現在地
楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > 50代・60代男性のライフスタイルに関する調査

自主調査レポート

楽天リサーチ

2013年5月27日

『家事では「料理」、「買い物」に興味あり
退職後に家事の頻度が増加』
50代・60代男性のライフスタイルに関する調査

 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)と「楽天市場」を運営する楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)は、50代・60代男性のライフスタイルに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2013年5月16日から17日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の50歳から69歳の男性計400人を対象に行いました。

>>アンケートモニター登録はこちら

調査結果

■「料理」、「買い物」は6割以上が興味あり。「掃除」、「洗濯」は7割以上が興味なし。

 初めに、それぞれの家事における興味について聞いたところ、「とても興味がある」と「やや興味がある」の「興味あり計」が「料理」で62.0%、「買い物」で68.1%とどちらも6割以上を占める結果となった。「掃除」、「洗濯」については、「あまり興味はない」と「全く興味はない」の「興味なし計」がそれぞれ70.8%(掃除)、78.0%(洗濯)という高い結果となっており、男性の「掃除」、「洗濯」における興味の低さが読み取れた。
 また、年代別に見たところ、「料理」において60代が66.0%と全体の結果より4.0ポイント高い結果となり、60代における「料理」への関心度が高いことが分かった。

◇家事における興味について(n=400) 単位:%

◇家事における興味について(n=400) 単位:%

◇料理における興味について(年代別)(n=400) 単位:%

◇料理における興味について(年代別)(n=400) 単位:%

■「買い物」、「掃除」、「料理」は約半数以上が月2回以上実施。

 次に実際に行っている家事の頻度について聞いたところ、「週に5日以上」、「週に3日〜4日くらい」、「週に1日〜2日くらい」、「月に2〜3日くらい」の合計が、「買い物」で85.9%と高く、「掃除」で53.7%、「料理」で47.0%と、それぞれ約半数が月に2回以上は行っているという結果となった。「掃除」については前問で「興味なし計」が70.8%だったのに対し、実際に月に2回以上行っている割合が53.7%と半数以上となっており、興味はないが行わないといけないという現状があるようだ。

◇実際に行っている家事の頻度について(n=400) 単位:%

◇実際に行っている家事の頻度について(n=400) 単位:%

■料理を作ってあげたい相手は「自分」、「妻」、「娘」、「息子」が上位。「親」と「孫」に関しては作ってあげたい気持ちと実際食べてくれている状況にギャップが。

 料理を行っている方に誰のために作りたいかを聞いたところ、「とても思う」、「やや思う」の計で「自分(80.4%)」が1位となったが、自分以外の第三者ということで見ると、「妻(69.4%)」、「娘(53.8%)」、「息子(53.1%)」が上位という結果となった。

◇あなたは料理を誰のために作りたいか 単位:%

◇あなたは料理を誰のために作りたいか 単位:%

 では実際に作った料理を誰が食べることが多いだろうか。続いて聞いたところ、「よく食べる」、「ときどき食べる」の計で、「自分(86.3%)」が圧倒的に多く、第三者としての項目では「妻(64.0%)」、「娘(42.6%)」、「息子(38.5%)」が続いた。料理を作りたいと思う対象者と、実際食べてくれる方は一致していることが見受けられたが、一方で「親」と「孫」に関しては作りたいと思う気持ちと、実際のところにギャップがあるようだ。「親」に対して作ってあげたい気持ちが41.7%なのに対し、実際は19.8%とその差が21.9ポイント、「孫」に対して作ってあげたい気持ちが36.5%なのに対し、実際は20.3%とその差は16.2ポイントという結果となった。

◇あなたが作った料理をどなたが食べることが多いか 単位:%(ギャップ項目 単位:ポイント)

◇あなたが作った料理をどなたが食べることが多いか 単位:%(ギャップ項目 単位:ポイント)

■料理はこだわりたい派が57.5%。興味のあるもののTOPは「電子レンジ、オーブン、トースター」。

 自身で料理をする際(現在自身で料理をされていない方は想定で)の、食材や調理方法へのこだわりについて聞いたところ、「とてもこだわりたいと思う(6.5%)」、「ある程度はこだわりたいと思う(51.0%)」の合計が57.5%と、「こだわらない派」の合計42.5%を大きく上回る結果となった。

◇食材や調理方法へのこだわりについて(n=400) 単位:%

◇食材や調理方法へのこだわりについて(n=400) 単位:%

 また、興味のあるものについて聞いたところ、1位が「電子レンジ、オーブン、トースター(33.3%)」となり、続いて「食材、調味料(肉、魚、野菜、スパイスなど)(32.8%)」、「鍋、フライパン、包丁(32.0%)」となった。「掃除機(22.5%)」や「食器洗い機、食器乾燥機(16.8%)」、「洗濯機、衣料乾燥機(16.0%)」などの項目に比べると、料理を作るためのものに対しての興味が高いことがうかがえる。

◇興味のあるものについて(n=400)複数選択 単位:%

◇興味のあるものについて(n=400)複数選択 単位:%

■退職前と退職後で「家事はしない」の差が16.1ポイント。

 最後に、すでに退職済の方に、家事に費やす一日あたりの時間について退職前と退職後での変化について聞いたところ、退職前に「家事をしない」と回答した方が36.6%だったのに対し、退職後では20.5%と16.1ポイントの差となった。退職後に時間に余裕ができ、家事をするようになった方が多いことが見受けられる。

◇退職前と退職後における家事に費やす一日あたりの時間の変化について(n=161) 単位:%

◇退職前と退職後における家事に費やす一日あたりの時間の変化について(n=161) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :50歳から69歳 男性
回収サンプル数:400サンプル
調査期間   :2013年5月16日から5月17日
調査実施機関 :楽天リサ−チ株式会社

詳細

資料をご希望の方は、PDFをダウンロードしてください。PDFファイルの閲覧には、次のリンク先は新しいウィンドウを開きますAdobe Readerが必要です。

PDFダウンロードPDFダウンロード(1MB以内)

関連サイト

レポート内容に関するお問い合わせ
楽天リサーチ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川4丁目13番9号楽天タワー2号館
マーケティング企画部 クライアントマーケティンググループ
E-mail: pm-rsch-clama@mail.rakuten.com

引用・転載可このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

お電話からお問い合わせされる方
お電話からも、お気軽にお問い合わせください 0120-944-907
フォームからお問い合わせされる方
楽天リサーチに関するご質問にお答えします
お見積もり・お問い合わせ
楽天リサーチに関する資料をお届けします。
資料請求はこちら

このページの先頭へ

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート