“人事担当者に聞く”12年新卒採用に関する調査

2010年10月4日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営する「みんなの就職活動日記」は、2012年新卒採用に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月10日から9月12日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約197万人)の中から、全国の20~69歳の男女計800人の人事担当者を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
10月からいよいよ本格化する2012年度の新卒採用だが、引き続き就職氷河期は継続する見込みだ。採用人数においては「横ばい」が約半数という結果になったが、「減らす」企業はもう一段階採用数を縮小する傾向にあり、企業の慎重な姿勢をうかがい知ることができる。企業の海外進出が加速する中、外国人学生の採用については31.9%の企業が予定している。日本人学生は折からの氷河期に加え、外国人学生と肩を並べて、今年も厳しい就職戦線に挑むことになる。

■今年の採用数、昨年比「横ばい状態」が半数。依然として厳しい就職戦線か
2012年卒の新卒採用人数について聞いたところ、「昨年に比べ採用人数は横ばい予定」(49.5%)でトップだった。昨年秋に実施した同様の調査を比較したところ、「減らす」との回答が7.2ポイントの減少し、「増やす」との回答が3.4ポイント増加しており、新卒採用の回復と見えがちだが、「横ばい」が半数近い数字となっており、依然として学生にとっては厳しい就職戦線になることは間違いないようだ。

■昨年と比較した採用人数、減少率・増加率ともに、一段と悪化
「昨年に比べ採用人数は減らす予定」と回答した方に、昨年と比較して具体的にどのくらい採用人数を減らす予定かを聞いたところ、「21%~30%減」(24.3%)がトップ、一方「昨年に比べ採用人数は増やす予定」と回答した方にどのくらい増やすかを聞いたところ、「1%~10%増」(35.9%)がトップだった。昨年に比べ、最も多い回答の減少率・増加率は、ともにもう一段階悪化しており、この点からも企業の新卒採用への慎重な姿勢をうかがい知ることができる。

■やっぱりまだまだ「氷河期」続く。雪解けは見られず
人事採用担当者から見た2012年の就職戦線についてズバリ!聞いたところ、「氷河期」が51.8%でトップ、次いで「どちらでもない」(30.9%)、「超氷河期」(11.7%)という結果となった。昨年秋に実施した調査とほぼ同様の結果となっており、引き続き厳しい寒さが継続する就職戦線となりそうだ。

■今年の外国人学生の採用、「採用予定」は31.9%、採用数はやや増の傾向も?!
企業の海外進出や国際化が進む昨今、外国人学生の採用についてはどのような動きがあるか、外国人学生の採用の有無について聞いたところ、「これまでも採用していないし、今年も採用予定はない」が58.1%と半数以上を超えトップだった。次いで「これまでも採用しているし、今年も採用する予定」(28.2%)、「これまでは採用しているが、今年は採用する予定はない」(9.9%)という結果となった。新たに採用を検討している企業は3.7%だった。

■2011年度の新卒採用は65%の企業がすでに終了。
2011年度の新卒採用に関しての状況を聞いたところ、「規程数に達したため、すでに終了している」(60.6%)がトップとなった。「規程数に達していないが、すでに終了している」(4.9%)と合わせると、すでに終了している企業は65.5%と半数を超える結果となった。

■「エントリー数が増えた」「説明会等イベントの参加者が増えた」など就職活動への意欲は向上!
学生の意識についての変化については、「エントリー数が増えた」が42.3%でトップ。続いて「説明会等イベントの参加者が増えた」(32.6%)という結果となった。

■採用担当者が人を見るときのポイントトップ3は「話し方」、「表情」、「立ち振る舞い」。
採用担当者として、まず人を見るときの注意点では、「話し方」(33.4%)、「表情」(26.5%)、「立ち居振る舞い」(23.8%)という結果となった。また、経済産業省が掲げる「社会人基礎力」の中で、新卒に求める要素として重視するものという点では、「主体性」(56.4%)、「柔軟性」(44.1%)、「実行力」(42.7%)がトップ3という結果となった。

調査結果

今年の採用数、昨年比「横ばい状態」が半数。依然として厳しい就職戦線か

はじめに、2012年卒の新卒採用人数について聞いたところ、「昨年に比べ採用人数は横ばい予定」(49.5%)、「昨年に比べ採用人数は減らす予定」(14.4%)、「昨年に比べ採用人数は増やす予定」(12.9%)という結果となった。
昨年秋に実施した同様の調査を比較したところ、「減らす」との回答が7.2ポイントの減少し、「増やす」との回答が3.4ポイント増加しており、新卒採用の回復と見えがちだが、「横ばい」が半数近い数字となっており、依然として学生にとっては厳しい就職戦線になることは間違いないようだ。

◇昨年と比較した新卒採用人数の増減(n=800) 単位:%

◇昨年と比較した新卒採用人数の増減(n=800) 単位:%

昨年と比較した採用人数、減少率・増加率ともに、一段と悪化。

「昨年に比べ採用人数は減らす予定」と回答した方に、昨年と比較して具体的にどのくらい採用人数を減らす予定かを聞いたところ、「21%~30%減」(24.3%)がトップ、続いて「11%~20%減」(20.0%)、「51%以上減」(17.4%)が続く結果となった。
一方、「昨年に比べ採用人数は増やす予定」と回答した方にどのくらい増やすかを聞いたところ、「1%~10%増」(35.9%)がトップ、続いて「11%~20%増」(30.1%)、「51%以上増」(15.5%)という結果となった。
昨年に比べ、最も多い回答の減少率・増加率は共にもう一段階悪化しており、この点からも企業の新卒採用への慎重な姿勢をうかがい知ることができる。

◇昨年と比較した採用人数の予定減少率(n=115) 単位:%

◇昨年と比較した採用人数の予定減少率(n=115) 単位:%

◇昨年と比較した採用人数の予定増加率(n=103) 単位:%

◇昨年と比較した採用人数の予定増加率(n=103) 単位:%

やっぱりまだまだ「氷河期」続く。雪解けは見られず

次に人事採用担当者から見た2012年の就職戦線についてズバリ!聞いたところ、「氷河期」が51.8%でトップ、次いで「どちらでもない」(30.9%)、「超氷河期」(11.7%)という結果となった。昨年秋に実施した調査とほぼ同様の結果となっており、引き続き厳しい寒さが継続する就職戦線となりそうだ。

◇2012年度卒の就職戦線について(n=614) 単位:%

◇2012年度卒の就職戦線について(n=614) 単位:%

今年の外国人学生の採用、「採用予定」は31.9%、採用数はやや増の傾向も?!

企業の海外進出や国際化が進む昨今、外国人学生の採用についてはどのような動きがあるのであろうか。外国人学生の採用の有無について聞いたところ、「これまでも採用していないし、今年も採用予定はない」が58.1%と半数以上を超えトップだった。次いで「これまでも採用しているし、今年も採用する予定」(28.2%)、「これまでは採用しているが、今年は採用する予定はない」(9.9%)という結果となった。新たに採用を検討している企業は3.7%だった。

◇外国人学生の採用について(n=614) 単位:%

◇外国人学生の採用について(n=614) 単位:%

また、前問で「これまでも採用しているし、今年も採用する予定」の方に、2011年度卒採用と比較した、2012年度卒採用の外国人学生が占める割合の変化について聞いた。その結果「外国人の学生の割合は、変わらない予定」が79.2%と全体の約8割を占めており、続いて「外国人の学生の割合は、やや増える予定」(14.5%)、「外国人の学生の割合は、やや減る予定」(3.5%)という結果となった。外国人採用を例年行っている企業でも、現時点ではその採用枠を広げる動きは少ないようだ。

◇2012年卒採用の新卒採用における、外国人の学生が占める割合はの変化(n=173) 単位:%

◇2012年卒採用の新卒採用における、外国人の学生が占める割合はの変化(n=173) 単位:%

さらに、今年外国人学生の採用を検討している企業に、どのような職種・専門性で採用を行う予定か聞いたところ、「技術・開発・設計系」が45.4%でトップだった。次いで、「営業・事務系」(33.7%)、「特に職種・専門性採用をしていない」(25.5%)という結果となった。海外のIT技術をいち早く取り入れようとする企業が多いことが見受けられた。

◇外国人学生の採用職種・専門性(n=196)複数回答 単位:%

◇外国人学生の採用職種・専門性(n=196)複数回答 単位:%

2011年度の新卒採用は65%の企業がすでに終了。

一方、2011年度の新卒採用に関しての状況を聞いたところ、「既定数に達したため、すでに終了している」(60.6%)がトップとなった。「規定数に達していないが、すでに終了している」(4.9%)と合わせると、すでに終了している企業は65.5%と半数を大幅に超えている。

◇現時点での2011年度の新卒採用に関して(n=614) 単位:%

◇現時点での2011年度の新卒採用に関して(n=614) 単位:%

「エントリー数が増えた」「説明会等イベントの参加者が増えた」など就職活動への意欲は向上!

就職活動をする学生の意識についてはどのような変化があるか聞いたところ、「エントリー数が増えた」が42.3%でトップだった。次いで「説明会等イベントの参加者が増えた」(32.6%)という結果となった。就職活動への意欲が強い学生が多く見受けられるが、一方で「就職に対する意識に学生間で差が見られるようになった」が23.0%と、熱心に行っている学生と、そうでない学生で、「質の差」が広がっている現状も見てとれた。

◇就職活動する学生の意識の変化について(n=614)複数選択 単位:%

◇就職活動する学生の意識の変化について(n=614)複数選択 単位:%

採用担当者が人を見るときのポイントトップ3は「話し方」、「表情」、「立ち振る舞い」。

採用担当者として、まず人を見るときにどのような点に注意するかを聞いたところ、「話し方」(33.4%)、「表情」(26.5%)、「立ち居振る舞い」(23.8%)という結果となった。「服装」(1.6%)や「髪型」(0.3%)などの外見に関しては低い数値となっており、採用担当者にとって人の本質を見る際のポイントになっていないことが分かった。

◇海外のインターネット通販サイトを利用しない理由(n=614)複数選択 単位:%

◇海外のインターネット通販サイトを利用しない理由(n=614)複数選択 単位:%

最後に、経済産業省が掲げる「社会人基礎力」の中で、新卒に求める要素として重視するものを聞いた。「主体性」(56.4%)、「柔軟性」(44.1%)、「実行力」(42.7%)がトップ3という結果となった。

◇社会人基礎力の中で新卒に求める要素について(n=614)3つまで 単位:%

◇社会人基礎力の中で新卒に求める要素について(n=614)3つまで 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :国内の人事担当者 20~69歳男女
回収サンプル数:800サンプル
調査期間   :2010年9月10日~9月12日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート