.9%でトップだった。次いで、「デジタル・AV機器」(50.8%)、「アクセサリー、バッグなどファッション小物」(35.0%)と続く。性年代別にみると、「衣類」は男女ともにトップで、「デジタル・AV機器」は男性で多く(各69.2%、68.0%)、「アクセサリー、バッグなどファッション小物」は女性に多い(80.8%)という結果となった。

◇どのようなものを今年の夏のボーナスで購入するか(n=183)複数選択 単位:%

◇どのようなものを今年の夏のボーナスで購入するか(n=183)複数選択 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女 会社員・公務員
回収サンプル数:1,250サンプル(年代均等割付 各セル250サンプル)
調査期間   :2010年4月26日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート