『「SIMロック」の認知度、半数以上
月額利用料金が「高い」と感じるのは4,000円以上
現実は半数以上が6,000円超え。1万円台が最も多い』
携帯電話利用に関する意識調査

2015年4月3日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「携帯電話利用に関する意識調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2015年3月18日(水)から19日(木)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■半数以上が「SIMロック」を「知っている」。
「SIMロック」を知っている人の約7割が「SIMロック解除の義務化」を知っている

「SIMロック」の認知について聞いたところ、知っている(よく知っている(16.1%)、少し知っている(34.2%))人は、半数以上(50.3%)いた。「SIMロック」を知っている人のうち、男性(64.2%)の方が女性(36.4%)より27.8ポイント多かった。なかでも、20代男性の3割以上(33.0%)は「よく知っている」と答え、ほかの性年代と比べると最も高いことが明らかになった。

前問で、「SIMロック」とは何か知っていると答えた人に、「SIMロック解除の義務化」について知っているか聞いたところ、7割以上(73.2%)が知っていた。全体では、36.8%の人が「SIMロック解除の義務化」について知っていることになる。男女間の差を見ると、男性(79.1%)の方が女性(62.6%)より16.5ポイント多く知っており、「SIMロック」の認知度に続き、「SIMロック解除の義務化」についても、男性の方が女性よりも知見があるという結果になった。また、20代男性(34.3%)が最も「よく知っている」ことが明らかになった。

■月額利用料金、「10,000円~19,999円」が最多。半数以上が6,000円超え。
7割以上が、現在の月額利用料金を高いと考えるも、携帯電話を替えたい人は約2割。
月額利用料金が「高い」と感じる料金帯は4,000円以上

携帯電話にかけている月額利用料金を聞いてみたところ、最も多いのが「10,000円~19,999円(11.8%)」だった。続いて、「7,000円~7,999円(11.6%)」、「6,000円~6,999円(11.0%)」だった。月額利用料金が「6,000円以上」である人の割合は半数以上(54.0%)となった。

男女間の差を見ると、男性は「10,000円~19,999円(13.2%)」を支払っている人が最も多く、女性は「8,000円~8,999円(13.5%)」を支払っている人が最も多い。

性年代別に見ると、男性20代~40代は、「10,000円~19,999円(平均17.3%)」が多く、男性50代~ 60代は「6,000円~6,999円(平均15.2%)」が多いことがわかった。一方、女性20代は、「8,000円~8,999円(24.7%)」が最も多く、30代は「7,000円~7,999円(18.8%)」、「8,000円~8,999円(18.8%)」が多かった。女性40代~50代は「2,000円~2,999円(女性40代13.3%、女性50代15.5%)」、女性60代は「1,000円~1,999円(17.9%)」が多く、女性40代~60代は比較的低額であることがわかった。

自身の月額利用料金を高いと思うか訊ねたところ、7割以上(70.2%)が高い(高い(41.4%)、やや高い(28.8%))と考えていることがわかった。
月額利用料金が4,000円を超えると、半数以上が高いと感じることがわかった。

7割以上の人が月額利用料金を高いと考えているが、携帯電話の契約内容を変更したい(変更したい(13.6.%)、変更したいと少し思う(9.4%))という考えに至っている人は、約2割(23.0%)しかいなかった。

■携帯電話の用途についてほぼ毎日使われるのは、1位「インターネット機能を利用した検索、情報入手」、2位「キャリアメール」、3位「無料のコミュニケーションアプリにおけるメッセージのやり取り」

最も使われるのは、「インターネット機能を利用した検索、情報入手、ニュースの閲覧」
携帯電話の用途について使用頻度を聞いたところ、ほぼ毎日使う機能として、突出して多かったのが「インターネット機能を利用した検索、情報入手、ニュースの閲覧(52.8%)」であった。

20代の半数以上が「無料のコミュニケーションアプリ」を利用。20代~30代を中心に「Webメール」を利用。30代~50代に根強い人気、「キャリアメール」
メール(キャリアメール(36.6%)、Webメール(28.8%))や、無料のコミュニケーションアプリにおけるメッセージのやり取り(33.1%)といった、オンライン上でのコミュニケーションは、ほぼ毎日使われる機能として多いことがわかった。

年代別に比較すると、20代の半数以上(51.0%)が「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)におけるメッセージのやり取り」をほぼ毎日利用しており、突出して多い傾向にあることがわかった(他の年代の平均23.5%)。「Webメール(@gmail.com、@yahoo.co.jp、@hotmail.co.jp等)」に関しては、20代~30代(平均36.2%)を中心に使われていることがわかった(他の年代の平均22.9%)。また「キャリアメール(@docomo.ne.jp、@i.softbank.jp、@ezweb.ne.jp等)」に関しては、30代~50代(平均40.2%)を中心に使われており、根強い人気があることがわかった(他の年代の平均30.7%)。

ほかの年代より60代の使用頻度が唯一高いのは「通信事業者が提供する通話機能」
「通話機能」に焦点をあてると、「通信事業者が提供する通話機能(28.0%)」が最も多く、続いて「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)の通話機能(16.5%)」、「有料のコミュニケーションアプリの通話機能(2.4%)」だった。

年代別に見ると、60代(31.8%)は、「通信事業者が提供する通話機能」の使用頻度が高く、20代(24.0%)は、「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)の通話機能」が高いことがわかった。

調査結果

半数以上が「SIMロック」を「知っている」

「SIMロック」の認知について聞いたところ、知っている(よく知っている(16.1%)、少し知っている(34.2%))人は、半数以上(50.3%)いた。「SIMロック」を知っている人のうち、男性(64.2%)の方が女性(36.4%)より27.8ポイント多かった。なかでも、20代男性の3割以上(33.0%)は「よく知っている」と答え、ほかの性年代と比べると最も高いことが明らかになった。

◇「SIMロック」とは何か知っているか(n=1000) 単位:%

◇「SIMロック」とは何か知っているか(n=1000) 単位:%

「SIMロック」を知っている人の約7割が「SIMロック解除の義務化」を知っている

前問で、「SIMロック」とは何か知っていると答えた人に、「SIMロック解除の義務化」について知っているか聞いたところ、7割以上(73.2%)が知っていた。全体では、36.8%の人が「SIMロック解除の義務化」について知っていることになる。男女間の差を見ると、男性(79.1%)が女性(62.6%)より16.5ポイント多く知っており、「SIMロック」の認知度に続き、「SIMロック解除の義務化」についても、男性の方が女性よりも知見があるという結果になった。また、こちらも20代男性(34.3%)が最も「よく知っている」ことが明らかになった。

◇「SIMロック解除の義務化」とは何か知っているか(「SIMロック」とは何か「よく知っている」、「少し知っている」と答えた人n=503) 単位:%

◇「SIMロック解除の義務化」とは何か知っているか(「SIMロック」とは何か「よく知っている」、「少し知っている」と答えた人n=503) 単位:%

約8割が携帯電話「1台持ち」。「2台持ち」は約1割、20代男性の16.0%は「2台持ち」

携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)の契約台数を聞いたところ、約8割(78.4%)が「1台持ち」だった。「2台持ち」は9.5%となっており、8.7%は「持っていない」ことがわかった。

「2台持ち」で最も多い年代は男性20代(16.0%)であり、ほかの年代(平均8.8%)と比べ、7.2ポイント多いという結果になった。

◇現在の携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)の契約台数(n=1000) 単位:%

◇現在の携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)の契約台数(n=1000) 単位:%

◇現在の携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)の契約台数(n=1000) 単位:%

◇現在の携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)の契約台数(n=1000) 単位:%

携帯電話端末のうち、93.1%以上が3大通信事業者と契約。約3%がMVNO

所有している携帯電話端末の「現在契約している通信事業者(キャリア)/MVNO(仮想移動体通信事業者)」を聞いたところ、3大通信事業者(キャリア)が全体の9割以上(93.1%)を占めた。3大通信事業者の内訳は「docomo(40.4%)」、「au(29.9%)」、「SoftBank(22.8%)」となった。また、約3%(2.7%)は、MVNOとの契約であることもわかった。

◇どの通信事業者(キャリア)/MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約しているか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:% 複数回答可

◇どの通信事業者(キャリア)/MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約しているか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:% 複数回答可

4分の1はフィーチャーフォン。60代の4割以上がフィーチャーフォン

どの機種を使っているか聞いたところ、Androidが最も多く(35.9%)、次いでiPhone(28.6%)だった。Androidを使っているのは、男性の方が女性よりも8.9ポイント高く(男性40.0%、女性31.1%)、iPhoneを使っているのは、女性の方が男性よりも7.2ポイント高いことがわかった(男性25.3%、女性32.5%)。

また、使っている機種の4分の1(25.0%)がフィーチャーフォンであることがわかった。なかでも、60代の4割以上(40.8%)が使用しており、他の年代(平均21.9%)と比べ、18.9ポイント高いことが明らかになった。

◇どの機種を使っているか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:% 複数回答可

◇どの機種を使っているか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:% 複数回答可

月額利用料金、「10,000円~19,999円」が最多。半数以上が6,000円超え

携帯電話にかけている月額利用料金を聞いてみたところ、最も多いのが「10,000円~19,999円(11.8%)」だった。続いて、「7,000円~7,999円(11.6%)」、「6,000円~6,999円(11.0%)」だった。月額利用料金が「6,000円以上」である人の割合は半数以上(54.0%)となった。

男女間の差を見ると、男性は「10,000円~19,999円(13.2%)」を支払っている人が最も多く、女性は「8,000円~8,999円(13.5%)」を支払っている人が最も多い。

性年代別に見ると、男性20代~40代は、「10,000円~19,999円(平均17.3%)」が多く、男性50代~ 60代は「6,000円~6,999円(平均15.2%)」が多いことがわかった。一方、女性20代は、「8,000円~8,999円(24.7%)」が最も多く、30代は「7,000円~7,999円(18.8%)」、「8,000円~8,999円(18.8%)」が多かった。女性40代~50代は「2,000円~2,999円(女性40代13.3%、女性50代15.5%)」、女性60代は「1,000円~1,999円(17.9%)」が多く、女性40代~60代は比較的低額であることがわかった。

◇携帯電話にかかる月額利用料金はいくらか ※台数に関係なく、一ヵ月にかかる利用料金の合計金額 (携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金はいくらか ※台数に関係なく、一ヵ月にかかる利用料金の合計金額 (携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金はいくらか ※台数に関係なく、一ヵ月にかかる利用料金の合計金額 (携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金はいくらか ※台数に関係なく、一ヵ月にかかる利用料金の合計金額 (携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

7割以上が、現在の月額利用料金を高いと考える。「高い」と感じる料金帯は、4,000円以上

自身の月額利用料金を高いと思うか訊ねたところ、7割以上(70.2%)が高い(高い(41.4%)、やや高い(28.8%))と考えていることがわかった。
また、月額利用料金が4,000円を超えると、半数以上が高いと感じることがわかった。

◇携帯電話にかかる月額利用料金を高いと思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金を高いと思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金を高いと思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話にかかる月額利用料金を高いと思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

月額利用料金、7割以上が高いと考えるも、携帯電話を替えたい人は約2割

7割以上の人が月額利用料金を高いと考えているが、携帯電話の契約内容を変更したい(変更したい(13.6.%)、変更したいと少し思う(9.4%))という考えに至っている人は、約2割(23.0%)しかいなかった。

◇現在利用している携帯電話契約内容を変更したい(携帯電話端末を替えたい、もしくは契約プランを変更したい)と思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇現在利用している携帯電話契約内容を変更したい(携帯電話端末を替えたい、もしくは契約プランを変更したい)と思うか(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

今使っている携帯電話を変更したくない理由第一位は、「変更したいと思える料金プランがないから」。一方、女性50代~60代は、「現在使っている料金プランを気に入っているから」

変更したくないと答えた人に、その理由を聞いたところ、約4割が「変更したいと思える料金プランがないから(38.5%)」と答え、現在の利用プランに満足しているというよりは、魅力的な料金プランがないことを挙げた。2位以下は、「2年契約で違約金が発生するから(30.0%)」、「手続きに手間がかかるから(24.8%)」と続いた。

「変更したいと思える料金プランがないから」を理由に挙げる方は、月額利用料金が比較的高い男性20代(55.7%)で、他の性年代(平均36.2%)と比べ19.5ポイント高く、一方、「現在使っている料金プランを気に入っているから」という理由については、月額利用料金が比較的安価な女性50代~60代(平均24.0%)で、他の性年代(平均11.9%)と比べて差が出ていた。

◇現在利用している携帯電話について、携帯電話端末を替えたくない、もしくは契約プランを変更したくないと思うのはなぜか(現在の携帯電話を替えたくないと思っている人 n=629) 単位:%

◇現在利用している携帯電話について、携帯電話端末を替えたくない、もしくは契約プランを変更したくないと思うのはなぜか(現在の携帯電話を替えたくないと思っている人 n=629) 単位:%

◇現在利用している携帯電話について、携帯電話端末を替えたくない、もしくは契約プランを変更したくないと思うのはなぜか(現在の携帯電話を替えたくないと思っている人 n=629) 単位:%

◇現在利用している携帯電話について、携帯電話端末を替えたくない、もしくは契約プランを変更したくないと思うのはなぜか(現在の携帯電話を替えたくないと思っている人 n=629) 単位:%

携帯電話において、最も重要視しているのは、「料金の安さ」

携帯電話の「通信事業者が提供しているサービス」や「携帯電話端末の機能」について、重要度を聞いたところ、最も重要なことは、「料金の安さ(64.6%)」が突出していた。続いて「今までと同じ電話番号を使えること(53.7%)」、「通信速度が速い(42.2%)」だった。

◇携帯電話に関する「通信事業者が提供しているサービス」や「携帯電話端末の機能」についての重要度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話に関する「通信事業者が提供しているサービス」や「携帯電話端末の機能」についての重要度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

携帯電話の用途についてほぼ毎日使われるのは、1位「インターネット機能を利用した検索、情報入手」、2位「キャリアメール」、3位「無料のコミュニケーションアプリにおけるメッセージのやり取り」

最も使われるのは、「インターネット機能を利用した検索、情報入手、ニュースの閲覧」
携帯電話の用途について使用頻度を聞いたところ、ほぼ毎日使う機能として、突出して多かったのが「インターネット機能を利用した検索、情報入手、ニュースの閲覧(52.8%)」であった。

20代の半数以上が「無料のコミュニケーションアプリ」を利用。20代~30代を中心に「Webメール」を利用。30代~50代に根強い人気、「キャリアメール」
メール(キャリアメール(36.6%)、Webメール(28.8%))や、無料のコミュニケーションアプリにおけるメッセージのやり取り(33.1%)といった、オンライン上でのコミュニケーションは、ほぼ毎日使われる機能として多いことがわかった。

年代別に比較すると、20代の半数以上(51.0%)が「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)におけるメッセージのやり取り」をほぼ毎日利用しており、突出して多い傾向にあることがわかった(他の年代の平均23.5%)。「Webメール(@gmail.com、@yahoo.co.jp、@hotmail.co.jp等)」に関しては、20代~30代(平均36.2%)を中心に使われていることがわかった(他の年代の平均22.9%)。また「キャリアメール(@docomo.ne.jp、@i.softbank.jp、@ezweb.ne.jp等)」に関しては、30代~50代(平均40.2%)を中心に使われており、根強い人気があることがわかった(他の年代の平均30.7%)。

ほかの年代より60代の使用頻度が唯一高いのは「通信事業者が提供する通話機能」
「通話機能」に焦点をあてると、「通信事業者が提供する通話機能(28.0%)」が最も多く、続いて「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)の通話機能(16.5%)」、「有料のコミュニケーションアプリの通話機能(2.4%)」だった。

年代別に見ると、60代(31.8%)は、「通信事業者が提供する通話機能」の使用頻度が高く、20代(24.0%)は、「無料のコミュニケーションアプリ(Viber、LINE、Skype等)の通話機能」が高いことがわかった。

◇携帯電話の用途について、使用頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話の用途について、使用頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話の用途について、ほぼ毎日使用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話の用途について、ほぼ毎日使用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

携帯電話端末、20代の約5人に1人が「ほぼ毎回トイレで使う」と回答

5つのシーン(1.入浴中、2.トイレ、3.1人での食事、4.就寝前の寝床、5.会議/講義中)において、携帯電話を手離せず利用する頻度を聞いたところ「就寝前、寝床で使う」人が最も多く、約6割(57.7%)がよく使っている(「ほぼ毎回使う」、「2~3回に1回程度使う」)。また、「1人で食事をする際に使う」(「ほぼ毎回使う」、「2~3回に1回程度使う」)も半数以上(50.7%)という結果となった。

年代別に比較すると、20代の約5人に1人(23.5%)が、ほぼ毎回トイレで携帯電話を使用することが判明した。また、20代~30代の半数以上(20代62.8%、30代50.5%)が、ほぼ毎回就寝前、寝床で使用することがわかった。

◇携帯電話を手離せず利用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話を手離せず利用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話を手離せず利用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

◇携帯電話を手離せず利用する頻度(携帯電話を持っている人 n=913) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2015年3月18日から3月19日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート