『駅弁や社内販売などのサービスを最も重要視するのは、40代女性人気の北陸B級グルメは、
富山県「ブラックラーメン」、石川県「金沢カレー」、福井県「ソースカツ丼」』
北陸新幹線開業に関する調査

2015年2月27日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「北陸新幹線開業(2015年3月14日開業)」に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2015年2月10日(火)から12日(木)の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■新幹線で重要視するポイントは、1位「乗り心地の良さ」、2位「安全性」、3位「座席の広さ」。年齢、性別ごとに重要視するポイントが異なることが明らかに

・重要視するポイント第一位は、「乗り心地の良さ(揺れの防止、騒音の防止等)」
「重要であると考える新幹線の設備やサービス」を聞いたところ、1位「乗り心地の良さ(揺れや、騒音の防止等)(54.2%)」、2位「安全性(防犯カメラ設置等)(44.2%)」、3位「座席の広さ(35.4%)」だった。

・女性の方が男性より、新幹線に求める水準が高い。中でも「トイレの快適さ」、「安全性の高さ」を重要視
回答選択肢として用意した「新幹線の設備やサービス」9項目のうち、8項目(※「全席、電源コンセントの配備」以外)において、女性の方が男性より「重要である」と答えた人が多く、求める水準が高いことがわかった。中でも「トイレが快適に使えること」、「安全性が高いこと」については、女性が新幹線を利用する上で重要視している点であることが伺うことができた。「トイレの快適さ」については、女性(40.2%)の方が男性(24.6%)より15.6ポイント高く、「安全性(防犯カメラ設置等)」についても、女性(52.0%)の方が男性(36.4%)より15.6ポイント高い。

・駅弁や社内販売などのサービスを最も重要視しているのは、40代女性
さらに特筆すべきは、40代女性がサービスを重んじることで、「新幹線の設備やサービス」9項目のうち4項目(「乗務員のサービスの良さ」、「駅弁」、「車内販売」、「プレミアムシート(ファーストクラスのような特別席)」)において、他の性年代に比べ、最も「重要である」と考えていることがわかった。

・「全席、電源コンセントの配備」、最も重要視するのは20代
また、「全席、電源コンセントの配備」については、20代が最も重要視している(36.5%)割合が高く、年代が上がるにつれてその重要度は下がり、60代に至っては、「重要である」と答えた人は、わずか7.0%であった。また前述のとおり、唯一男性(20.8%)が女性(19.4%)より重要であると考えている設備でもある。

■北陸新幹線沿線付近の行ってみたい観光スポット上位3つは、「兼六園」、「黒部ダム」、「白川郷合掌造り集落」。5回以上訪れたことのある人にとっては、「兼六園」、「立山黒部アルペンルート」、「上高地」が人気

「北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所」を行ったことの有無を問わず聞いたところ、「兼六園(40.3%)」が最多で、「黒部ダム(36.4%)」、「白川郷合掌造り集落(30.3%)」と続いた。北陸各県に5回以上訪れたことのある人に同様の質問をしたところ、1位は同じく「兼六園(83.4%)」であったが、2位以下は、「立山黒部アルペンルート (78.5%)」、「上高地(77.8%)」と続いた。

■食べたいと思う名産品第一位は、富山県「ベニズワイガニ」、石川県「のどぐろ」、福井県「越前がに」。B級グルメは、富山県「ブラックラーメン」、石川県「金沢カレー」、福井県「ソースカツ丼」が人気

「北陸各県を代表するもので、食べてみたい/飲んでみたいと思うもの」を聞いたところ、各県ともに海産物が上位にあがった。富山県は「ベニズワイガニ(30.6%)」、「氷見ブリ(29.6%)」、「ホタルイカ(24.6%)」の順であり、石川県は、「のどぐろ(37.0%)」が最多で、「寒ぶり(30.0%)」、「能登牛(28.4%)」と続いた。福井県は「越前がに(49.0%)」、「越前うに(26.3%)」、「若狭ふぐ(21.8%)」と続いた。
B級グルメも上位にランクインしており、富山県からは「8位 ブラックラーメン(14.0%)」、石川県からは「5位 金沢カレー(16.0%)」、福井県からは「4位 ソースカツ丼(20.7%)」が、それぞれ人気となった。

調査結果

北陸新幹線開業、8割以上が「開通を知っている」。「駅区間までは知らない人」は半数以上

北陸新幹線開業について聞いたところ、「開通することを知っている」と答えた人は、8割以上(85.1%)だった。そのうち「開通する駅区間も含めて知っている」人は約3割(33.0%)、「開通することは知っているが、駅区間は知らない」人は半数以上(52.1%)いた。
さらに、男女間で比較すると、「開通する駅区間も含めて知っている」人は男性(40.2%)に多く、女性(25.8%)より14.4ポイント多かった一方で、「開通することは知っているが、駅区間は知らない」人は女性(57.8%)に多く(男性(46.4%))、男女間の違いが伺えた。

◇北陸新幹線開業について知っているか(n=1000) 単位:%

◇北陸新幹線開業について知っているか(n=1000) 単位:%

◇北陸新幹線開業について知っているか(n=1000) 単位:%

◇北陸新幹線開業について知っているか(n=1000) 単位:%

開業を機に「北陸へ旅行に行きたい」人、約60%

「北陸新幹線開業をきっかけに、北陸(富山県、石川県、福井県)へ旅行に行きたいか」と聞いたところ、「行きたい(「行きたい、やや行きたい」)」と考える人が約60%いた。「どちらとも言えない」人は25.2%、「行きたくない(行きたくない、あまり行きたくない)」人は、17.1%と、新幹線の開業を機に北陸へ行きたいと考えている人が多いことが見受けられた。

◇北陸新幹線開業をきっかけに、北陸(富山県、石川県、福井県)へ旅行に行きたいか(n=1000) 単位:%

◇北陸新幹線開業をきっかけに、北陸(富山県、石川県、福井県)へ旅行に行きたいか(n=1000 単位:%

新幹線で重要視するポイントは、1位「乗り心地の良さ」、2位「安全性」、3位「座席の広さ」。年齢、性別ごとに重要視するポイントが異なることが明らかに

・重要視するポイント第一位は、「乗り心地の良さ(揺れの防止、騒音の防止等)」
「重要であると考える新幹線の設備やサービス」を聞いたところ、1位「乗り心地の良さ(揺れや、騒音の防止等)(54.2%)」、2位「安全性(防犯カメラ設置等)(44.2%)」、3位「座席の広さ(35.4%)」だった。

・女性の方が男性より、新幹線に求める水準が高い。中でも「トイレの快適さ」、「安全性の高さ」を重要視
回答選択肢として用意した「新幹線の設備やサービス」9項目のうち、8項目(※「全席、電源コンセントの配備」以外)において、女性の方が男性より「重要である」と答えた人が多く、求める水準が高いことがわかった。中でも「トイレが快適に使えること」、「安全性が高いこと」については、女性が新幹線を利用する上で重要視している点であることが伺うことができた。「トイレの快適さ」については、女性(40.2%)の方が男性(24.6%)より15.6ポイント高く、「安全性(防犯カメラ設置等)」についても、女性(52.0%)の方が男性(36.4%)より15.6ポイント高い。

・駅弁や社内販売などのサービスを最も重要視しているのは、40代女性
さらに特筆すべきは、40代女性がサービスを重んじることで、「新幹線の設備やサービス」9項目のうち4項目(「乗務員のサービスの良さ」、「駅弁」、「車内販売」、「プレミアムシート(ファーストクラスのような特別席)」)において、他の性年代に比べ、最も「重要である」と考えていることがわかった。

・「全席、電源コンセントの配備」、最も重要視するのは20代
また、「全席、電源コンセントの配備」については、20代が最も重要視している(36.5%)割合が高く、年代が上がるにつれてその重要度は下がり、60代に至っては、「重要である」と答えた人は、わずか7.0%であった。また前述のとおり、唯一男性(20.8%)が女性(19.4%)より重要であると考えている設備でもある。

◇「新幹線の設備やサービス」9項目における重要度について(n=1000) 単位:%

◇「新幹線の設備やサービス」9項目における重要度について(n=1000) 単位:%

◇「新幹線の設備やサービス」9項目において、「重要である」と答えた人(n=1000) 単位:%

◇「新幹線の設備やサービス」9項目において、「重要である」と答えた人(n=1000) 単位:%

北陸新幹線を利用して旅行に行くなら「2泊3日」が人気

北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人に、「期間は何日間を検討するか」を聞いたところ、「2泊3日(51.0%)」と考える人が最も多く、「1泊2日(36.3%)」、「3泊4日(8.4%)」と続いた。

◇北陸新幹線を使って旅行する場合、期間は何日間を検討するか(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:%

◇北陸新幹線を使って旅行する場合、期間は何日間を検討するか(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:%

北陸新幹線で訪れたい季節、「富山県は春」、「石川県、福井県は秋」が人気

「北陸新幹線を使って旅行する場合、北陸の各県をどの季節に訪れたいか」と聞いたところ、富山県は「春(30.6%)」が圧倒的に多く、石川県、福井県は「秋(石川県:26.4%、福井県:23.6%)」が最多で、僅差で「春(石川県:25.0%、福井県:23.2%)」が続いた。

◇北陸新幹線を使って旅行する場合、北陸の各県をどの季節に訪れたいか(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:%

◇北陸新幹線を使って旅行する場合、北陸の各県をどの季節に訪れたいか(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:%

北陸新幹線沿線付近の行ってみたい観光スポット上位3つは、「兼六園」、「黒部ダム」、「白川郷合掌造り集落」。5回以上訪れたことのある人にとっては、「兼六園」、「立山黒部アルペンルート」、「上高地」が人気

「北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所」を行ったことの有無を問わず聞いたところ、「兼六園(40.3%)」が最多で、「黒部ダム(36.4%)」、「白川郷合掌造り集落(30.3%)」と続いた。北陸各県に5回以上訪れたことのある人に同様の質問をしたところ、1位は同じく「兼六園(83.4%)」であったが、2位以下は、「立山黒部アルペンルート (78.5%)」、「上高地(77.8%)」と続いた。

◇北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:% 複数回答可

◇北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所(北陸新幹線を使って旅行に「行きたい(「行きたい」、「やや行きたい」)」、「どちらとも言えない」と回答した人 n=829) 単位:% 複数回答可

◇北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所(北陸各県いずれかに5回以上行ったことのある人 n=191) 単位:% 複数回答可

◇北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所(北陸各県いずれかに5回以上行ったことのある人 n=191) 単位:% 複数回答可

一度も北陸へ旅行したことがない人は、約半数

「今まで、北陸の各県を旅行で訪れたことはあるか」聞いたところ、北陸3県いずれにも、行ったことがない人が約半数近くとなった。中でも、富山県はまだ訪れていない人が54.0%と最も多かった。一方、1回訪れたことがある人の訪問先は、石川県が最も多く(24.7%)、5回以上は福井県が最も多かった(8.7%)。
また、「今まで、北陸の各県を出張で訪れたことはあるか」聞いたところ、全県8割以上が行ったことがないことが明らかになった。

◇今まで、北陸の各県を旅行で訪れたことはあるか(n=1000) 単位:%

◇今まで、北陸の各県を旅行で訪れたことはあるか(n=1000) 単位:%

◇今まで、北陸の各県を出張で訪れたことはあるか(n=1000) 単位:%

◇今まで、北陸の各県を出張で訪れたことはあるか(n=1000) 単位:%

食べたいと思う名産品第一位は、富山県「ベニズワイガニ」、石川県「のどぐろ」、福井県「越前がに」。B級グルメは、富山県「ブラックラーメン」、石川県「金沢カレー」、福井県「ソースカツ丼」が人気

「北陸各県を代表するもので、食べてみたい/飲んでみたいと思うもの」を聞いたところ、各県ともに海産物が上位にあがった。富山県は「ベニズワイガニ(30.6%)」、「氷見ブリ(29.6%)」、「ホタルイカ(24.6%)」の順であり、石川県は、「のどぐろ(37.0%)」が最多で、「寒ぶり(30.0%)」、「能登牛(28.4%)」と続いた。福井県は「越前がに(49.0%)」、「越前うに(26.3%)」、「若狭ふぐ(21.8%)」と続いた。
B級グルメも上位にランクインしており、富山県からは「8位 ブラックラーメン(14.0%)」、石川県からは「5位 金沢カレー(16.0%)」、福井県からは「4位 ソースカツ丼(20.7%)」が、それぞれ人気となった。

◇北陸各県を代表するもので、食べてみたい/飲んでみたいと思うものは何か(上位10位まで) (n=1000) 単位:%

◇北陸各県を代表するもので、食べてみたい/飲んでみたいと思うものは何か(上位10位まで) (n=1000) 単位:%

「北陸新幹線開業をきっかけに、最もしてみたいことは何か」を聞いたところ、「北陸新幹線への乗車」であることが明らかになった

「北陸新幹線開業をきっかけに、最もしてみたいことは何か」を聞いたところ、「北陸新幹線への乗車(17.9%)」と答えた人が最も多く、新幹線に乗ることが目的となっており、期待度が高いことがわかった。2位以下は、2位「温泉を堪能する(16.0%)」、3位「ご当地料理を食べる(12.8%)」、4位「観光スポットをめぐる(12.6%)」、5位「北陸新幹線沿線周辺のホテル・旅館に宿泊する(7.1%)」と続いた。

◇北陸新幹線開業をきっかけに、最もやってみたいことは何か(n=1000) 単位:%

◇北陸新幹線開業をきっかけに、最もやってみたいことは何か(n=1000) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2015年2月10日から2月12日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート