年末年始のお取り寄せに関する調査

2010年12月27日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、年末年始のお取り寄せに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、12月13日から12月14日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約201万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■年末年始は“「自宅」で「家族」と伝統的な年末年始の行事を行う”が主流
今年の年末年始を主にどこで過ごすかをたずねたところ、「自宅で過ごす」が69.6%で断トツトップ、続いて「実家(親、義親が住んでいるところ)で過ごす」が18.9%という結果となった。年末年始を一緒に過ごす相手はやはり「家族で過ごす」(82.8%)という回答がトップとなった。
また、年末年始に行う行事のトップ3としては「年越しそばを食べる」(69.6%)、「お雑煮を食べる」(65.4%)、「大掃除をする」(63.5%)という結果となった。依然、年末年始には日本の伝統的な行事を行っている方が大半を占めるようだ。

■おせち料理は「主に手作りで用意し、一部をスーパーマーケットで購入」
年末年始に行う行事で「おせち料理を食べる」と回答した方に、おせち料理をどのように用意するかをたずねたところ、「主に手作りで用意し、一部を購入する」がトップで37.5%だった。続いて「主に購入し、一部を手作りで用意する」が37.0%という結果となった。購入先については「スーパーマーケットで購入する」(67.7%)が断トツ。一方で、「インターネット通販で購入する」との回答も13.3%という結果となり、インターネットでのお取り寄せが話題となる今、おせち料理もインターネットで購入する方が増えると予想される。

■おせち料理以外のお取り寄せ商品は「魚介類・魚介加工品」など、年末年始の食卓を豪華に飾る食材が人気。
今年の年末年始に「おせち料理以外の食料品」のお取り寄せをする予定については、「お取り寄せをする予定」の方は17.5%という結果となった。また、購入品に関しては「魚介類・魚介加工品」が66.5%、続いて「食肉類・食肉加工品」(36.1%)と、家族や親戚等が集まる年末年始の食卓を華やかに飾る食材に人気が集まる結果となっている。
また、商品購入を決めるにあたって参考にする情報は「口コミサイトやブログなどのインターネット上の情報」(63.2%)であり、購入方法も「インターネット」が突出する結果となった。

調査結果

年末年始は「自宅」で「家族」と過ごす、が主流

はじめに、今年の年末年始を主にどこで過ごすかをたずねたところ、「自宅で過ごす」が69.6%で断トツトップとなっており、続いて「実家(親、義親が住んでいるところ)で過ごす」が18.9%という結果となった。「国内旅行先で過ごす」(3.7%)、「海外旅行先で過ごす」(1.6%)という旅行派は合計でも5.3%だった。

◇今年の年末年始を過ごす予定の場所(n=1,000) 単位:%

◇今年の年末年始を過ごす予定の場所(n=1,000) 単位:%

また、誰と過ごすかを聞いたところ、「家族で過ごす」(82.8%)が大半となっており、年末年始は自宅で家族と過ごす方が多いということが見てとれる。

◇今年の年末年始を主に誰と過ごすか(n=1,000) 単位:%

◇今年の年末年始を主に誰と過ごすか(n=1,000) 単位:%

年末年始に行う行事は「年越しそばを食べる」がトップ

続いて、年末年始に行う行事について聞いたところ、トップ3としては「年越しそばを食べる」(69.6%)、「お雑煮を食べる」(65.4%)、「大掃除をする」(63.5%)という結果となった。「おせち料理を食べる」も59.8%となっており、今でも自宅や実家で、昔からの伝統的な行事が行われているようだ。
しかし、年代別にみると、60代では「年越しそばを食べる」「おせち料理を食べる」という方が全体と比べて10ポイント以上も高い結果となっているが、20代では全体より低くなっている。

◇年末年始に行う行事(n=1,000)複数選択 単位:%

◇年末年始に行う行事(n=1,000)複数選択 単位:%

おせち料理は“主に手作りで用意し、一部をスーパーマーケットで購入”

年末年始に行う行事で「おせち料理を食べる」と回答した方に、おせち料理をどのように用意するかをたずねたところ、「主に手作りで用意し、一部を購入する」がトップで37.5%だった。続いて「主に購入し、一部を手作りで用意する」が37.0%という結果となった。「すべて手作りで用意する」という方が10.7%に対し、「すべて購入する」という方も11.0%とほぼ同数であった。
また、おせち料理を購入すると回答した方に、購入先について聞いたところ、「スーパーマーケットで購入する」(67.7%)が突出しており、続いて「百貨店で購入する」(19.8%)、「インターネット通販で購入する」(13.3%)という結果となった。スーパーや百貨店に足を運ぶ方が大半の中、インターネット通販で購入する方も多数存在していることが見受けられる。

◇おせち料理の用意方法(n=598) 単位:%

◇おせち料理の用意方法(n=598) 単位:%

◇おせち料理の購入場所(n=511)複数選択 単位:%

◇おせち料理の購入場所(n=511)複数選択 単位:%

おせち料理を購入する際にかける金額はどのくらいなのであろうか。購入する方におせち料理購入にかける合計予算を聞いたところ、「10,000円~20,000円未満」が24.9%でトップ、続いて「3,000円~5,000円未満」(24.3%)、「5,000円~10,000円未満」(22.5%)という結果となった。

◇おせち料理にかける合計予算(n=511) 単位:%

◇おせち料理にかける合計予算(n=511) 単位:%

おせち料理以外のお取り寄せ商品は「魚介類・魚介加工品」など、年末年始の食卓を豪華に飾る食材が人気。

年末年始を自宅・実家・恋人の家で過ごすと回答した方に、今年の年末年始に「おせち料理以外の食料品」のお取り寄せをする予定があるか聞いたところ、「お取り寄せをする予定はない」が59.8%と半数を超える結果となった。逆に「お取り寄せをする予定」の方は17.5%という結果となった。

◇おせち料理以外のお取り寄せの有無(n=888) 単位:%

◇おせち料理以外のお取り寄せの有無(n=888) 単位:%

では実際に、「おせち料理以外の食料品」のお取り寄せをする方は、どこでどのようなものを購入するのであろうか。購入方法については「インターネット」が83.2%となっており、手軽にお取り寄せができる方法が好まれていることが推測できる。

◇おせち料理以外の主なお取り寄せ方法(n=155) 単位:%

◇おせち料理以外の主なお取り寄せ方法(n=155) 単位:%

また、購入品に関しては「魚介類・魚介加工品」が66.5%、続いて「食肉類・食肉加工品」(36.1%)、「お菓子」(32.9%)という結果となった。家族や親戚等が集まる年末年始の食卓を華やかに飾る食材のお取り寄せが主流のようだ。

◇おせち料理以外のお取り寄せ品目(n=155)複数選択 単位:%

◇おせち料理以外のお取り寄せ品目(n=155)複数選択 単位:%

お取り寄せは情報収集も購入もインターネットが主流。

最後に「おせち料理以外の食料品」のお取り寄せをする予定の方に、商品購入を決めるにあたり、参考にする情報は何か聞いてみた。断トツトップは「口コミサイトやブログなどのインターネット上の情報」(63.2%)となっており、続いて「知人、友人からの口コミ」(16.1%)という結果であった。インターネットで情報を収集して購入する、というサイクルが主流となっているようだ。

◇おせち料理以外のお取り寄せ品目(n=155) 単位:%

◇おせち料理以外のお取り寄せ品目(n=155) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2010年12月13日~12月14日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート