『【機能性表示食品制度】の認知は1年前から上昇。
特に20代はトライアル意向が高いが、
効果の分かりやすさをいかに伝えるかが重要。』
食品表示に関する調査(2回目)

2016年7月5日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村篤司)は、食品表示に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、 2016 年4月8日から12日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在住する 20 代から60代の男女、計2,000人を対象に行いました。(前回調査は2015年4月2日から3日、20-60代の男女、計2,000人が対象)

※今回ご提供させていただいております調査結果データは抜粋版となります。
その他以下のような調査結果(一部前回比較有)も保有しておりますので、詳細部分までご興味のある方は弊社担当営業までご連絡いただければと思います。

(1)【機能性表示食品】認知・経路
(2)【機能性表示食品】摂食状況・摂食商品
(3)【機能性表示食品】期待する効果・満足点
(4)【機能性表示食品】非摂食理由
(5)【機能性表示食品】今後期待したいこと (6)【機能性表示食品】とその他の健康食品のイメージ
(7)【機能性表示食品】への意識変化
(8)【機能性表示食品】の今後購入意向
(9)【機能性表示食品】各種商品購入・摂食状況
(10)【トクホ】【栄養機能食品】認知・購入・摂食状況
(11)食事や健康の意識・実態(重視表示・購入場所・各成分の摂取意向・情報収集源)
(12)各食料品摂食者のプロフィール(一部)
その他

調査結果

【機能性表示食品制度】は45%が認知しており、1年前の調査と比較して13pt上昇

【機能性表示食品】の摂食経験者は約2割、「ヨーグルト」「清涼飲料」「サプリメント」の摂食経験が高く、年代別でみても同傾向。
また、【トクホ購入者】のうち【機能性表示食品】摂食経験は4割、【栄養機能食品購入者】では5割弱と、健康食品に関心がある層に響いている。

◇左:機能性表示食品制度の認知(n=2,000) 単位:% ◇右:機能性表示食品の摂食経験(n=2,000) 単位:%

※認知計「内容まで把握」「名前のみ認知」の計
※トクホ計:「お茶系の飲料」「炭酸飲料」「乳飲料・乳酸菌飲料」「コーヒー飲料類」「果実・野菜飲料」「シリアル食品」「その他の商品」の計
※栄養機能食品計:「サプリメント」「乳飲料・乳酸菌飲料」「果実・野菜飲料」「シリアル食品」「ゼリー」「その他の商品」の計

◆機能性表示食品制度の認知について:
本案件については【機能性表示食品】自体の認知ではなく、食品表示の方法が変わったことによる【機能性表示食品制度】の認知有無について図を呈示し、聴取をした。

◇【機能性表示食品】摂食食料品カテゴリー TOP5(n=388) 単位:%

【機能性表示食品】のイメージは昨年度と比較して「消費者の判断が問われる」というネガティブイメージを中心に改善。

【機能性表示食品】に対して「新しさ」「最近話題」というイメージに加え「試してみたい」というポジティブな意見もある。一方、「健康を害するリスクがある」という不安感があり、【トクホ】に比べて健康への安心感と効果効能のイメージが弱い。
前年度調査と比較して「消費者の判断が問われる」「質が悪い物が出回る」「国からの許可ではなく不安」という不安面の改善傾向はみられた。

◇【トクホ】【栄養機能食品】【機能性表示食品】のイメージコレスポンデンス分析(n=2,000)

◇【トクホ】【栄養機能食品】【機能性表示食品】のイメージコレスポンデンス分析(n=2,000)

◇【機能性表示食品】のイメージ変化(1回目調査:n=650)(2回目調査:n=900)

【機能性表示食品】の課題は各食料品における満足点と、「価格」「取り入れやすさ」「効果のわかりやすさ」。

【機能性表示食品】摂食時において「整腸」「脂肪減」について効果の期待が高い。しかし摂食者のうち4割弱が「満足したものがない」と効果に対して期待外れだったとの回答が高く、特に「脂肪減」の項目では実感が少ない結果となった。
しかし【機能性表示食品】について7割弱が購入意向を示し、「ヨーグルト」「清涼飲料」「生鮮食品」が上位となった。
【機能性表示食品】の今後の期待点では「手ごろな価格」「毎日の食生活での取り入れやすさ」「効果のわかりやすさ」が購入意向者からあげられた。

◇【機能性表示食品】摂食者の期待×満足点 TOP9(n=388) 単位:%

※期待が大きい順に降順ソートをした
※期待が大きい順に9項目抜粋
※単位(%)

◇上:【機能性表示食品】購入意向商品 TOP5(n=2000) 単位:% ◇下:【機能性示食品】今後期待点 TOP5(n=1369) 単位:%

20代は認知と摂食の差が最も小さく、認識すればトライアルしやすい。50代以上は知識として認知しているものの、トライアル(摂食)には至りにくい。機能性表示食品の購入には今後“効果の分かりやすさをいかに伝えるか“が重要。

【機能性表示食品】摂食時において「整腸」「脂肪減」について効果の期待が高い。しかし摂食者のうち4割弱が「満足したものがない」と効果に対して期待外れだったとの回答が高く、特に「脂肪減」の項目では実感が少ない結果となった。
しかし【機能性表示食品】について7割弱が購入意向を示し、「ヨーグルト」「清涼飲料」「生鮮食品」が上位となった。
【機能性表示食品】の今後の期待点では「手ごろな価格」「毎日の食生活での取り入れやすさ」「効果のわかりやすさ」が購入意向者からあげられた。

◇【機能性表示食品】制度認知・摂食・購入意向・期待すること・食品情報源(n=2,000) 単位:% ◇【機能性表示品】購入意向食品(n=1369) 単位:%

【調査概要】

調査エリア  :全国
調査対象者  :20代から60代 男女
回収サンプル数:2,000サンプル
調査期間   :2016年4月8日から12日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート