住宅ローンに関する調査

2010年9月21日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、住宅ローンに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月24日から25日まで、楽天リサーチ登録モニター(約190万人)の中から、住宅の購入を検討している全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総括】
今回の調査で、低金利時代を反映し、将来の金利上昇に影響されない「完全固定金利型」(54.1%)の人気が高い結果となった。「完全固定金利型」を選択することにより、将来の安心を確保したいというニーズが伺われる結果となった。

■準備する頭金の予定金額は「購入金額の10%程度」がトップ
住宅購入に当たって準備する頭金の予定金額は、「購入金額の10%程度」が最も多く16.7%となった。次に「購入金額の30%程度」(15.9%)となっており、その次に「即金で全額を支払う」(15.6%)となっている。「頭金なし」という回答も9.5%あった。60代に限定すると「即金で全額を支払う」が35%となっており、退職金で住宅を購入するという傾向がうかがえる。

■借り入れ予定金額は「1,001万円~2,000万円以内」が約3割となりトップ
購入時の金融機関や会社からの借り入れ予定額は、「1,001万円~2,000万円以内」が29.1%でトップであった。次いで、「2,001万円~3,000万円以内」が26.1%となっており、「1,001万円から3,000万円以内」の借り入れ金額で過半数(55.2%)を占める結果となった。

■将来の金利上昇に左右されない「完全固定金利型」が人気
借り入れのタイプは、金利設定は高めだが将来の金利上昇に影響されない「完全固定金利型」が最も多く54.1%であった。次に、金利低下のメリットを享受できるが金利上昇のリスクもある「変動金利型」が39.9%となり、一定期間を固定金利で借り入れ、固定期間終了後に固定金利か変動金利かを選ぶ「固定期間選択型」(32.1%)となっている。借り入れ予定時期が2年以内の方に限定すると全体の60%が「完全固定金利型」を選択しており、金利が低い間に返済額を確定させ将来の安心を確保したいというニーズがうかがえる結果となった。

■「借り入れ時の費用が多少多くなっても、毎月の返済額を少しでも抑えたい」人が多数派
ローン借り入れ時の費用(金利、手数料)は、「借り入れ時の費用が多少多くなっても、毎月の返済額を少しでも抑えたい」(58.8%)という回答が「毎月の返済が多少多くなっても、借り入れ時の負担を抑えたい」(41.2%)を17ポイント程度上回った。少しでも毎月の負担を少なくしたい傾向が支持された結果となった。

調査結果

準備する頭金の予定金額は「購入金額の10%程度」がトップ

住宅購入に当たって準備する頭金の予定金額は、「購入金額の10%程度」が最も多く16.7%となった。次に「購入金額の30%程度」(15.9%)となっており、その次に「即金で全額を支払う」(15.6%)となっている。「頭金なし」という回答も9.5%あった。
また、60代に限ると「即金で全額を支払う」が35%となっており、退職金で住宅購入という傾向がうかがえる。

◇準備する頭金の金額(予定)(n=1,000) 単位:%

◇準備する頭金の金額(予定)(n=1,000) 単位:%

借り入れ予定金額は「1,001万円~2,000万円以内」が約3割となりトップ

購入時の金融機関や会社からの借り入れ予定額は、「1,001万円~2,000万円以内」が29.1%でトップであった。次いで、「2,001万円~3,000万円以内」が26.1%となっており、「1,001万円から3,000万円以内」の借り入れ金額で過半数(55.2%)を占める結果となった。

◇金融機関・会社から借り入れる金額(n=844) 単位:%

◇金融機関・会社から借り入れる金額(n=844) 単位:%

将来の金利上昇に左右されない「完全固定金利型」が人気

借り入れのタイプは、金利設定は高めだが将来の金利上昇に影響されない「完全固定金利型」が最も多く54.1%であった。次に、金利低下のメリットを享受できるが金利上昇のリスクもある「変動金利型」が39.9%となり、一定期間を固定金利で借入れ、固定期間終了後に固定金利か変動金利かを選ぶ「固定期間選択型」(32.1%)となっている。借り入れ予定時期が2年以内の方に限定すると全体の60%が「完全固定金利型」を選択しており、金利が低い間に返済額を確定させ将来の安心を確保したいというニーズがうかがえる結果となった。

◇金融期間・会社から借り入れるタイプ(n=730)複数選択 単位:%

◇金融期間・会社から借り入れるタイプ(n=730)複数選択 単位:%

返済予定期間は、「20年以内」が44.9%でトップとなった。次いで、「35年以内」(29.7%)、「10年以内」(24.2%)がそれに続いている。

◇返済予定期間(n=730) 単位:%

◇返済予定期間(n=730) 単位:%

借り入れ先を選ぶ理由、顕著に多かったのは「金利の低さ」

借り入れ先を選ぶ理由は、「金利の低さ」を1位に挙げた人が70.0%と、他の項目と比べて顕著に多かった。2位として多かったのは「事務手数料の安さ」で24.9%。次いで、3位「金利手数料を含めた総支払額」(13.0%)、4位「金利機関の信頼度」(10.8%)、5位「借入期間中の繰上返済の自由度」(12.5%)が、それぞれの順位内におけるトップの回答となっている。

◇借り入れ先を選ぶ主な理由(n=730)優先順位5位まで 単位:%

◇借り入れ先を選ぶ主な理由(n=730)優先順位5位まで 単位:%

「借り入れ時の費用が多少多くなっても、毎月の返済額を少しでも抑えたい」人が多数派

ローン借り入れ時の費用(金利、手数料)は、「借り入れ時の費用が多少多くなっても、毎月の返済額を少しでも抑えたい」(58.8%)という回答が「毎月の返済が多少多くなっても、借り入れ時の負担を抑えたい」(41.2%)を17ポイント程度上回った。少しでも毎月の負担を少なくしたい傾向が支持された結果となった。

◇住宅ローン借り入れに関する費用について(n=730) 単位:%

◇住宅ローン借り入れに関する費用について(n=730) 単位:%

住宅ローンの今後の金利、「あまり変わらない」との予測がトップ

今後の住宅ローンの金利予測について聞いたところ、「あまり変わらない」が39.6%でトップとなった。次いで、「やや上昇」(25.9%)、「低下するが、そのうち上昇する」(24.0%)がそれに続いた結果となった。

◇今後の住宅ローンの金利について(n=1,000) 単位:%

◇今後の住宅ローンの金利について(n=1,000) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :住宅の購入を検討している20~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年8月24日~25日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート