アジア圏におけるSNS活用意識の実態
(スマートフォンによる海外アンケート調査)
セミナー開催のお知らせ

この度楽天リサーチでは、「アジア圏におけるSNS活用意識の実態(スマートフォンによる海外アンケート調査)」というテーマで、セミナーを開催することとなりました。以下セミナーの詳細となりますので、興味がおありになる方はぜひご参加ください。



アジア圏におけるSNS活用意識の実態
(スマートフォンによる海外アンケート調査)

【セミナー概要】

日時:

2017年7月26日(水) 14:00~16:00(受付開始:13:30~)

会場:

〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス8階「カタリストBA」
(東急大井町線・田園都市線二子玉川駅下車徒歩1分)
http://catalyst-ba.com/access.html#p1

参加費:

無料

内容:

「インスタ映え」「既読疲れ」など、SNS関連のキーワードが話題であるが、スマートフォンの普及が進んだアジア各国でも、SNSが人々の生活や行動に与えている影響は大きい。
楽天リサーチでは、アジア4カ国+日本で、スマートフォンを使用した「SNSに関する調査」を実施し、その結果と共にアジア各国でのSNSの現状を紹介する。

SNSに関する調査【タイ・台湾・シンガポール・インド+日本 5カ国調査】

  • 各国SNS利用状況
  • クローズドorオープン?発信or共有? サービスの使い分け
  • 世代間の利用・意識の差は?
  • 言葉の壁はもう古い? 心をつかむコンテンツとクロスボーダー化

アジア圏におけるSNSのトレンド事例紹介(情報協力 株式会社TNC)

弊社定期刊行物Asian Market Newsの紹介

スマートフォン調査の紹介

  • 弊社のスマートフォン調査への取り組み
  • スマートフォン調査の実際(画面作成時の留意点、回答コントロール 等)
  • 将来的なデータ収集方法についての意見交換(キーボード入力の代わりの音声収集など、今後の期待)

対象者:

・海外マーケティング、プローモーション、PRのご担当者
※国内のご担当の方でも、ご興味があれば是非ご参加ください。

講師:

楽天リサーチ株式会社 グローバルリサーチ統括部 リサーチグループ マネージャー
松田 茂

調査業界に至るまでの商品企画やデザイン開発、ブランドマーケティングの実務経験と、調査業界では定性 定量問わず米国や欧州、東南アジア、東アジアなど、各国でのフィールドワーク経験を持つ。主な、担当調査領域は、ライフスタイル調査、価値観調査、新商品受容性調査、デザイン嗜好性調査ほか
・1991-1997年  アパレルメーカー 商品開発部 勤務
・1997-(2003)年  商社系ブランディングカンパニー 勤務
・1999-2008年  フリーランス(商品開発支援、調査分析支援に従事)
・2008-2012年  デザインコンサルティング会社リサーチDIV長
・2013年-2015年  株式会社エー・アイ・ピー 調査部部長
・2016年~  楽天リサーチ株式会社 グローバルリサーチ統括部 リサーチグループ マネージャー

お持物:

お名刺を1枚お持ちください。
※受付にてお渡しください。

注意点

  • 事業が競合する会社様のお申込みはご遠慮ください。
    お申込みをいただきましても、参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 会場(カタリストBA)はシェアオフィスとなっており、セミナーが開催される円形以外の部分は他社の方が社用にてご利用されております。
    弊社セミナーのみのための会場ではございませんので、予めご了承ください。
  • プログラムの内容は一部変更となる場合がございます。
  • 本セミナーは定員制です。予定数となりました場合、お申し込みを締め切らせていただきます。
  • お申し込みが完了しても、参加が確定したわけではありません。
    確定した方には後日(1週間後程度)、弊社よりご連絡申し上げます。

お申込み:



お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート