『父親が欲しいのは子供と一緒に過ごす時間
理想の父親としてイメージする芸能人トップは「所ジョージ」』
父の日に関する調査

2016年6月8日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「父の日に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2016年5月20日(金)から21日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■父の日に贈り物をする人の割合は約3割(29.0%)、母の日は4割強(43.7%)

「昨年の父の日」と「今年の母の日」に何か贈り物をしたかを聞いたところ、母の日に「贈り物をした」が43.7%なのに対し、父の日に「贈り物をした」は29.0%と14.7ポイントの差がつく結果となった。性別で見たところでは、「父の日」「母の日」共に女性の方が贈り物をしている割合が高かった。

今年の「父の日」には、「贈り物をする予定(29.9%)」と「贈り物をする予定はない(29.8%)」がほぼ同数という結果となった。昨年の「父の日」に贈り物をした割合(29.0%)と、今年の予定の割合(29.9%)がほぼ変わらないため、父の日に贈り物をする人の割合は例年約3割ということが分かる。

■父の日の贈り物は「食べ物」がトップ

昨年の「父の日」に渡した贈り物について聞いたところ、全体では「食べ物(27.6%)」が最も多く、続いて「洋服、ファッション小物(24.1%)」、「酒(23.4%)」となった。年代によって贈り物に差が出ており、20代は「酒(33.3%)」、30代は「洋服、ファッション小物(25.5%)」と「酒(25.5%)」、40~60代は「食べ物(40代=28.9%、50代=37.2%、60代=56.3%)」が一番多い結果となった。また、20代は他の年代では低かった「手作りのもの(7.4%)」が4位にあがっていた。

■父親のイメージ、理想と現実共に「尊敬できる」。理想の父親としてイメージする芸能人トップは、「所ジョージ」

父親に対する理想と現実のイメージをそれぞれ聞いたところ、トップ5の項目は「尊敬できる」、「頼りがいがある」、「優しい」、「賢い」、「厳格である」と変わらなかったが、上位2項目の「尊敬できる」、「頼りがいがある」においては理想と現実で共に20.2ポイントの差が生じた(「優しい」=3.6%、「賢い」=5.8%、「厳格である」=2.9%)。

理想の父親としてイメージする芸能人は、「所ジョージ」がトップとなり、続いて「高橋英樹」、「渡辺謙」、「高倉健」、「関根勤」という順となった。回答者の性別で見ても男女共にトップは変わらず「所ジョージ」となったが、2位以下の順位については、男性は「高倉健」、「加山雄三」、「北野武」、「明石家さんま」、女性は「高橋英樹」、「渡辺謙」、「関根勤」、「阿部寛」と異なる結果となった。

■父親がもらいたい贈り物は子供と一緒の時間を過ごす「一緒に外食」や「一緒に旅行」など上位

贈り物をあげる側の「子供」ともらう側の「父親」の意識の違いを見るため、子供のいる父親に対して、父の日にもらいたい贈り物について聞いたところ、約4割が「何もいらない(39.0%)」と回答し、「一緒に外食(15.5%)」、「酒(13.0%)」、「一緒に旅行(11.2%)」が続いた。上位項目を見ると、子供と一緒に時間を過ごしたいと考えていることが分かった。この結果から、あげる側の贈り物と、もらう側の希望でも差があることが分かった。(昨年の父の日にあげた贈り物トップ3「食べ物」、「洋服、ファッション小物」、「酒」)

調査結果

父親と母親の記念日の認知度に差。父の誕生日と記念日は母のそれと比べて知っている人が少ない結果に。

「昨年の父の日」と「今年の母の日」に何か贈り物をしたかを聞いたところ、母の日に「贈り物をした」が43.7%なのに対し、父の日に「贈り物をした」は29.0%と14.7ポイントの差がつく結果となった。性別で見たところでは、「父の日」「母の日」共に女性の方が贈り物をしている割合が高かった。

◇誕生日・父の日・母の日の認知について(n=1,000) 単位:%

◇誕生日・父の日・母の日の認知について(n=1,000) 単位:%

父の日に贈り物をする人の割合は約3割(29.0%)、母の日は4割強(43.7%)

昨年の父の日」と「今年の母の日」に何か贈り物をしたかどうかを聞いたところ、母の日に「贈り物をした」が43.7%なのに対し、父の日に「贈り物をした」は29.0%と14.7ポイントの差がつく結果となった。性別で見たところでは、「父の日」「母の日」共に女性の方が贈り物をしている割合が高かった。

◇昨年の父の日、今年の母の日の贈り物について(n=1,000) 単位:%

◇昨年の父の日、今年の母の日の贈り物について(n=1,000) 単位:%

今年の「父の日」には、「贈り物をする予定(29.9%)」と「贈り物をする予定はない(29.8%)」がほぼ同数という結果となった。昨年の「父の日」に贈り物をした割合(29.0%)と、今年の予定の割合(29.9%)がほぼ変わらないため、父の日に贈り物をする人の割合は例年約3割ということが分かる。

◇今年の父の日の贈り物の予定について(n=1,000) 単位:%

◇今年の父の日の贈り物の予定について(n=1,000) 単位:%

父の日の贈り物は「食べ物」がトップ。かける予算は「父の日」「母の日」で変わらず

昨年の「父の日」に渡した贈り物について聞いたところ、全体では「食べ物(27.6%)」が最も多く、続いて「洋服、ファッション小物(24.1%)」、「酒(23.4%)」となった。年代によって贈り物に差が出ており、20代は「酒(33.3%)」、30代は「洋服、ファッション小物(25.5%)」と「酒(25.5%)」、40~60代は「食べ物(40代=28.9%、50代=37.2%、60代=56.3%)」が一番多い結果となった。また、20代は他の年代では低かった「手作りのもの(7.4%)」が4位にあがっていた。

◇昨年の父の日の贈り物について(全体)(n=290)複数選択 単位:%

◇昨年の父の日の贈り物について(全体)(n=290)複数選択 単位:%

◇昨年の父の日の贈り物について(年代別)(n=290)複数選択 単位:%

◇昨年の父の日の贈り物について(年代別)(n=290)複数選択 単位:%

贈り物にかける平均予算額は「昨年の父の日」で5,406円、「今年の母の日」で5,343円という結果となり、父の日と母の日で大きな差は見られなかった。

◇贈り物にかけた予算について(昨年の父の日:n=290 今年の母の日:n=437) 単位:%

◇昨年の父の日の贈り物について(年代別)(n=290)複数選択 単位:%

父親のイメージ、理想と現実共に「尊敬できる」。理想の父親としてイメージする芸能人トップは、「所ジョージ」

父親に対する理想と現実のイメージをそれぞれ聞いたところ、トップ5の項目は「尊敬できる」、「頼りがいがある」、「優しい」、「賢い」、「厳格である」と変わらなかったが、上位2項目の「尊敬できる」、「頼りがいがある」においては理想と現実で共に20.2ポイントの差が生じた(「優しい」=3.6%、「賢い」=5.8%、「厳格である」=2.9%)。

◇父親のイメージの理想と現実について(n=1,000)3つまで 単位:%

◇父親のイメージの理想と現実について(n=1,000)3つまで 単位:%

理想の父親としてイメージする芸能人は、「所ジョージ」がトップとなり、続いて「高橋英樹」、「渡辺謙」、「高倉健」、「関根勤」という順となった。回答者の性別で見ても男女共にトップは変わらず「所ジョージ」となったが、2位以下の順位については、男性は「高倉健」、「加山雄三」、「北野武」、「明石家さんま」、女性は「高橋英樹」、「渡辺謙」、「関根勤」、「阿部寛」と異なる結果となった。

◇理想の父親としてイメージする芸能人について(n=1,000)自由回答 単位:%

◇理想の父親としてイメージする芸能人について(n=1,000)自由回答 単位:%

父親がもらいたい贈り物は子供と一緒の時間を過ごす「一緒に外食」や「一緒に旅行」など上位

贈り物をあげる側の「子供」ともらう側の「父親」の意識の違いを見るため、子供のいる父親に対して、父の日にもらいたい贈り物について聞いたところ、約4割が「何もいらない(39.0%)」と回答し、「一緒に外食(15.5%)」、「酒(13.0%)」、「一緒に旅行(11.2%)」が続いた。上位項目を見ると、子供と一緒に時間を過ごしたいと考えていることが分かった。この結果から、あげる側の贈り物と、もらう側の希望でも差があることが分かった。(昨年の父の日にあげた贈り物トップ3「食べ物」、「洋服、ファッション小物」、「酒」)

◇父の日にもらいたい贈り物について(n=277)複数選択 単位:%

◇父の日にもらいたい贈り物について(n=277)複数選択 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
※総務省統計局「人口推計」2014年10月1日現在人口(2015年4月17日発表)にあわせて集計
調査期間   :2016年5月20日から21日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート