4月1日発売の「ロト7」認知度は4割
宝くじ年間購入金額トップは40代男性で27,300円
宝くじに関する調査

2013年3月27日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、宝くじに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、3月22日から25日の4日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約228万人)の中から、20歳から69歳の男女計500人を対象に行いました。

調査結果

4月1日発売開始の「ロト7」認知度は40%、購入意向は36%

4月1日から発売が開始される新しい数字選択式宝くじ「ロト7」の認知度、および購入意向をたずねたところ、認知度(知っていて、買ってみたいと思う/知っていたが、買ってみたいとは思わないの合計)は40.2%、購入意向(知っていて、買ってみたいと思う/知らなかったが、買ってみたいと思うの合計)は36.4%という結果となった。

◇「ロト7」の認知度および購入意向(n=500)単数選択 単位:%

◇「ロト7」の認知度および購入意向(n=500)単数選択 単位:%

過去1年間の宝くじ購入平均金額トップは40代男性で27,300円

また、過去1年間で購入した宝くじ(ジャンボ宝くじ、全国通常くじ、ブロック宝くじ、スクラッチ、数字選択式宝くじのいずれか)の合計金額をたずねたところ、平均は15,900円(購入者のみ)、8,200円(全体)となった。性別・年代別に見ると、1位は40代男性で27,300円(購入者のみ)、14,800円(全体)、2位は30代男性で21,100円(購入者のみ)、12,200円(全体)、3位は60代男性で18,900円(購入者のみ)、12,800円(全体)という結果となった。若者や女性よりも30代以上の男性の方が、宝くじ購入に費やす金額が多いようだ。

※購入者のみ(過去1年間で購入した宝くじがない方を除いたもの)
※全体(過去1年間で購入した宝くじがない方も含めたもの)

◇過去1年間で購入した宝くじの合計金額平均(n=500) 単位:円

◇過去1年間で購入した宝くじの合計金額平均(n=500) 単位:円

8億円当せんした場合の使い道は「貯蓄」がトップ

もし8億円(ロト7の1等最高当せん金額 ※キャリーオーバー発生時)が当せんした場合、当せん金を何に使うか聞いたところ、1位は「貯蓄」68.2%。2位「家・マンションの購入」50.6%、3位「海外旅行」43.6%という結果となった。また、その他の回答として、「寄付」と回答する声もあった。

◇8億円が当せんした場合の当せん金の利用用途(n=500) 複数選択 単位:%

◇8億円が当せんした場合の当せん金の利用用途(n=500) 複数選択 単位:%

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳から69歳男女
回収サンプル数:500サンプル
調査期間   :2013年3月22日から3月25日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社のAdobe®Reader(無償)が必要です。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート