『今年のクリスマスを一緒に過ごす相手は「パートナー(配偶者・恋人など)」が約半数、
プレゼントの平均額は8,959円に』
クリスマスに関する調査

2017年12月1日

楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「クリスマスに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年11月10日(金)から11月11日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

■今年のクリスマスに過ごす相手は「パートナー(配偶者・恋人など)」が約半数。「1人で過ごす」のは5人に1人という結果に

今年のクリスマスに誰と過ごすかを聞いたところ、「パートナー(配偶者・恋人など)」(45.5%)が約半数で最も高く、続いて「子ども」(25.7%)となった。また、「1人で過ごす」(20.9%)と回答した人は5人に1人の割合となり、昨年の調査とほぼ同じ結果となった(昨年:20.4%)。年代別では、全年代で「パートナー(配偶者・恋人など)」の回答割合が最も高いものの、30代では「子ども」が34.2%と、他の年代に比べて高かった。

■クリスマスの予定は4割強が「特にない・いつもと変わらずに過ごす」

今年のクリスマスの予定を聞いたところ、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」(42.7%)が最も高かった。昨年の同調査と比べると3.6ポイントとやや減少した(昨年:46.3%)。その他、「ホームパーティー」(21.7%)、「レストランなどで外食」(9.1%)、「仕事・アルバイト」(7.9%)が続いた。年代別に見ると、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」という回答においては、年代が上がるにつれ割合が高くなった(20代:28.4%、30代:32.1%、40代:43.2%、50代:50.3%、60代:54.4%)。

■クリスマスプレゼントは「何もいらない」がトップ。欲しいものでは男性「衣類」、女性「アクセサリー」がトップ

今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて聞いたところ、全体では「何もいらない」(36.2%)が最も高いものの、男性は44.0%、女性は28.4%となり、男女間で差が出る結果となった。その他、「食事(レストランなどの外食)」(8.7%)、「アクセサリー」(8.6%)、「財布」(6.3%)が続いた。性別で見ると、男性の上位は「衣類」(7.2%)、「食事(レストランなどの外食)」(6.0%)、「財布」(5.8%)、女性は「アクセサリー」(14.8%)、「食事(レストランなどの外食)」(11.4%)、「財布」(6.8%)となった。

■あげたいプレゼントは「レストランなどの外食」。予算については男女間で2,692円の差

今年のクリスマスにプレゼントをする場合、何を贈るか聞いたところ、「何も贈らない」が34.9%で最も高く、「食事(レストランなどの外食)」(12.1%)、「衣類」(11.4%)、「おもちゃ」(11.1%)が続いた。欲しいものと贈るものの、いずれも「食事(レストランなどの外食)」が上位にランクインし、人気であることが見てとれた。性別で見ると、男性は「アクセサリー」(14.0%)、「食事(レストランなどの外食)」(12.8%)、「衣類」(9.8%)、女性は「衣類」(13.0%)、「おもちゃ」(13.0%)、「食品(お菓子・お酒など)」(12.6%)の順となり男女間で贈りたいものに差が出る結果となった。
誰かにプレゼントを贈る際の1人あたりの予算について聞いたところ、全体では「4,000円以上~5,000円未満」(18.3%)が最も高く、「10,000円以上~20,000円未満」(16.7%)、「2,000円以上~3,000円未満」(15.1%)が続いた。平均額は8,959円で、昨年の12,075円に比べて下がる結果となった。性別では、男性は10,344円、女性は7,652円となり男女間で2,692円の差が出た。また年代別で見ると40代が最も高く、9,770円だった。

■サンタクロースの存在を信じているのは、半数以上が小学校4年生頃まで

サンタクロースの存在を何歳まで信じていたかを聞いたところ、「覚えていない」(21.6%)が最も高く、続いて「4~6歳頃(未就学児)まで」(19.0%)、「小学校3~4年生」(16.1%)、「小学校1~2年生」(14.3%)となった。「初めから信じていない」は14.8%、「今も信じている」と答えた人は2.6%だった。

調査結果

今年のクリスマスに過ごす相手は「パートナー(配偶者・恋人など)」が約半数。「1人で過ごす」のは5人に1人という結果に

今年のクリスマスに誰と過ごすかを聞いたところ、「パートナー(配偶者・恋人など)」(45.5%)が約半数で最も高く、続いて「子ども」(25.7%)となった。また、「1人で過ごす」(20.9%)と回答した人は5人に1人の割合となり、昨年の調査とほぼ同じ結果となった(昨年:20.4%)。年代別では、全年代で「パートナー(配偶者・恋人など)」の回答割合が最も高いものの、30代では「子ども」が34.2%と、他の年代に比べて高かった。

◇今年のクリスマスは誰と過ごす予定か(n=1,000)複数選択 単位:%

今年のクリスマスは誰と過ごす予定か

今年のクリスマスは誰と過ごす予定か

クリスマスの予定は4割強が「特にない・いつもと変わらずに過ごす」

今年のクリスマスの予定を聞いたところ、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」(42.7%)が最も高かった。昨年の同調査と比べると3.6ポイントとやや減少した(昨年:46.3%)。その他、「ホームパーティー」(21.7%)、「レストランなどで外食」(9.1%)、「仕事・アルバイト」(7.9%)が続いた。年代別に見ると、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」という回答においては、年代が上がるにつれ割合が高くなった(20代:28.4%、30代:32.1%、40代:43.2%、50代:50.3%、60代:54.4%)。

◇今年のクリスマスの予定について(n=1,000)複数選択 単位:%

今年のクリスマスの予定について

今年のクリスマスの予定について

クリスマスに向けて自宅を装飾するかを聞いたところ、「特に装飾はしない」が61.8%で半数以上を占め、続いて「クリスマスツリーやオーナメント(ツリー用の装飾)を飾る」(22.6%)となり、大掛かりな装飾は行なわない家庭が多いことがわかった。また年代別では、「クリスマスツリーやオーナメントを飾る」という回答において最も高かったのは30代(32.6%)で、その後年代が高くなるにつれ割合は減少した(40代:26.3%、50代:18.8%、60代:13.2%)。

◇クリスマスに向けて、自宅を装飾するか(n=1,000)複数選択 単位:%

クリスマスに向けて、自宅を装飾するか

クリスマスに向けて、自宅を装飾するか

クリスマスプレゼントは「何もいらない」がトップ。欲しいものでは男性「衣類」、女性「アクセサリー」がトップ

今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて聞いたところ、全体では「何もいらない」(36.2%)が最も高いものの、男性は44.0%、女性は28.4%となり、男女間で差が出る結果となった。その他、「食事(レストランなどの外食)」(8.7%)、「アクセサリー」(8.6%)、「財布」(6.3%)が続いた。性別で見ると、男性の上位は「衣類」(7.2%)、「食事(レストランなどの外食)」(6.0%)、「財布」(5.8%)、女性は「アクセサリー」(14.8%)、「食事(レストランなどの外食)」(11.4%)、「財布」(6.8%)となった。

◇今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて(n=1,000) 単位:%

今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて

今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて

あげたいプレゼントは「レストランなどの外食」。予算については男女間で2,692円の差

今年のクリスマスにプレゼントをする場合、何を贈るか聞いたところ、「何も贈らない」が34.9%で最も高く、「食事(レストランなどの外食)」(12.1%)、「衣類」(11.4%)、「おもちゃ」(11.1%)が続いた。欲しいものと贈るものの、いずれも「食事(レストランなどの外食)」が上位にランクインし、人気であることが見てとれた。性別で見ると、男性は「アクセサリー」(14.0%)、「食事(レストランなどの外食)」(12.8%)、「衣類」(9.8%)、女性は「衣類」(13.0%)、「おもちゃ」(13.0%)、「食品(お菓子・お酒など)」(12.6%)の順となり男女間で贈りたいものに差が出る結果となった。

◇今年のクリスマスにあげたいプレゼントについて(n=1,000)複数選択 単位:%

今年のクリスマスにあげたいプレゼントについて

今年のクリスマスにあげたいプレゼントについて

誰かにプレゼントを贈る際の1人あたりの予算について聞いたところ、全体では「4,000円以上~5,000円未満」(18.3%)が最も高く、「10,000円以上~20,000円未満」(16.7%)、「2,000円以上~3,000円未満」(15.1%)が続いた。平均額は8,959円で、昨年の12,075円に比べて下がる結果となった。性別では、男性は10,344円、女性は7,652円となり男女間で2,692円の差が出た。また年代別で見ると40代が最も高く、9,770円だった。

◇クリスマスプレゼントの予算について(n=651) 単位:%

クリスマスプレゼントの予算について

クリスマスの定番は「チキン」と「シャンパン」

クリスマスに食べたい料理について聞いたところ、「チキン(フライドチキン、ローストチキンなど)」(50.8%)が最も高く、「クリスマスケーキ」(50.3%)、「ビーフ(ローストビーフ、ステーキなど)」(26.2%)、「ピザ」(20.8%)が続いた。

◇クリスマスに食べたいものについて(n=1,000)複数選択 単位:%

クリスマスに食べたいものについて

クリスマスに飲みたいものについては、「シャンパン」(36.7%)が最も高く、「ビール(発泡酒・第3のビール含む)」(19.9%)、「ワイン(赤)」(19.3%)、「ワイン(白)」(16.7%)が続いた。

◇クリスマスに飲みたいものについて(n=1,000)複数選択 単位:%

クリスマスに飲みたいものについて

サンタクロースの存在を信じているのは、半数以上が小学校4年生頃まで

サンタクロースの存在を何歳まで信じていたかを聞いたところ、「覚えていない」(21.6%)が最も高く、続いて「4~6歳頃(未就学児)まで」(19.0%)、「小学校3~4年生」(16.1%)、「小学校1~2年生」(14.3%)となった。「初めから信じていない」は14.8%、「今も信じている」と答えた人は2.6%だった。

◇サンタクロースの存在を何歳まで信じていたか(n=1,000) 単位:%

サンタクロースの存在を何歳まで信じていたか

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳~69歳 男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2017年11月10日から11月11日
調査実施機関 :楽天リサ-チ株式会社

引用・転載可
このレポートは、楽天リサーチを出展元とし開示すれば自由に引用や転載をすることができます。詳しい引用や転載方法はお問い合わせください。

資料ダウンロードのご案内

PDFファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社の Adobe®Reader(無償)が必要です。

お問い合わせ

【調査発注をご検討の方】 調査・お見積りへのお電話でのお問い合わせ 0120-944-907

【アンケート回答者の方】 アンケートモニターに関するFAQを見る・問い合わせをする

キーワード
  • インターネットリサーチ
  • マーケティングリサーチ
  • ネット調査
  • モニター
  • アンケート