バレンタインデーに関する調査

2011年1月20日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天グループの結婚情報サービスを運営する株式会社オーネット(本社:東京都品川区、代表取締役社長:島貫 慶太、以下 オーネット)は、バレンタインデーに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、1月7日から1月10日にかけて楽天リサーチ登録モニター(約201万人)の中から、全国の20~49歳の男女計1,200人を対象に行いました。

調査結果概要

■バレンタインデー、プレゼントは「夫」「自分の父親」「自分」へ! “何も贈らない派”も増加中。

今年のバレンタインデーは、やはり「チョコレートを贈る」が61.3%でトップだった。一方で、“バレンタインデーに何も贈らない派”も増加している。昨年の結果(18.5%)よりも7.6ポイントも上昇して26.1%となった。
チョコレートを贈る相手は、「夫」が55.7%とトップで、続いて「取引先や勤務先など自分の仕事関係の人」(27.4%)、自分の父親(26.1%)という結果となった。また、昨年に引き続き、「付き合っていないが好きな人」(3.0%)よりも、「異性の友達」(10.6%)や「同性の友達(友チョコ)」(12.0%)、「自分」(9.8%)に贈る女性が多い結果となった。
チョコレートの購入先も予算も、贈る相手によって差をつけており、自分自身へは購入先も金額も“こだわりのご褒美チョコレート”を用意する傾向にあるようだ。

■バレンタインデーは“意中の相手に想いを伝える日”から、“チョコレートを贈って楽しむイベント”へ

バレンタインデーに特定の異性に告白をしたことがあるかを女性に聞いたところ、“少なからず思いを告げたことがある派”の合計が40.7%であるのに対し、“告白したことはない派”の合計が59.3%と半数を超える結果となった。
男性側では、バレンタインデーに「告白された経験がある」の合計は34.5%に対して「告白された経験はない」の合計は65.5%という結果であった。

さらに、バレンタインデーのプロポーズ経験についても聞いてみたところ、“プロポーズをした経験がある”女性も、“プロポーズされた経験がある”男性も少数派におさまった。

日本のバレンタインデーは、“女性から意中の相手にチョコレートを贈り、想いを告げる日”というイメージが強かったが、昨今では、家族や同僚や友人へチョコレートを贈り、コミュニケーションを深めて楽しむイベントへと変化しているようだ。
しかし、戦略的に考えれば、逆にこの日の告白は意中の人に思いを告げる機会として有効だと言えるのではないだろうか。相手の好みに合ったチョコレートやプレゼントを贈れば、その勝率が高くなることは間違いない。

調査結果

バレンタインデーは「夫」「自分の父親」に贈るがトップ。何も贈らない派も増加中。

はじめに、女性全員に今年のバレンタインデーに何をプレゼントするか聞いたところ、「チョコレートを贈る」が61.3%でトップだった。続いて「チョコレート以外のお菓子を贈る」が15.0%となっており、やはりバレンタインデーにはチョコレート以外でもお菓子をプレゼントする傾向が強いことがわかる。一方で、「昨年は贈ったが、今年は誰にも贈る予定はない」と「昨年も今年も誰にも贈る予定はない」の“バレンタインデーに何も贈らない派”の合計は26.1%となった。昨年の結果(18.5%)よりも7.6ポイントも上昇している。

◇今年のバレンタインデーのプレゼントについて(n=600 女性のみ)複数回答 単位:%

◇今年のバレンタインデーのプレゼントについて(n=600 女性のみ)複数回答 単位:%

前の質問で「チョコレートを贈る」を選択した女性に、今年のバレンタインデーは誰にチョコレートを贈るか聞いたところ、「夫」が55.7%でトップとなっており、続いて「取引先や勤務先など自分の仕事関係の人」(27.4%)、「自分の父親」(26.1%)という結果となった。
また、昨年に引き続き、「付き合っていないが好きな人」(3.0%)よりも、「異性の友達」(10.6%)や「同性の友達(友チョコ)」(12.0%)、「自分」(9.8)%に贈る女性が増えており、バレンタインデーに“意中の相手に想いを伝える”ことは少なくなってきているようだ。

◇今年のバレンタインデーは誰にチョコレートを贈るか(n=368 女性のみ)複数選択 単位:%

◇今年のバレンタインデーは誰にチョコレートを贈るか(n=368 女性のみ)複数選択 単位:%

「夫」には「手作り」、「自分」には「高級チョコレート」、「仕事関係の人」には「一般的なチョコレート」。

次に、女性に対してチョコレートを贈る対象者別に購入先を聞いたところ、「夫」には「自分で手作りしたもの」(23.9%)、「高級ブランドや人気店、チョコレート専門店のもの」(22.4%)という結果となった。気合を入れて手作りをする、奮発して高級チョコレートを選ぶ人が多いことから、日頃の感謝の気持ちをこめてか、夫に対してのバレンタインデーの意気込みが見てとれた。
「取引先や勤務先など自分の仕事関係の人」には「百貨店や駅ビルで売っているような一般的なバレンタインデー用のもの」(48.5%)がトップになっているのに対し、「自分」には「高級ブランドや人気店、チョコレート専門店のもの」(63.9%)がトップという結果となった。

◇チョコレートの購入先(女性のみ)複数選択 単位:%

◇チョコレートの購入先(女性のみ)複数選択 単位:%

では、もらう側の男性の希望はどのようなものだろうか。男性に対してバレンタインデーにどのようなチョコレートが欲しいかを聞いたところ、「彼女が手作りしたもの」(29.3%)が圧倒的にトップとなった。年代別では20代において「彼女が手作りしたもの」(45.0%)が高い結果となっており、若いほど手作りの願望が強いことが見受けられた。

◇もらってうれしいチョコレートの種類(n=600 男性のみ) 単位:%

◇もらってうれしいチョコレートの種類(n=600 男性のみ) 単位:%

「夫」や「付き合っている彼氏」へのチョコレートの予算は「1,000円以上2,000円未満」がトップ

女性に対して、バレンタインデーのチョコレートにかける予算について聞いてみたところ、「取引先や勤務先など自分の仕事関係の人」では「500円以上1,000円未満」(46.5%)が1位となっているのに対し、「夫」や「付き合っている彼氏」には「1,000円以上2,000円未満」が1位となった。購入先だけでなく、予算についても対象者によって差をつけていることがわかる。
また、「自分」への予算も「1,000円以上2,000円未満」がトップで、昨年(31.3%)よりも7.6ポイント上昇した。自分自身への“ご褒美チョコレート”は、購入先、金額ともにこだわりをもって用意する傾向は続いているようだ。

◇プレゼントするチョコレートの予算(女性のみ) 単位:%

◇プレゼントするチョコレートの予算(女性のみ) 単位:%

バレンタインデーに告白・プロポーズするのは少数派。“想いを伝える場”としての認識も薄れ気味?

次に、女性全員に、バレンタインデーに特定の異性に告白をしたことがあるかを聞いてみた。「はっきりと告白したことがある」(14.7%)、「やんわりと想いを告げたことがある」(26.0%)の“少なからず思いを告げたことがある派”の合計が40.7%であるのに対し、「告白されたことはあるが、したことはない」(3.0%)、「告白されたことも、したこともない」(56.3%)と、“告白したことはない派”の合計が59.3%と半数を超える結果となった。
では男性側はどうであろうか。バレンタインデーに「告白された経験がある」の合計は34.5%に対して「告白された経験はない」の合計は65.5%という結果であった。

◇特定の異性にバレンタインデーに告白の有無(n=600 女性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーに告白の有無(n=600 女性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーに告白された経験の有無(n=600 男性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーに告白された経験の有無(n=600 男性のみ) 単位:%

バレンタインデーもホワイトデーも、プロポーズ経験者は少数派。

バレンタインデーに告白をする人は少数派という結果だが、プロポーズをした経験についてはどうであろうか。
女性に対してバレンタインデーにプロポーズをしたことがあるか聞いたところ、「はっきりとプロポーズをしたことがある」(0.3%)、「やんわりと結婚する気持ちを伝えたことがある」(1.7%)の“プロポーズ経験あり”の合計は2.0%という結果であった。
男性では、「はっきりとプロポーズをされたことがある」(0.8%)、「やんわりと結婚の意思を伝えられたことがある」(2.5%)と、“バレンタインデーにプロポーズされた経験あり”は3.3%におさまった。

◇特定の異性にバレンタインデーにプロポーズの有無(n=600 女性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーにプロポーズの有無(n=600 女性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーにプロポーズされた経験の有無(n=600 男性のみ) 単位:%

◇特定の異性にバレンタインデーにプロポーズされた経験の有無(n=600 男性のみ) 単位:%

続いて男性に対してホワイトデーにプロポーズの経験があるか聞いてみた。「ホワイトデーにプロポーズされたことはあるが、したことはない」(0.3%)、「ホワイトデーにプロポーズされたことも、したこともない」(97.0%)と、プロポーズしたことがない派の合計が97.3%と大多数を占めた。

◇特定の異性にホワイトデーにプロポーズの有無(n=600 男性のみ) 単位:%

◇特定の異性にホワイトデーにプロポーズの有無(n=600 男性のみ) 単位:%

女性はバレンタインデーをイベントとして楽しみ、男性はホワイトデーに義務感を感じている?!

最後に、男女共に「バレンタインデー」、「ホワイトデー」はあなたにとってどのような日かを聞いてみた。女性は「イベントとして楽しめる日」(27.8%)が多く、続いて「日頃の感謝を伝える日」(20.8%)、「コミュニケーションを深める日」(15.5%)という結果になった。
一方、男性は「貰ったプレゼントにお返しをしなければいけない日」(34.5%)がトップとなった。
女性はバレンタインデーを、チョコレートを贈って家族や同僚、知人とコミュニケーションを深める“イベント”として楽しんでいるのに対し、男性は、ホワイトデーはバレンタインデーお返しへの“義務”を感じる日と意識しているようだ。

◇「バレンタインデー」とはどのような日?(n=600 女性のみ) 単位:%

◇「バレンタインデー」とはどのような日?(n=600 女性のみ) 単位:%

◇「ホワイトデー」とはどのような日?(n=600 男性のみ) 単位:%

◇「ホワイトデー」とはどのような日?(n=600 男性のみ) 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20~49歳男女
回収サンプル数:1,200サンプル(性年代均等割付 各セル200サンプル)
調査期間   :2011年1月7日~1月10日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

関連サイト

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート