生命保険に関する調査

2010年6月21日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、生命保険に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、5月25日に楽天リサーチ登録モニター(約187万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
長期にわたり加入することで、将来への保障が担保される生命保険だが、現在加入する保険の満足度は比較的高く、生命保険の見直し派は3割に留まる。見直し理由は「保険料を安くしたい」が大半であり、「将来への保障」と「現在の家計」を天びんにかけざるを得ない様子がうかがえる。

■伝統的な保険会社が依然人気。加入理由トップは「病気やけがへの不安」
現在加入している生命保険会社(複数選択可)で最も多かったのは「共済」で26.9%だった。以下、「アフラック」(15.2%)、「日本生命」(14.2%)、「かんぽ生命(旧簡易保険)」(13.7%)、「第一生命」(10.0%)となっている。生命保険に加入したきっかけ(複数選択可)は、「病気やけがへの不安があるから」(54.5%)がトップの回答だった。

■生命保険、月額保険料は平均11,008円
現在加入している生命保険の月額保険料を聞いたところ、「10,000円~15,000円未満」が15.5%と最も多く、全体の加重平均値は11,008円だった。年代別の加重平均値は、20代が6,382円、30代が9,443円、40代が12,451円、50代が15,154円、60代が11,237円だった。

■一度加入した保険は長期加入が基本、健康にまつわる付帯サービスを希望
直近で加入した生命保険の時期を聞いたところ、最近加入したのは「10年以上前」が37.5%とトップで、一度加入した保険は、途中で切り替えることはせず、長期間加入し続けるという傾向が見て取れる。
また、生命保険に期待する付帯サービス(複数選択可)について聞いたところ、特に多かった回答は、「所定施設での人間ドック等の割引サービス」(27.7%)、「加入者限定の生活習慣病等の疾病予防プログラム」(22.3%)だった。一方、「特にいらない」という回答も48.1%に上った。

■生命保険の申し込み方法、従来型の対面方式が主流、ネット申し込みは少数にとどまる
生命保険の申し込み方法(複数選択可)で最も多かったのは、「保険会社の営業経由で加入」で、男性の30代以上、女性の50代以上の各層で3割を超えている。また、男性50代以上は、「職場経由で加入」が他の世代に比べ多い点も特徴だ。一方、男性の20代と女性の30代では「インターネット(PC)経由で加入」という回答が他の世代に比べて多い(それぞれ18%、16%)。

■保険の見直し派は3割。見直し理由は「保険料を安くしたい」が約8割に。
生命保険の見直し意向については、「見直しをする必要はない」が突出して多く42.5%で、 “見直し派”は30.3%にとどまった。
その“見直し派”に生命保険の見直しを考える理由を尋ねたところ(複数回答可)、「保険料を安くしたい」が約8割(76.9%)という結果となった。

■加入している保険会社“満足派”は40.4%、生保に併せて「自動車保険」、「医療保険」も加入
現在加入している保険会社の満足度は、「どちらともいえない」が52.1%、 “満足派”が40.4%、 “不満派”が7.5%という結果となった。一度加入するとその後は日常的に意識されることがほとんどないという生命保険商品の特性上、満足度を決定する材料が乏しく、それが回答の傾向にあらわれているように感じられる。
現在並行して加入している他の保険について聞いたところ、「自動車保険」(52.3%)、「医療保険」(45.7%)、「火災保険」(40.6%)がトップ3の回答となった。

調査結果

伝統的な保険会社が依然人気。加入理由トップは「病気やけがへの不安」

現在加入している生命保険会社(複数選択可)で最も多かったのは「共済」で26.9%だった。以下、「アフラック」(15.2%)、「日本生命」(14.2%)、「かんぽ生命(旧簡易保険)」(13.7%)、「第一生命」(10.0%)となっている。民間企業では、外資系であるアフラックがトップという結果になった。それ以外は、共済も含め、伝統的な保険会社の人気が、依然根強いことがわかる。

◇現在加入している生命保険会社(n=1,000)複数選択 単位:%

◇現在加入している生命保険会社(n=1,000)複数選択 単位:%

生命保険に加入したきっかけ(複数選択可)は、「病気やけがへの不安があるから」(54.5%)がトップの回答となり、次いで「自分の年齢を考えて」(20.5%)、「保険のセールスの人の勧めで」(19.8%)が2、3位となった。
性・年代別で見ると、「病気やけがへの不安があるから」は女性の40、60代で、「自分の年齢を考えて」は男性の60代で、「保険のセールスの人の勧めで」は男性の30代、女性の50代以上で特に多くなっている。

◇生命保険に加入したきっかけ(n=1,000)複数選択 単位:%

◇生命保険に加入したきっかけ(n=1,000)複数選択 単位:%

生命保険、月額保険料は平均11,008円

次に、現在加入している生命保険の月額保険料を聞いたところ、「10,000円~15,000円未満」が15.5%と最も多く、次いで、「3,000円~5,000円未満」(14.9%)、「1,000円~3,000円未満」(13.7%)となった。15,000円未満が全体の約7割(66.8%)となっている。全体の加重平均値は11,008円だった。また、およそ1割(10.5%)の人が「わからない」と回答している。
これを、年代別にみると20代は「1,000円~5,000円未満」、30代以降は「10,000~15,000円未満」と、一気に月額保険料が上昇していることがわかる。年代別の加重平均値は、20代が6,382円、30代が9,443円、40代が12,451円、50代が15,154円、60代が11,237円だった。

◇現在加入している生命保険の月額保険料について(n=1,000) 単位:%

◇現在加入している生命保険の月額保険料について(n=1,000) 単位:%

一度加入した保険は長期加入が基本

直近で加入した生命保険の時期について聞いたところ、最近加入したのは「10年以上前」が37.5%でトップ、「5~10年以内」(21.9%)がそれに続いた。一度加入した保険は、途中で切り替えることはせず、長期間加入し続けるという傾向が見て取れる。
また、生命保険に期待する付帯サービス(複数選択可)について聞いたところ、特に多かった回答は、「所定施設での人間ドック等の割引サービス」(27.7%)、「加入者限定の生活習慣病等の疾病予防プログラム」(22.3%)、「24時間健康電話相談」(15.9%)などだった。一方、「特にいらない」という回答も48.1%に上った。性・年代別で見ると、「所定施設での人間ドック等の割引サービス」が、女性の30、50代でとりわけ多いことがわかる(それぞれ39.0%、36.0%)。

◇生命保険に最も最近加入した時期(n=1,000)単位:%

◇生命保険に最も最近加入した時期(n=1,000)単位:%

◇生命保険に期待する付帯サービス(n=1,000)複数選択 単位:%

◇生命保険に期待する付帯サービス(n=1,000)複数選択 単位:%

生命保険の申し込み方法は従来型の対面方式が主流、ネット申し込みは少数にとどまる

生命保険の申し込み方法(複数選択可)で最も多かったのは、「保険会社の営業経由で加入」で28.3%だった。次いで「知り合いを通じて加入」(24.3%)、「保険代理店(店舗)経由で加入」(18.8%)がそれに続く。加入についても従来型の対面方法がまだまだ主流のようで、ネットや電話での自主的な申し込みは少数にとどまっている(それぞれ9.2%、7.2%)。
性・年代別では、「保険会社の営業経由で加入」は、男性の30代以上、女性の50代以上の各層で3割を超えている。また、男性50代以上は、「職場経由で加入」が他層に比べ多い点も特徴だ。一方、男性の20代と女性の30代では「インターネット(PC)経由で加入」という回答が他の層に比べて多い(それぞれ18%、16%)。

◇生命保険の申し込み方法(n=1,000)複数選択 単位:%

◇生命保険の申し込み方法(n=1,000)複数選択 単位:%

保険の見直し派は3割。見直し理由は「保険料を安くした」が約8割に。

生命保険の見直し意向について尋ねた。その結果、「見直しをする必要はない」が突出して多く42.5%で、2位の「わからない」(27.5%)を大きく引き離した。「ぜひ見直したい」と「見直しを考えている」を合わせた“見直し派”は30.3%にとどまった。
その“見直し派”に生命保険の見直しを考える理由を尋ねたところ(複数回答可)、「保険料を安くしたい」が約8割(76.9%)という結果となった。以下、「新しい保障に対応するため」(23.8%)、「他によい保険商品があったから」(19.8%)、「ライフステージが変わったため」(18.5%)などとなっている。

◇生命保険の見直しについて(n=1,000) 単位:%

◇生命保険の見直しについて(n=1,000) 単位:%

◇生命保険の見直しを考える理由(n=303)複数選択 単位:%

◇生命保険の見直しを考える理由(n=303)複数選択 単位:%

加入している保険会社“満足派”は40.4%、生保に併せて「自動車保険」、「医療保険」にも

現在加入している保険会社の満足度は、「どちらともいえない」が52.1%、「やや満足している」と「とても満足している」を合わせた“満足派”が40.4%、「やや不満である」と「かなり不満である」を合わせた“不満派”が7.5%という結果となった。一度加入するとその後は日常的に意識されることがほとんどないという生命保険商品の特性上、満足度を決定する材料が乏しく、それが回答の傾向にあらわれているように感じられる。

◇現在加入している保険会社の満足度(n=1,000) 単位:%

◇現在加入している保険会社の満足度(n=1,000) 単位:%

最後に、現在並行して加入している他の保険について聞いた。その結果は、「自動車保険」(52.3%)、「医療保険」(45.7%)、「火災保険」(40.6%)がトップ3の回答となった。「生命保険以外は加入していない」という回答も12.5%に上っている。

◇現在加入している他の保険(n=1,000) 複数選択 単位:%

◇現在加入している他の保険(n=1,000) 複数選択 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女 生命保険加入者
回収サンプル数:1,000サンプル(年代均等割付 各セル250サンプル)
調査期間   :2010年5月25日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート