6カ国共通で「燃費の良さ」を重視。
日系ブランド、セダンとSUVが人気に。
アジア6カ国(タイ/マレーシア/インドネシア/ベトナム/フィリピン/インド)
自動車に関する海外調査

2015年8月6日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下「楽天リサーチ」)は、アジア6カ国で自動車購入に関する調査を実施しました。今回の調査は、2015年6月19日(金)から30日(火)の11日間、調査対象国(タイ/マレーシア/インドネシア/ベトナム/フィリピン/インド)における「自動車を初めて購入した人」と「今後2年以内に自動車購入を検討されている人(現在は自動車非保有者)」で、20代~40代の男女1,800人(各国300人)を対象に行いました。

調査結果概要

■購入重視点では、6カ国共通して「燃費の良さ」が重視される。
「今後自動車を購入する際に重視する点」については、「燃費の良さ」と回答した人がマレーシア(40%)、インドネシア(55%)、フィリピン(49%)、インド(41%)で最も多く、タイで2番目(41%)、ベトナムで3番目(39%)に多い結果となった。次いで重視される「安全性能」はベトナムで最も多く(43%)、マレーシア、フィリピン、インドで2番目の結果となっている。
特徴として、タイでは「外観・スタイリング」を重視が49%と最も多かった。インドネシアでは、「乗り心地の良さ」を重視が45%と「燃費の良さ」に続いて多かった点が挙げられる。

■購入したいメーカーでは日系ブランドが6カ国で1位に。自動車タイプはセダンとSUVが人気。
「今後、最も購入したいと思うメーカー」を聞いたところ、6カ国すべての国において日系ブランド(トヨタ、もしくはホンダ)が1位となった。
今後、最も購入したいと思う自動車のタイプでは、タイ(35%)、マレーシア(43%)、ベトナム(35%)、インド(41%)で「セダン」が最も多く、インドネシア(31%)、フィリピン(43%)では「スポーツユーティリティ/SUV」が最も多い結果となった。

■自動車購入参考情報源は、ディーラーやメーカー発信の情報が参考にされている。
「自動車を購入するために参考にしている情報源」は、6カ国共通で、「ディーラーやメーカーのイベント・ショールーム」等、ディーラーやメーカーから発信される情報が多く挙がった。マスメディアでは、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インドで「テレビCM」が各国の上位に入る中、各国ともに「自動車専門雑誌」や「自動車専門のWebサイト」を参考にしている人が極めて少ない結果となっている。

調査結果

自動車購入時重視点で6カ国共通して高いのは「燃費の良さ」。次いで重視される「安全性能」。

「今後自動車を購入する際に重視する点を3つまで」を聞いたところ、「燃費の良さ」と回答した人がマレーシア(40%)、インドネシア(55%)、フィリピン(49%)、インド(41%)で最も多く、タイで2番目(41%)、ベトナムで3番目(39%)に多くなった。「安全性能」はベトナムで最も重視され(43%)、マレーシア、フィリピン、インドで2番目に多くなった。
タイでは「外観・スタイリング」を重視すると回答した人が49%と最も多かった。インドネシアでは、「乗り心地の良さ」を重視すると回答した人が45%と「燃費の良さ」に続いて多かった。
「車両価格」は、タイ(40%)、マレーシア(38%)、インドネシア(35%)、ベトナム(40%)の4カ国で重視する傾向が浮かび上がる。一方で、残りインド(15%)、フィリピン(7%)での重視度は低めに留まった。

◇今後自動車を購入する際に、重視する点(3つ)(n=1800/各国n=300)【3MA】 単位:%

◇今後自動車を購入する際に、重視する点(3つ)(n=1800/各国n=300)【3MA】 単位:%

購入意向メーカーでは日系ブランドが強さをみせ、1位を独占。

「今後、最も購入したいと思うメーカー」を聞いたところ、6カ国すべての国でトヨタ、もしくはホンダが1位となった。
タイでは、1位のトヨタ(27%)と2位のホンダ(25%)を合わせて半数以上の支持が得られ、3位以降は、マツダ、フォード、いすゞ、シボレーが続いた。
マレーシアでも、現地メーカーであるプロドゥアとプロトンをおさえ、ホンダ(24%)とトヨタ(24%)が上位なった。
インドネシアでは、1位ホンダ(33%)、トヨタが2位(26%)と、タイやマレーシア同様に「2強」が強さを見せ、また、上位を日系メーカーが占める結果となっている。
ベトナムでは、ややトヨタが優勢(1位トヨタ 24%、2位 ホンダ 16%)。BMWやアウディの欧州系ブランドがランクインする一方で、エントリーカーとして人気の「KIA Morning」を擁する起亜/キア(7%)の人気ぶりもうかがえる。  フィリピンでは、1位トヨタ(27%)と最も多く、次いでフォード(12%)と三菱(12%)などのピックアップ・SUVで人気のメーカーが続いた。
インドでは、地元に根付くマルチスズキ(20%)を僅差でおさえホンダ(22%)が1位となった。次いで小型ハッチバックが人気の現代/ヒュンダイ(14%)が続いた。

◇最も購入したいと思うブランド(n=1800/各国n=300)【SA】 単位:%
※赤棒グラフは日系メーカー

◇最も購入したいと思うブランド(n=1800/各国n=300)【SA】 単位:% ※赤棒グラフは日系メーカー

購入意向自動車のタイプはセダンが人気。インドネシア、フィリピンではSUVが人気。

「今後、最も購入したいと思う自動車のタイプ」を聞いたところ、人気のタイプは「セダン」がタイ(35%)、マレーシア(43%)、ベトナム(35%)、インド(41%)で、「スポーツユーティリティ/SUV」が、インドネシア(31%)、フィリピン(43%)で最も人気を集めた。
自動車保有状況別に、最も購入したいと思う自動車タイプを見ると、マレーシア、ベトナム、インドで「コンパクトカー」が保有者に比べ非保有者の購入意向が10pt以上高かった。

◇最も購入したいと思う自動車のタイプ(n=1800/各国n=300)【SA】 単位:%

◇最も購入したいと思う自動車のタイプ(n=1800/各国n=300)【SA】 単位:%

◇自動車保有状況別・最も購入したいと思う自動車のタイプ(n=1800)【SA】 単位:%

◇自動車保有状況別・最も購入したいと思う自動車のタイプ(n=1800)【SA】 単位:%

購入時優先事項は「メーカー」と「購入時重視点」

「購入検討時に優先したいもの」を聞いたところ、6カ国共通で「メーカー」と「購入時重視点」の重視度合いが高く、「ボディタイプ」、「モデル」との差が見られた。
中でも、「メーカー」を重視するのがインド(メーカーと重視点の差が+20pt)とベトナム(+10pt)、「購入時重視点」を重視するマレーシア(+21pt)が特徴的な結果となった。

◇購入を検討しているメーカー・ボディタイプ・モデル、または購入時重視点の中で、あなたが購入時に優先したいと思うもの(n=1800/各国n=300)【1位】 単位:%

◇購入を検討しているメーカー・ボディタイプ・モデル、または購入時重視点の中で、あなたが購入時に優先したいと思うもの(n=1800/各国n=300)【1位】 単位:%

購入参考情報源はディーラーやメーカー発信の情報。テレビCMの影響も。

「自動車を購入するために参考にしている情報源」は、6カ国共通で「ディーラーやメーカーのイベント・ショールーム」等、ディーラーやメーカーから発信されるオフィシャルな情報が多く挙がった。マスメディアでは「テレビCM」がインドネシア、ベトナム、フィリピン、インドの各国の上位に入る中、各国ともに「自動車専門雑誌」や「自動車専門のWebサイト」を参考にしている人が極めて少ない状況といえる。「口コミ」はフィリピンで「2位」(43%)となるのが特徴的。

◇自動車を購入するために参考にしている情報源(n=1800/各国n=300)【MA】 単位:%

◇自動車を購入するために参考にしている情報源(n=1800/各国n=300)【MA】 単位:%

【調査概要】

調査エリア  : タイ・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・インド(デリー・ムンバイ)
調査対象者  :20歳~49歳男女
自動車保有者(初めて自動車を購入した人) または
自動車非保有者(現在は自動車世帯非保有で、2年以内に購入意向がある人)
回収サンプル数:1,800サンプル(各地域300)
調査期間   :2015年6月19日から6月30日
調査実施機関 :株式会社エー・アイ・ピー(楽天グループ)

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート