電子書籍に関する調査

2010年6月25日

楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する「楽天ブックス」は、電子書籍に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、6月9日から6月10日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約187万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
iPadの発売以降、一気に身近な存在となった“電子書籍”だが、昨年9月に実施した調査に比べ、利用意向者が飛躍的に伸びる結果となった。コンテンツの価格も、無料(0円)は7.5%に留まり、優良なコンテンツには、一定の価格を払ってでも利用したいという結果となった。端末の普及とリッチコンテンツの拡大により、情報チャネルの新たな可能性が広がるのではないか。

■書籍購入の決め手「好きな著者の作品だったから」がトップ
書籍を購入する際、何が購入の決め手になるかを聞いたところ、最も多い回答は「好きな著者の作品だったから」で56.3%だった。性別で見ると、男性は「タイトルに興味があったから」(56.4%)、女性は「好きな著者の作品だったから」(61.2%)がトップとなっており、男女間で書籍の購入における心理の違いについても見受けられる。特にタイトルや著者による”指名買い”は若い世代に多い傾向がある。

■7割強が電子書籍を認知、「全く知らない」は3.8%のみと前回調査より減少
電子書籍の認知度を聞いたところ、「やや知っている」が53.2%とトップで、「よく知っている」との合計で72.7%と大半の人が電子書籍について認知していることが分かった。昨年調査と比較すると、「全く知らない」が4.9ポイント減少している点も特徴だ。

■電子書籍の利用意向者合計は64.3%
続いて、電子書籍の利用意向を聞いたところ、「利用したことは無いが、今後利用したい」が53.5%となっており、利用意向者の合計は64.3%と前回調査より17.9ポイント増加した。一方、非利用意向者の合計が、53.6%から35.7%と17.9ポイントの大幅減となった。

■「軽く、すぐに、安く」が電子書籍を利用したい理由の3大要素に
利用意向のある方に、なぜ電子書籍を使いたいのかを聞いたところ、「何冊も書籍を持ち運ぶ必要がなく、手軽になるから」(64.5%)がトップだった。非利用意向の方の理由では、「電子画面で文字を読むのが疲れるから」が61.3%とトップとなっており、やはり画面で文字を見るということに抵抗がある方が多いようだ。

■iPadなどのタブレット型多機能携帯端末に期待
保有する端末を聞いたところ、「パソコン」が最も多く89.7%だった。次いで「携帯電話の端末」(75.4%)、「スマートフォン」(6.6%)と続く。次に、電子書籍を読むのに使用したい端末を聞いたところ、「パソコン」が54.3%とトップになっているものの、続いて「iPadなどのタブレット型多機能携帯端末」も42.3%と、現在の話題を象徴する結果となった。逆に、「キンドルなどの電子ブックリーダー専用端末」は9.3%と、圧倒的なiPadの知名度に比べ、日本においては期待値が低い結果となった。

■電子書籍端末は「5,000円以下」を希望
電子書籍の利用意向がある人に、専用端末がいくらであれば購入するかを聞いたところ、「5,000円以下」が38.7%と最も多かった。現在、販売されている端末の価格に比べ、商品によっては半値や6分の1程度の価格となっている。今後ますます市場が拡大すると想定される電子書籍端末市場において、メーカーは“費用対機能”で、いかに購入者をひき付けられるかがカギとなりそうだ。

■電子書籍のコンテンツ購入は「単品購入」で、「201円~300円」は払ってもよい
電子書籍のコンテンツの課金方法は、「単品購入」が75.6%と最も多かった。一般的になじみのある単品の購入方法が圧倒的な支持を得ているのが実態だが、今後のサービス展開や電子書籍の普及によっては、課金や購入方法の選択肢の幅も広がるのではないか。
また、電子書籍の1アイテム当たりの購入価格について聞いたところ、「201円~300円」が25.0%と最も多く、次いで「101円~200円」(19.3%)、「51円~100円」(15.4%)と続いた。無料(0円)は7.5%に留まり、優良なコンテンツには、一定の価格を払ってでも利用したいという表われのようだ。

■電子書籍は価格だけでなく、コンテンツの充実にも期待
電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイントを聞いたところ、「コンテンツ価格」(73.7%)に続き、「読みやすさ」(71.2%)、「コンテンツの品揃え」(60.5%)という結果となった。また、電子書籍にどのような機能があると利用してみたいと思うかを聞いたところ、「インターネット検索が出来る機能」が59.3%でトップだった。

調査結果

書籍購入の決め手「好きな著者の作品だったから」がトップ、立ち読みで検討も約半数

はじめに、書籍を購入する際、何が購入の決め手になるかを聞いたところ、最も多い回答は「好きな著者の作品だったから」で56.3%だった。次いで「タイトルに興味があったから」(54.8%)、「立ち読みなど、書籍の中身を確認して」(49.4%)が続いた。
性別で見ると、男性は「タイトルに興味があったから」(56.4%)、女性は「好きな著者の作品だったから」(61.2%)がトップとなっており、男女間で書籍の購入における心理の違いについても見受けられる。特にタイトルや著者による”指名買い”は若い世代に多い傾向がある。

◇書籍を購入する際の参考元(n=1,000)複数回答 単位:%

◇書籍を購入する際の参考元(n=1,000)複数回答 単位:%

7割強が電子書籍を認知、「全く知らない」人は3.8%のみで前回調査より減少

次に、電子書籍の認知度を聞いたところ、「やや知っている」が53.2%とトップで、「よく知っている」との合計で72.7%と大半の人が電子書籍について認知していることが分かった。昨年調査と比較すると、「全く知らない」が4.9ポイント減少している点も特徴だ。

◇電子書籍の認知度(n=1,000) 単位:%

◇電子書籍の認知度(n=1,000) 単位:%

電子書籍は注目の的!?利用意向において「今後利用したい」が53.5%

続いて、電子書籍の利用意向を聞いたところ、「利用したことは無いが、今後利用したい」が53.5%となっており、利用意向者の合計は64.3%と前回調査より17.9ポイント増加した。一方、非利用意向者の合計が、53.6%から35.7%と17.9ポイントの大幅減となった。

◇電子書籍の利用意向(n=1000) 単位:%

◇電子書籍の利用意向(n=1000) 単位:%

「軽く、すぐに、安く」が電子書籍を利用したい理由の3大要素に

次に利用意向のある方に、なぜ電子書籍を使いたいのかを聞いたところ、「何冊も書籍を持ち運ぶ必要がなく、手軽になるから」(64.5%)がトップだった。次いで「すぐに欲しい書籍を購入し、手元にダウンロードすることができるから」(52.4%)、「1冊当たりの単価が下がり、購入するコストを抑えることができるようになると思うから」(48.4%)という結果となった。

◇電子書籍を利用したい理由(n=643)複数回答 単位:%

◇電子書籍を利用したい理由(n=643)複数回答 単位:%

逆に利用意向のない方に、なぜ電子書籍を利用したくないかを聞いたところ、「電子画面で文字を読むのが疲れるから」が61.3%とトップとなっており、続いて「紙で読む習慣がついているから」(55.5%)、「読んだ気がしないから」(25.8%)という結果となった。やはり画面で文字を見るということに抵抗がある方が多いようだ。

◇電子書籍を利用したくない理由(n=357)複数回答 単位:%

◇電子書籍を利用したくない理由(n=357)複数回答 単位:%

iPadなどのタブレット型多機能携帯端末に期待

では、どのような端末で電子書籍を読みたいであろうか。
まず、自身が保有する端末を聞いたところ、「パソコン」が最も多く89.7%だった。次いで「携帯電話の端末」(75.4%)、「スマートフォン」(6.6%)と続く。
次に、電子書籍を読むのに使用したい端末を聞いたところ、「パソコン」が54.3%とトップになっているものの、続いて「iPadなどのタブレット型多機能携帯端末」も42.3%と、現在の話題を象徴する結果となった。逆に、「キンドルなどの電子ブックリーダー専用端末」は9.3%と、圧倒的なiPadの知名度に比べ、日本においては期待値が低い結果となった。

◇自身で保有する端末(n=1000)複数回答 単位:%

◇自身で保有する端末(n=1000)複数回答 単位:%

◇電子書籍を読むのに使用したい端末(n=643)複数回答 単位:%

◇電子書籍を読むのに使用したい端末(n=643)複数回答 単位:%

電子書籍端末は「5,000円以下」を希望

電子書籍の利用意向がある人に、専用端末がいくらであれば購入するかを聞いた。その結、「5,000円以下」が38.7%と最も多く、次いで「5,001円~10,000円」(24.6%)、「10,001円~15,000円」(15.6%)と続く。現在、販売されている端末の価格に比べ、端末によっては半値や6分の1程度の価格となっている。今後ますます市場が拡大すると想定される電子書籍端末市場において、メーカーは“費用対機能”で、いかに購入者を惹きつけられるかがカギとなりそうだ。

◇電子書籍の専用端末(n=643) 単位:%

◇電子書籍の専用端末(n=643) 単位:%

電子書籍のコンテンツ購入は「単品購入」で、「201円~300円」は払ってもよい

続いて、電子書籍のコンテンツの価格について聞いた。課金方法については、「単品購入」が75.6%と最も多く、次いで「レンタル方式」(23.0%)、「月額固定支払い方式」(19.9%)だった。一般的になじみのある単品の購入方法が圧倒的な支持を得ているのが実態だが、今後のサービス展開や電子書籍の普及によっては、課金や購入方法の選択肢の幅も広がるのではないか。

◇電子書籍の課金方法(n=643) 複数回答 単位:%

◇電子書籍の課金方法(n=643) 複数回答 単位:%

また、電子書籍の1アイテム当たりの購入価格について聞いたところ、「201円~300円」が25.0%と最も多く、次いで「101円~200円」(19.3%)、「51円~100円」(15.4%)と続いた。無料(0円)は7.5%に留まり、優良なコンテンツには、一定の価格を払ってでも利用したいという表われのようだ。

◇電子書籍1アイテムあたりの価格(n=643) 単位:%

◇電子書籍1アイテムあたりの価格(n=643) 単位:%

電子書籍は価格だけでなく、コンテンツの充実にも期待

電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイントを聞いたところ、「コンテンツ価格」(73.7%)に続き、「読みやすさ」(71.2%)、「コンテンツの品揃え」(60.5%)という結果となった。端末自体の価格や機能性以上に、サービスやコンテンツ利用におけるポイントを重視する傾向があるように見受けられる。

◇電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイント(n=643)複数回答 単位:%

◇電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイント(n=643)複数回答 単位:%

また、電子書籍にどのような機能があると利用してみたいと思うかを聞いたところ、「インターネット検索が出来る機能」が59.3%でトップとなっており、次いで「しおり(ブックマーク)機能」58.0%、「文字の拡大・縮小ができる機能」(54.3%)と続く。

◇電子書籍に求める機能(n=643)複数回答 単位:%

◇電子書籍に求める機能(n=643)複数回答 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年6月9日~6月10日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート