冬のボーナスに関する調査

2010年12月6日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、冬のボーナスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月19日から21日まで、楽天リサーチ登録モニター(約201万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総評】
冬のボーナス支給の季節が訪れてきた。昨年に引き続き、冬のボーナスの支給状況、使い道などを調査した。厳しい状況であった2009年と比べ、今年の冬のボーナスは懐を暖められるものになるのであろうか。

■支給予定のある人は約65%で昨年比6.2ポイントの増、好転の兆しか?
今年の冬のボーナス支給の予定を回答者全員にたずねたところ、65.5%の人が「支給される予定」と答えた。「支給される予定はない」は22.3%、「支給されるかどうか分からない」は12.2%となった。昨年の調査と比較すると「支給される予定」は59.3%で、今年は6.2ポイントも増加している。ボーナス支給に、やや好転の兆しがみられる。
また、昨年冬にボーナスが支給され、今年も支給される予定の人に、支給額の変化の見通しについて聞いた。「昨年と変わらない」(41.4%)が突出しており、依然、状況は好転していないようにもみえるが、昨年と比較して「減りそう」という回答の合計が17.2ポイント下がり、「増えそう」という回答の合計も5.4ポイント上昇している。ここからも、いくぶん景気はよくなっていると考えられる。

■ボーナスの用途、今年も半数以上が「預貯金」。生活に直結した用途が多い傾向は以前続く。
では、ボーナスの使い道に変化はみられるだろうか。
今年の冬のボーナスの使い道について聞いたところ、半数以上(54.0%)が「預貯金」と回答した。以下、「生活費の補填」(30.1%)、「旅行・レジャー」(26.1%)と続き、順位は昨年調査とまったく同じで、回答率にも大きな変化はない(昨年は、「貯蓄」53.0%、「生活費の補填」32.2%、「旅行・レジャー」25.2%)。生活に直結したところへの使い道が多いという傾向は、依然続いているようだ。

調査結果

昨年は7割に支給。用途は半数以上が「貯蓄」

はじめに、昨年冬のボーナス支給実績を回答者全員にたずねた。結果は、「支給された」が70.9%、「支給されなかった」が29.1%だった。
「支給された」と回答した人に、ボーナスの使い道を聞いたところ、「貯蓄」が53.0%でトップ。以下、「生活費の補填」(32.2%)、「旅行・レジャー」(25.2%)と続いた。

◇昨年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

◇昨年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

◇昨年の冬のボーナスの使用用途(n=709)複数選択 単位:%

◇昨年の冬のボーナスの使用用途(n=709)複数選択 単位:%

支給予定のある人は65.5%。昨年比で6.2ポイントの増

次に、今年の冬のボーナス支給の予定を、同じく回答者全員にたずねたところ、65.5%の人が「支給される予定」と答えた。「支給される予定はない」は22.3%、「支給されるかどうか分からない」は12.2%となった。昨年の調査における「支給される予定」は59.3%で、今年はそこから6.2ポイント増となっている。ボーナスを巡る状況にやや好転の兆しがみえる。

◇今年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

◇今年の冬のボーナス支給有無(n=1,000) 単位:%

出費の“引き締め感”はやや後退

先の質問で「支給される予定はない」と答えた人に、冬のボーナスが支給されないことによってどのような項目の出費を削減するのかを聞いた。結果は、「旅行・レジャー」(36.3%)、「衣類品・装飾品の購入」(27.4%)、「飲食・グルメ」(24.7%)がトップ3で、「貯蓄」(23.3%)がそれに続いた。
昨年の調査でのトップ3は「飲食・グルメ」(50.0%)、「旅行・レジャー」(45.8%)、「買物」
(37.5%)。項目はほぼ同じだが、回答率は各項目で10ポイントから25ポイント近く下がっており、“引き締め感”はやや後退している。とりわけ、「飲食・グルメ」が半減しているのが目につく。

◇今年の冬のボーナスが支給されないことによる、出費削減項目(n=223) 複数選択 単位:%

◇今年の冬のボーナスが支給されないことによる、出費削減項目(n=223) 複数選択 単位:%

支給額の見通しは「昨年と変わらない」が4割。金額への満足度は4割を切る

ボーナスの支給状況にやや好転の兆しが垣間みえるようだが、その支給額に変化はあるのだろうか。昨年冬にボーナスが支給され、今年も支給される予定の人に、支給額の変化の見通しについて聞いたところ、「昨年と変わらない」が41.4%で、突出して多くなった。一方、「減りそう」という回答の合計は31.3%で、「増えそう」の合計の14.1%を倍以上上回っている。支給額に関しては、依然、状況は好転していないようにもみえるが、昨年と比較すると、「減りそう」が17.2ポイントも下がり、「増えそう」が5.4ポイント上がっている。やはり、いくぶん景気はよくなっていると考えられそうだ。

◇昨年と比べた冬のボーナスの変化(n=631) 単位:%

◇昨年と比べた冬のボーナスの変化(n=631) 単位:%

もっとも、それが支給対象者の満足度に直結しているわけではない。今年の見込み支給額についての満足度を調査したところ、「どちらかといえば不満」が最も多く39.4%となった。「とても満足」と「どちらかといえば満足」を合わせた“満足派”は36.8%にとどまり、「不満」と「どちらかといえば不満」を合わせた“不満派”は63.2%にのぼった。性年代別にみると、男性50代での“不満派”が76.3%と圧倒的に多くなっている。

◇見込み支給額についての満足度(n=655) 単位:%

◇見込み支給額についての満足度(n=655) 単位:%

ボーナスの用途、今年も半数以上が「預貯金」。

冬のボーナスの使い道についても聞いたところ、半数以上(54.0%)が「預貯金」と回答した。以下、「生活費の補填」(30.1%)、「旅行・レジャー」(26.1%)と続いている。年代別にみると、20代・30代では「預貯金」が、40代・50代では「生活費の補填」が全体よりもそれぞれ10ポイント近く高い結果となっている。また、特に20代女性(67.4%)、30代女性(72.6%)で「預貯金」と回答した人が13ポイント以上も高く、将来への備えに意識が高いことがうかがえる。
なお、冬のボーナス用途の順位は昨年の調査とまったく同じで、回答率にも大きな変化はない(昨年は、「貯蓄」53.0%、「生活費の補填」32.2%、「旅行・レジャー」25.2%)。生活に直結したことへの使い道が多いという傾向は、依然続いているようだ。

◇今年の冬のボーナスの用途(n=655)複数選択 単位:%

◇今年の冬のボーナスの用途(n=655)複数選択 単位:%

預貯金予定額は、「30万円未満」が6割超

最後に、先の質問でボーナスの使い道に「預貯金」と答えた人に、預貯金予定額を聞いた。「10万円以上~20万円未満」(26.0%)、「10万円未満」(18.6%)、「20万円以上~30万円未満」(17.2%)がトップ3の回答で、この3回答で6割超となっている。

◇今年の冬のボーナスの預貯金予定額(n=354) 単位:%

◇今年の冬のボーナスの預貯金予定額(n=354) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年11月19日~21日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート