『母国に帰国する際に購入する商品の平均合計金額、
およそ6割は母国居住者に頼まれた買い物』
日本在住外国人による母国へのお土産購入実態調査

2015年10月14日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:森 学)は、日本在住外国人のお土産購入実態に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、7月22日(水)から27日(月)の6日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在住する20代から60代の「中国」「台湾」「韓国・朝鮮」いずれかの国籍に該当する男女、計645人を対象に行いました。

※調査結果においては、各国籍の回答者を表現する場合、「中国」、「台湾」、「韓国・朝鮮」の各国籍のみを表記しています。

※今回ご提供させていただいております調査結果データは抜粋版となります。
詳細部分までご興味のある方は弊社担当営業までご連絡いただければと思います。

調査結果

中国・台湾は、連休の取りやすい時期に「年1~3回」母国へ一時帰国

中国では、約6割が「年に1~3回(62%)」一時帰国している。時期は「8月(30%)」、「2月(27%)」の順で多い。台湾では、全体の8割近くが「年に1~3回(75%)」程度一時帰国する。時期は「5月(21%)」、「8月(20%)」が多い。中国、台湾ともに、連休などで長期休暇が取得しやすい時期に一時帰国をしている。
一方、韓国・朝鮮では、「一時帰国しない(61%)」が最多であった。帰国時期は、半数以上が「特に決まっていない(51%)」と回答している。日本生まれが全体の8割(84%)を超えるためと考えられる。

◇母国への帰国頻度(n=645) 単位:%

◇母国への帰国頻度(n=645) 単位:%

◇母国への帰国時期(n=451:母国へ一時帰国をする人) 複数選択 単位:%

◇母国への帰国時期(n=451:母国へ一時帰国をする人) 複数選択 単位:%

母国に帰国する際に購入する商品の平均合計金額、およそ6割は母国居住者に頼まれた買い物

中国において、母国に一時帰国する際に購入する商品の平均合計金額は22.9万円であった。そのうち、13.8万円(全体の60%)が母国居住者に頼まれた買い物、残りの9.1万円(同40%)は自主的にする買い物である。

一方、台湾をみると、平均合計金額は18.2万円であった。そのうち、10.3万円(全体の57%)が母国居住者に頼まれた買い物、残りの7.9万円(同43%)は自主的にする買い物である。
中国、台湾ともに、平均購入合計金額の約6割が、母国居住者に頼まれた買い物で占められていた。

◇母国に帰国する際に購入する商品の平均合計金額(n=451:母国へ一時帰国をする人) 単位:%

◇母国に帰国する際に購入する商品の平均合計金額(n=451:母国へ一時帰国をする人) 単位:%

買い物を頼んでくるのは主に家族や友人、3割強が「間接的な知り合い」からも頼まれている

母国へ帰国する際、買い物を頼んでくる相手がいるか確認したところ、中国では「親(62%)」、「友人(53%)」、「親族(43%)」が上位であった。約3割は「間接的な知り合い(「親/兄弟姉妹/親族/友人」の友人・会社の人・知り合い)(28%)」を挙げていた。
台湾では、「兄弟姉妹(66%)」、「親(54%)」、「友人(53%)」が上位であり、中国と同様に約3割が「間接的な知り合い(「親/兄弟姉妹/親族/友人」の友人・会社の人・知り合い)(35%)」を挙げていた。  一方、韓国・朝鮮では「頼まれることはない(36%)」という回答が最も多かった。

◇買い物を頼んでくる相手(n=375:日本以外で生まれ、母国へ一時帰国する人) 複数選択 単位:%

◇買い物を頼んでくる相手(n=375:日本以外で生まれ、母国へ一時帰国する人) 複数選択 単位:%

次に、頼まれる商品の平均合計金額をみると、中国は「1~20万円未満(80%)」の範囲内が8割を超えた。「50万円以上」の高額回答者も1割弱(5%)いた。平均値は13.8万円であった。
台湾では、頼まれる商品の平均合計金額は「1~10万円未満(68%)」の範囲内が多く、平均値は10.3万円であった。

◇頼まれて購入する1回あたりの金額(n=318:母国への一時帰国時に買い物を頼まれる人) 単位:%

◇頼まれて購入する1回あたりの金額(n=318:母国への一時帰国時に買い物を頼まれる人) 単位:%

頼まれる商品は「化粧品」や「医薬品」が人気、頼んでくる人の商品認知経路は主にクチコミ

購入を依頼された商品(『電気製品』10品目と『電気製品以外』10品目の計20品目を提示)の中で上位3位を確認したところ、中国において『電気製品』では「デジタルカメラ(69%)」、「髭剃り(65%)」、「炊飯器(64%)」が、『電気製品以外』では「スキンケア化粧品(86%)」、「メイクアップ化粧品(80%)」、「医薬品(77%)」が挙げられた。
一方、台湾をみると、『電気製品』では「ドライヤー、ヘアアイロン(50%)」、「炊飯器(50%)」、「美容機器(45%)」が、『電気製品以外』では「医薬品(97%)」、「スキンケア化粧品(79%)」、「服飾小物(63%)」が上位に挙げられた。中国に比べて、電気製品の購入依頼率が低めである。

中国において、頼んでくる相手の認知経路は、ほぼすべての品目で「他の人に薦められて」などのクチコミが多いが、それ以外では「インターネット通販」、「クチコミサイト、価格比較サイト」、「インターネット広告」などインターネット経由での認知が多く挙げられた。
また、購入前に頼んでくる相手へ共有する情報としては、商品に関わらず、インターネットや実際の売り場の商品写真が多いことが分かった。

◇頼まれる商品(n=318:母国への一時帰国時に買い物を頼まれる人) 複数選択 単位:%

◇頼まれる商品(n=318:母国への一時帰国時に買い物を頼まれる人) 複数選択 単位:%

自主的に購入するお土産は「お菓子」が人気、電気製品の購入は少ない

母国への一時帰国時に、自主的にお土産を購入する相手がいるかについて確認したところ、中国では「親(73%)」、「友人(41%)」、「兄弟姉妹(40%)」、「親族(40%)」が上位であった。  台湾でも「親(68%)」、「兄弟姉妹(66%)」、「友人(55%)」が上位であった。
韓国・朝鮮では「親(40%)」、「兄弟姉妹(35%)」と身近な家族が上位だが、3位では「自主的に買うものはない(31%)」が挙げられ、3割の人が自主的にお土産を購入する相手がいないことがわかった。

◇自主的にお土産を購入する相手(n=375:日本以外で生まれ、母国へ一時帰国する人) 複数選択 単位:%

◇自主的にお土産を購入する相手(n=375:日本以外で生まれ、母国へ一時帰国する人) 複数選択 単位:%

次に、平均購入金額を確認したところ、中国では「10万円未満(74%)」が7割を超えた。平均は9.1万円であった。
台湾では「4万円未満(63%)」が6割を占め、平均は7.9万円であった。

◇自主的に購入する1回あたりの金額(n=326:母国への一時帰国時に自主的にお土産を購入する人)単位:%

◇自主的に購入する1回あたりの金額(n=326:母国への一時帰国時に自主的にお土産を購入する人)単位:%

自主的に購入する商品をみると、中国において『電気製品』は「髭剃り(20%)」、「美容機器(15%)」、「炊飯器(14%)」が上位にあがり、『電気製品以外』では「お菓子(59%)」、「スキンケア化粧品(45%)」、「医薬品(33%)」が上位であった。
台湾をみると、『電気製品』では「炊飯器(13%)」、「ドライヤー、ヘアアイロン(12%)」、「美容機器(8%)」が、『電気製品以外』では「お菓子(75%)」、「医薬品(44%)」、「服飾小物(27%)」がそれぞれ上位であった。
中国、台湾ともに「お菓子」が人気であり、頼まれる商品と比べて電気製品の購入率が低かった。

◇自主的に購入する商品(n=326:母国への一時帰国時に自主的にお土産を購入する人)複数選択 単位:%

◇自主的に購入する商品(n=326:母国への一時帰国時に自主的にお土産を購入する人)複数選択 単位:%

中国では「営利目的での商品購入者」は2割強、商品代金より平均2割多く請求

「普段、利益を得ることを目的として、日本で購入した商品を母国に住んでいる人へ送る(郵送する)ことがあるか(『営利目的での商品購入者』であるか)」と質問したところ、「ある」と回答した割合は「中国(23%)」、「台湾(18%)」、「韓国・朝鮮(8%)」の順で多かった。

◇『営利目的での商品購入者』であるか(n=645) 単位:%

◇『営利目的での商品購入者』であるか(n=645) 単位:%

中国の傾向をみると、1ヶ月あたりの平均販売金額は「10万円未満(80%)」が8割を占めていたが、「50万円以上(11%)」も1割程度いた。全体平均金額は16.3万円であった。
購入代金支払い時に上乗せする金額の割合では、「20%未満(75%)」が約8割となり、「50%以上(10%)」回答者は約1割であった。商品代金より平均20%多く請求していた。

◇平均販売金額/月(中国)(n=60:営利目的での商品購入者) 単位:%

◇平均販売金額/月(中国)(n=60:営利目的での商品購入者) 単位:%

◇平均上乗せ金額/月(中国)(n=60:営利目的での商品購入者) 単位:%

◇平均上乗せ金額/月(中国)(n=60:営利目的での商品購入者) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳の「中国」「台湾」「韓国・朝鮮」いずれかの国籍を持つ男女
回収サンプル数:645サンプル
調査期間   :2015年7月22日から27日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート