今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関する調査

2014年8月25日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年7月25日から7月29日の間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、関東(1都6県)および近畿(2府4県)に居住する20歳から69歳の男女1,406人を対象に行いました。

※今回ご提供させていただいております調査結果データは抜粋版となります。
その他様々な調査結果を保有しておりますので、詳細部分までご興味のある方は弊社担当営業までご連絡いただければと思います。

調査結果

どの層も「食」に対してお金をかける割合が高いという結果に。

まず初めに、ライフスタイルに関する意識・行動の把握をするために、「M1/F1層」、「ミドル/シニア層」、「消費プレミア層」のセグメントごとにお金をかけている項目について聞いてみた。
「食」の割合はどの層においても割合が最も高いという結果だった。また層別に見ると、「M1/F1層」では「ファッション・アパレル(32%)」、「ミドル/シニア層」では「国内旅行(44%)」、「健康づくり(34%)」、「消費プレミア層」では「海外旅行(34%)」、「趣味(35%)」、「子供の教育(20%)」にお金をかけている割合が他の層より高かった。また、「M1/F1層」においては「車・バイク(9%)」の割合が他の層よりも少ないという結果となった。

◇現在お金をかけていること(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206) 単位:%

◇現在お金をかけていること(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206) 単位:%

【M1/F1層】
20歳-34歳男性および女性
「高度成長・バブル」期の体験が薄く、低成長・デフレ体験社会人

【ミドル/シニア層】
55歳-69歳男性および女性
幼年・成長期は右肩上がりで希望が膨らみ、社会人生活の若年・中年期には「経済バブル」を体験

【消費プレミア層】
20歳-69歳男性および女性
生活費、貯蓄費を除いて、「趣味・娯楽、ファッション、美容、グルメ、デジタル機器、旅行」などに費やしているおよその金額(1年間に使う金額)が300万円以上

続いて、今後お金をかけたいことについて聞いたみたところ、「M1/F1層」では「ファッション・アパレル(21%)」、「ミドル/シニア層」では「国内旅行(33%)」、「健康づくり(22%)」、「消費プレミア層」では「海外旅行(28%)」、「資産運用・投資(24%)」、「子供の教育(18%)」などの割合が高かった。

◇今後お金をかけたいこと(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

◇今後お金をかけたいこと(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

3層の中で最もストレスを感じているのは「M1/F1層」。ストレスの内容は「収入・家計・借金」がトップ。

次にストレスと感じているものに関して聞いたところ、「M1/F1層」の8割が何かしらストレスと感じているものがあると回答し、3層の中で最も多い結果となった。具体的には、「収入・家計・借金など(39%)」、「自分の現在の仕事(35%)」、「就職や転職など(21%)」、「自分の学業・受験・進学(12%)」において、「M1/F1層」が他の層より回答が高くなっており、「ミドル/シニア層」では「自分の病気や介護(14%)」、「家族の病気や介護(22%)」、「自分の健康状況(24%)」が他の層より高い。また、「消費プレミア層」では他の層と比較して特に高くなっている項目はなかったが、「自分の現在の仕事(27%)」、「収入・家計・借金など(21%)」という回答が相対的に多かった。

◇最近ストレスと感じているもの(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

◇最近ストレスと感じているもの(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

「ミドル/シニア層」では「従来型携帯電話」の保有割合が高く、「消費プレミア層」では「タブレット端末」の保有割合が高いという結果に。

続いて、通信デバイスの保有・活用状況について把握すべく、現在自宅で保有しており、自身が使用できるデバイスの種類について聞いてみた。
いずれの層においても「パソコン」の保有・使用率は高く、層別に見たところでは、「ミドル/シニア層」では「パソコン(96%)」の保有・使用率が他の層より高いが、「スマートフォン」の保有・使用率が低く、「従来型携帯電話」の割合が高いという結果となった。「消費プレミア層」では「タブレット端末」の保有・使用率が他の層より10ポイント以上高かった。

◇現在自宅で保有しており、自身が使用できるデバイスについて(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

◇現在自宅で保有しており、自身が使用できるデバイスについて(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

また、以上で使用しているデバイスの利用目的についても聞いたところ、「F1/M1層」では、【スマートフォン】では「メール」、「通話」、「SNSへの投稿」、「無料通話アプリの利用」、「地図・ナビゲーションの利用」、「ゲーム」、「料理レシピ情報の検索」などが他のデバイスより回答率が高い他、「オンラインショッピング」を利用する時に【パソコン】を使う場合が多かった。
「ミドル/シニア層」では、「メール」、「通話」は【スマートフォン】を使う場合が多く、「オンラインショッピング」、「ニュースの閲覧・視聴」や「知りたい情報の検索サービスの利用」は【パソコン】を使う場合が多い。
「消費プレミア層」では、【スマートフォン】では「通話」、「音楽を聴く」、「無料通話アプリの利用」については他のデバイスより回答率が高く、「ブログの閲覧・投稿」、「動画配信サービスの利用」、「ニュースの閲覧・検索」や「料理レシピ情報」などを利用する時は【タブレット端末】を使う場合が多かった。

◇普段使用しているデバイスの利用目的について(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

◇普段使用しているデバイスの利用目的について(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

SNSの利用は「M1/F1層」が高く、「ミドル/シニア層」が低い結果に。

続いて、「アプリ」、「SNS」の活用状況について把握すべく、スマートフォンユーザーに対し、現在インストールしているアプリの種類について聞いてみた。アプリの種類別に見たところ、「無料アプリ」の種類をみると、「M1/F1層」では「SNS・コミュニケーション(61%)」、「ゲーム(54%)」をインストールしている割合が多く、「ミドル/シニア層」では、「ニュース(68%)」、「マップ・ナビ(63%)」、「消費プレミア層」では「ビジネス(46%)」をインストールしている割合が他の層と比べて多かった。
「有料アプリ」をみると、「消費プレミア層」はいずれのカテゴリにおいても有料アプリのインストール率が3層の中で最も高い状況となっていた。層別に比較すると、「M1/F1層」では「ゲーム(8%)」、「ミドル/シニア層」では「マップ・ナビ(6%)」、「消費プレミア層」では「書籍(14%)」、「ビジネス(13%)」のインストール率が他のアプリカテゴリより高かった。
今後有料でもインストールしたいアプリを層別にまると、「M1/F1層」では「勉強教育(11%)」、「生活・暮らしの便利ツール(11%)」、「ビジネス(11%)」が1割以上で相対的に高く、「ミドル/シニア層」では「マップ・ナビ(10%)」、「消費プレミア層」では「ニュース(23%)」、「書籍(19%)」、「ビジネス(18%)」が2割前後で相対的に高かった。

◇現在自宅で保有しており、自身が使用できるデバイスについて(n=「M1/F1層」462、「ミドル/シニア層」177、「消費プレミア層」135)複数選択 単位:%

◇現在自宅で保有しており、自身が使用できるデバイスについて(n=「M1/F1層」462、「ミドル/シニア層」177、「消費プレミア層」135)複数選択 単位:%

最後に全員に普段利用しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の種類について聞いたところ、「M1/F1層」のSNSの利用率が他の層より高く、10人に9人が普段SNSを利用しているという結果になった。一方で「ミドル/シニア層」ではSNSの利用率が他の層より低く、約半数が普段利用していない状況となっている。また、どの層においても「投稿系SNS」、「無料通話系SNS」の利用率が相対的に高かった。

◇普段利用しているSNSの種類について(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

◇普段利用しているSNSの種類について(n=「M1/F1層」600、「ミドル/シニア層」600、「消費プレミア層」206)複数選択 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :関東(1都6県)、近畿(2府4県)
調査対象者  :20代から60代の男女
回収サンプル数:合計1,406サンプル
【M1/F1層】 600s 
【ミドル/シニア層】 600s
【消費プレミア層】 206s
調査期間   :2014年7月25日から7月29日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート