『全体の8割以上がインターネットで動画を視聴と回答
セットトップボックスは認知、利用ともに低い結果に』
インターネットでの動画視聴とセットトップボックスに関する調査

2016年1月22日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、「インターネットでの動画視聴とセットトップボックス(※)に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2016年1月8日(金)から9日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■全体の8割以上がインターネットで動画を視聴と回答、うち7割以上が週に1回以上

インターネットで動画を見るかを聞いたところ、全体では「はい」と回答した人が81.3%、「いいえ」と回答した人が18.7%で、8割以上がインターネットで動画を見ていることが分かった。「はい」と回答した人を年代別で見たところ、30代が91.0%と最も高く、20代の88.0%、40代の84.0%と続いた。最も数値の低い60代でも69.5%と約7割がインターネットで動画を見ており、インターネットでの動画視聴は一般的に普及しているということが分かる。

インターネットで動画を見ると回答した人に、視聴の頻度について聞いたところ、全体では、「週1、2回」が28.8%で最も多く、次いで「毎日(24.6%)」、「週3、4回(18.6%)」となった。このことから、7割以上が週に1回以上は動画を見ていることが分かる。また、動画を見る際に利用するサービスについて聞いたところ、「YouTube」が94.8%と最も多く、続いて「ニコニコ動画(25.1%)」、「Gyao(17.5%)」という結果となった。無料でも視聴できる動画を提供するサービスが上位3つを占めた。

■セットトップボックス、認知・利用ともに低い結果に。しかし利用に興味を示す人は現在利用している人の4倍以上

テレビでインターネットを利用して視聴できる動画やオンラインショッピングなどのインターネットサービスを利用するための端末であるセットトップボックスを知っているか聞いたところ、「いいえ」と回答した人が81.7%で、認知は高くないことが明らかとなった。性別で見ると、男女間で16.2ポイントの差が出ており、セットトップボックスを知っている男性は女性に2倍以上の差をつける結果となり、男性の方が新しい端末に敏感な傾向であると見受けられた。また、セットトップボックスを利用しているか聞いたところ、「いいえ」と回答した人は94.9%だった。

現在セットトップボックスを利用していない約95%に、セットトップボックスへの興味があるかを聞いたところ、「はい」と回答した人は22.7%、「いいえ」は77.3%という結果となった。実際にセットトップボックスを利用している人は約5%であったが、4倍以上の人がセットトップボックスの利用に興味を持っていることが分かった。

調査結果

全体の8割以上がインターネットで動画を視聴と回答、うち7割以上が週に1回以上

インターネットで動画を見るかを聞いたところ、全体では「はい」と回答した人が81.3%、「いいえ」と回答した人が18.7%で、8割以上がインターネットで動画を見ていることが分かった。「はい」と回答した人を年代別で見たところ、30代が91.0%と最も高く、20代の88.0%、40代の84.0%と続いた。最も数値の低い60代でも69.5%と約7割がインターネットで動画を見ると回答しており、インターネットでの動画視聴は一般的に普及しているということが分かる。

◇インターネットで動画を見ているか(n=1,000)単位:%

◇インターネットで動画を見ているか(n=1,000)単位:%

インターネットで動画を見ると回答した人に、視聴の頻度について聞いたところ、全体では、「週1、2回」が28.8%で最も多く、次いで「毎日(24.6%)」、「週3、4回(18.6%)」となった。このことから、7割以上が週に1回以上はインターネットで動画を見ていることがわかった。性別で見たところ、女性より男性のほうが毎日視聴をしている割合は高く(男性:30.5%、女性:18.2%)、その差は12.3ポイントとなった。特に、男性20代の4割(39.1%)が毎日見ていると回答した。

年代別では、20代、30代は「毎日」(20代:32.4%、30代:26.9%)視聴している割合が最も多いのに対し、40代以降は「週1、2回」(40代:29.8%、50代:43.9%、60代:28.8%)の割合が最も高く、年代が上がるにつれインターネットでの動画の視聴頻度は低くなることが分かった。

◇動画を見る頻度について(n=813)単位:%

◇動画を見る頻度について(n=813)単位:%

インターネットで動画を見る際に利用するサービスについて聞いたところ、「YouTube」と回答した人が94.8%と最も多く、続いて「ニコニコ動画(25.1%)」、「Gyao(17.5%)」という結果となった。無料で視聴できる動画を提供するサービスが上位3つを占めた。

◇動画を見る際に利用するサービスについて(n=813)複数回答 単位:%

◇動画を見る際に利用するサービスについて(n=813)複数回答 単位:%

セットトップボックス、認知・利用ともに低い結果に。利用デバイスは「AppleTV」がトップ

テレビでインターネットを利用して視聴できる動画やオンラインショッピングなどのインターネットサービスを利用するための端末であるセットトップボックスを知っているか聞いたところ、「いいえ」と回答した人が81.7%で、認知は高くないことが明らかとなった。性別で見ると、男女間で16.2ポイントの差が出ており、セットトップボックスを知っている男性は女性に2倍以上の差をつける結果となり、男性の方が新しい端末に敏感な傾向であると見受けられた。

◇セットトップボックスの認知について(n=1,000)単位:%

◇セットトップボックスの認知について(n=1,000)単位:%

セットトップボックスの利用についても大多数(94.9%)が「いいえ(利用していない)」と回答し、セットトップボックスは認知、利用ともに低いことが明らかとなった。

◇セットトップボックスの利用について(n=1,000)単位:%

◇セットトップボックスの利用について(n=1,000)単位:%

実際にセットトップボックスを利用している人に、現在利用しているセットトップボックスの種類について聞いたところ、「Apple TV」が43.1%で最も多く、続いて「Chromecast(27.5%)」、「Nexus Player(17.6%)」という結果となった。

◇セットトップボックスの利用について(n=51)複数回答 単位:%

◇セットトップボックスの利用について(n=51)複数回答 単位:%

現在セットトップボックスを利用していないと回答した約95%に、セットトップボックスへの興味(今後利用したいか)があるかを聞いたところ、「はい」は22.7%、「いいえ」は77.3%という結果となった。実際にセットトップボックスを利用している人は約5%であったため、既存ユーザーの4倍以上の潜在ユーザーがいることがわかった。

◇セットトップボックスの興味(今後利用したいか)について(n=949) 単位:%

◇セットトップボックスの興味(今後利用したいか)について(n=949) 単位:%

セットトップボックスで利用したいインターネットサービスは「ショッピング」が人気。「レシピ検索」の利用を希望する女性は男性の3倍以上

セットトップボックスで利用したいインターネットの動画視聴以外のサービスについて聞いたところ、「ショッピング(41.1%)」、「天気チェック(33.9%)」、「ニュースチェック(29.8%)」という順となった。性別で比較したところ、「レシピ検索」と回答した人は、女性が男性と比較して3倍以上多く、女性ならではの意向が見られた。

◇セットトップボックスで利用したいインターネットサービスについて(n=1,000)複数回答 単位:%

◇セットトップボックスで利用したいインターネットサービスについて(n=1,000)複数回答 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
※総務省統計局「人口推計」2014年10月1日現在人口(2015年4月17日発表)にあわせて集計
調査期間   :2016年1月8日から1月9日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート