『新機種一番人気はXperia(TM) Aで25.8%が購入検討
2割強のユーザーがiPhoneの為に他社へ乗り換えを検討』
NTTドコモ2013年夏モデルに関する調査

2013年5月22日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、NTTドコモ2013年夏モデルに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、5月16日から18日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、現在主にNTTドコモの携帯電話を利用しており、2013年12月までに端末の買い替えを検討しているAndroidユーザー、フィーチャーフォンユーザーそれぞれ200人、合計400人の男女を対象に行いました。

なお、先日発表されたKDDIの2013年夏モデルに関しても同様の調査を行う予定です。

調査結果

新機種一番人気は「Xperia(TM) A SO-04E」で25.8%、2位は「GALAXY S4 SC-04E」で
15.5%が購入を検討。ツートップとして発表された端末の購入意向が約4割。

2013年夏モデルとして発表された新機種のうち、もっとも購入検討候補となる機種はどれか(今回の発表機種に候補がない場合は、検討状況としてもっともあてはまる状況を)たずねたところ、新機種の中でもっとも人気だったのは「Xperia(TM) A SO-04E(25.8%)」、2位は「GALAXY S4 SC-04E(15.5%)」、3位は「AQUOS PHONE ZETA SH-06E(7.8%)」という結果となり、ツートップとして発表された2端末の購入意向が約4割を占めた。その理由を自由回答形式でたずねたところ、「割引が適用されて安く端末を購入できるから」という回答がもっとも多く、次いで「今もGALAXYの端末を使っているから」、「Xperiaシリーズが好きだから」というような特定モデルを指名買いしたいという理由が多かった。今回の発表では、人気モデルに販売奨励金が投下されたことにより、購入意向が特定機種に偏る結果となったものと思われる。
一方、「他社への乗り換えを検討」という回答が合計で16.3%と比較的多く、その理由は「iPhoneに変えたいから」、「他社の方が割引が適用され、月々の利用料を安くすることができるから。」といった回答が多かった。

◇2013年夏モデルのうち、もっとも購入検討候補となる機種(候補となる機種がない場合は、検討状況としてもっともあてはまる状況)(n=400)単数選択 単位:%

◇2013年夏モデルのうち、もっとも購入検討候補となる機種(候補となる機種がない場合は、検討状況としてもっともあてはまる状況)(n=400)単数選択 単位:%

(※今回の調査では、タブレット端末である「AQUOS PAD SH-08E」は新機種として選択肢に含めず、「Disney Mobile on docomo F-07E」は選択肢に含めています。)

2割強のユーザーがiPhoneに替えるために他社への乗り換えを検討。3割強のユーザーはiPhoneがdocomoから出るまで待つと回答。

では、NTTドコモのユーザーはiPhoneについてどのように考えているのだろうか。iPhoneの購入意向とその時期、乗り換えるキャリアについて意見を聞いたところ、「iPhoneに興味があり、いずれは購入したい」が58.0%、「iPhoneに興味はなく、Android端末やフィーチャーフォンを利用する予定」という回答が42.0%となり、半数以上のユーザーがいずれ
iPhoneを購入したいと思っているようだ。
「iPhoneに興味があり、いずれは購入したい」と回答したユーザーに、その購入検討時期を聞いたところ、「1~2ヶ月位内に買い替える予定(1.8%)」、「iPhoneの次期モデルが出たら買い替える予定(10.3%)」、「年内にdocomoからiPhoneが出なければ買い替える予定(11.8%)」、「docomoからiPhoneが出るまで待つ(キャリアは変えない)(34.4%)」という結果となった。2割強のユーザーがiPhone購入のため他社への乗り換えを検討している一方、3割強のユーザーはdocomoからiPhoneが出るまで待つ意思があるようだ。
また、他社へ乗り換える場合のキャリアについて聞いたところ、SoftBankへの乗り換え意向の合計が10.5%、auへの乗り換え意向の合計が13.3%という結果となった。

◇iPhoneについての購入意向、購入予定次期、乗り換えるキャリア(n=400)単数選択 単位:%

◇iPhoneについての購入意向、購入予定次期、乗り換えるキャリア(n=400)単数選択 単位:%

NTTドコモに期待することはiPhoneの取り扱い、端末メーカーに期待することは端末の品質保持

携帯キャリア(NTTドコモ)や端末メーカー(NTTドコモ向けに端末を供給しているメーカー)に今後期待することを自由回答形式で聞いたところ、携帯キャリアに対しては、「ドコモからもiPhoneを出して欲しい」という声がもっとも多かった。他には、「通話料やパケット通信料を安くして欲しい」、「スマートフォンだけでなく、フィーチャーフォンも残して欲しい」、「古い端末も切り捨てずにOSのアップデート対応を続けて欲しい」といった声もあがった。
一方、端末メーカーに対しては、「端末によって不具合が頻繁に発生する当たり外れが出ないようにして欲しい」、「バッテリーが長持ちする端末を作って欲しい」、「端末の数が多すぎるので、数を絞って長く使える端末を作って欲しい」というような声があがった。

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :現在主にNTTドコモの携帯電話を利用しており、
          2013年12月までに端末の買い替えを検討している男女
回収サンプル数:Androidユーザー、フィーチャーフォンユーザー
          それぞれ200サンプル、合計400サンプル
調査期間   :2013年5月16日から5月18日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社のAdobe®Reader(無償)が必要です。

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート